阿部サダヲはバンドのボーカル!メンバーは7人!?宮藤官九郎との関係

阿部サダヲ,バンド,メンバー,宮藤官九郎 俳優
スポンサーリンク

劇団「大人計画」の看板役者として注目を集め、現在、個性派俳優としてドラマや映画、CMに引っ張りだこの俳優・阿部サダヲさん

阿部サダヲさんは俳優だけでなく、バンドのボーカルとしても活動しており、メンバーには人気脚本家の宮藤官九郎さんもいるんだとか。

そんな阿部サダヲさんが所属しているバンドってどんなの?と、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・阿部サダヲはバンドのボーカル
・阿部サダヲはバンドのメンバー
・阿部サダヲと宮藤官九郎の関係

の3つのポイントに沿って、阿部サダヲさんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

阿部サダヲはバンドのボーカル!


出典元:日刊スポーツ

阿部サダヲさんは、所属事務所の『大人計画』の俳優らと、1995年に結成した「グループ魂(たましい)」で、ボーカルの「破壊」としても活動しています。

グループ魂は、結成当初メンバーは3人で、ギターを使ってシャウトする漫談スタイルのコントグループとして活動しており、渋谷公園通り劇場笑点などに出演していました。

1997年からギター・ベース・ドラムを加え、バンド編成となっており、メンバーの全員が俳優・作家・飲食業など、兼業ミュージシャンです。

本業が忙しい時は、リリースの間隔が長くなることもおおいとか。

2002年には、アルバム『Run魂Run』で、メジャーデビューをしています。

2005年には『君にジュース買ってあげる♡』で、NHK紅白歌合戦にも出場し、2011年には結成15周年ツアーのファイナルでは、初の日本武道館公演も行っています。

しかし、2020年に公式YouTubeチャンネル内の生配信で、2020年12月30日付で解散が発表されますが、2022年の新春に再結成すると告知されました。

そして、告知通りに2022年1月21日に東京・中野サンプラザホールで、再結成ライブ『1年ぶりの再結成!中野サンプラザ』を開催しています。

スポンサーリンク

阿部サダヲのバンドのメンバーは7人⁉


出典元:OTOTOY

阿部サダヲさんがボーカルを務めるバンド『グループ塊』のメンバーは、次の通りです。

・ボーカル(破壊):阿部サダヲ(あべ・さだを)
・ギター(暴動):宮藤官九郎(くどう・かんくろう)
・ハーモニカ(バイト君):村杉蝉之介(むらすぎ・せみのすけ)
・MC・ボーカル(港カヲル):皆川猿時(みながわ・さるとき)
・ベース(小園):小園竜一(こぞの・りゅういち)
・ドラム(石鹸):三宅弘城(みやけ・ひろき)
・ギター(遅刻):富澤タク

それでは、メンバーのプロフィールをみていきたいと思います。

★ボーカル(破壊):阿部サダヲ(あべ・さだを)


出典元:ORICON

阿部サダヲさんは、1992年の舞台『冬の皮』でデビューし、劇団大人計画に所属半年経たずして、ドラマ『演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る』で、ドラマ&テレビデビューをしています。

2000年に、バンドメンバーの宮藤官九郎の脚本のテレビドラマ、『池袋ウエストゲートパーク』に出演以降、宮藤官九郎の作品の常連出演者となっています。

2010年のNHKドラマ『離婚同居』で、連続ドラマの初主演となっています。

名前:阿部 サダヲ
出身地:千葉県松戸市
生年月日:1970年4月23日(52歳)
身長:164㎝
血液型:A型
職業:俳優・歌手
ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画
所属:大人計画


★ギター(暴動):宮藤官九郎(くどう・かんくろう)


出典元:夢グループ

宮藤官九郎さんは、グループ塊では「暴動」という名前で活動し、ギター・作詞・作曲を担当しています。

作詞とコントの台本のほとんどを、宮藤官九郎さんが手掛けており、ギャグや下ネタ、中年の哀愁などの内容が多く、ドラマや映画にも通じる独特のセンスで書かれています。

宮藤官九郎さんは、松尾スズキさんが主催する、『大人計画』の演出助手として所属し、その後、バラエティ番組の放送作家として活動しています。

脚本を担当したドラマ『池袋ウエストゲートパーク』が、高視聴率を記録し出世作となり、続いて、ドラマ『木更津キャッツアイ』とドラマ『タイガー&ドラゴン』の脚本も担当し、人気脚本家となりました。

宮藤官九郎さんはこれまでに、日本アカデミー賞優秀脚本賞をはじめとして、21回の受賞歴があります。

名前:宮藤 官九郎(くどう・かんくろう)
本名:宮藤 俊一郎(くどう・しゅんいちろう)

出身地:宮城県栗原市若柳
生年月日:1970年7月19日(51歳)
身長:176.5㎝
血液型:O型
職業:脚本家・作家・俳優・演出家・ミュージシャン
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台
所属:大人計画
スポンサーリンク


★ハーモニカ(バイト君):村杉蝉之介(むらすぎ・せみのすけ)


出典元:ORICON

村杉蝉之介さんは、グループ塊がコントグループ時代は、主にボケを担当していました。

普段は俳優として活動しており、主な出演作品には、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』やNHK大河ドラマ『いだてん』、映画『空とぶタイヤ』や映画『蟲毒 ミートボールマシーン』など、多くの作品に出演しています。

名前:村杉 蝉之介(むらすぎ・せみのすけ)
本名:村杉 友一(むらすぎ・ともかず)

出身地:群馬県中之条町四万温泉
生年月日:1965年9月7日(56歳)
身長:170cm
職業:俳優
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台
所属:大人計画


★MC・ボーカル(港カヲル):皆川猿時(みながわ・さるとき)


出典元:ORICON

皆川猿時さんは、グループ塊では「港カヲル」の名前で出演しており、主に司会者・ボーカル・作詞を担当しています。

音楽ではソロ活動もしており、ソロコンサートも開催しています。

皆川猿時さんは俳優としても活動しており、主な出演作品には、NHK大河ドラマ『いだてん』や連続ドラマW『鉄の骨』や、映画『弱虫ペダル』や映画『ウェディング・ハイ』など、多数の作品に出演しています。

名前:皆川 猿時(みながわ・さるとき)
別名義:港 カヲル(みなと・かをる)

出身地:福島県
生年月日:1971年2月1日(51歳)
身長:170㎝
血液型:O型
職業:俳優・声優・ナレーター
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台
所属:大人計画
スポンサーリンク


★ベース(小園):小園竜一(こぞの・りゅういち)


出典元:ナタリー

小園竜一さんは、グループ塊ではベースや作曲の他、コントに参加することもあります。

阿部サダヲさんとは高校時代の同級生で、卒業してから2人で暮したこともあるそうです。

小園竜一さんは料理の専門学校を卒業し、現在、スナック『その』のマスターとして経営しています。

名前:小園 竜一(こぞの・りゅういち)
出身地:千葉県松戸市
生年月日:1971年3月8日(51歳)
職業:ベーシスト
ジャンル:ベース


★ドラム(石鹸):三宅弘城(みやけ・ひろき)


出典元:CTC

三宅弘城さんは、グループ塊では「石鹸」の名前で活動し、ドラム・作詞・作曲を担当しています。

グループ塊に参加するにあたって三宅弘城さんは、シリアルナンバー入りのドラムセットを購入しており、名前を入れる際に悩んですえ「石鹸」としたそうです。

グループ塊では、突っ込まれキャラとしても活動しています。

三宅弘城さんは俳優としても活動しており、所属する劇団ナイロン100℃の旗揚げメンバーでした。

元々、体操競技で大学推薦まで決まっていたほど運動能力が高く、1996年にはプロボクサーのテストにも合格しています。

三宅弘城さんの主な出演作品には、小河ドラマ『徳川☆家康』やドラマ『俺の家の話』、映画『さかなのこ』や映画『虎狼の地 LEVEL2』など、多数の作品に出演しています。

名前:三宅 弘城(みやけ・ひろき)
別名義:石鹸

出身地:神奈川県横須賀市
生年月日:1968年1月14日(54歳)
身長:165㎝
血液型:O型
職業:俳優
ジャンル:テレビドラマ・映画・舞台
所属劇団:ナイロン100℃
事務所:大人計画


★ギター(遅刻):富澤タク


出典元:Twitter

富澤タクさんは、グループ塊では「遅刻」という名前で活動しており、ギタリスト・サウンドプロデューサーを務めています。

富澤タクさんは、武蔵野美術大学の出身で、在学中から先輩のリリー・フランキーさん率いる「リリQ」というバンドと、競演していました。

TBSドラマ『マンハッタンラブストーリー』で、TOKIOが歌った主題歌『ラブラブ・マンハッタン』の、作曲と編曲を担当し、ドラマ内のバンド「少年レントゲン」のギタリスト役でも出演しています。

富澤タクさんは、自身のバンド『Nuber the.』の活動も行っており、多数のバンドやCMなどの作曲や編曲を手掛けています。

名前:富澤 タク(とみざわ・たく)
出身地:福島県いわき市
生年月日:1964年10月17日(57歳)
血液型:AB型
職業:ギタリスト・シンガーソングライター・作曲家・音楽プロデューサー
スポンサーリンク

阿部サダヲと宮藤官九郎との関係


出典元:Twitter

グループ塊では同じメンバーの阿部サダヲさんと宮藤官九郎さんですが、先述の通り、阿部サダヲさんは宮藤官九郎さんの作品の常連出演者となっています。

阿部サダヲさんが出演した、宮藤官九郎さんの作品は、次の通りです。

【テレビドラマ】
・池袋ウエストゲートパーク(2000年・TBS)
・木更津キャッツアイ(2002年・TBS)
・アベ一座「あべ上がりの夜空に」(2009年・NHK)
・いだてん(2019年・NHK大河ドラマ)
・俺の家の話(2021年・TBS)
【映画】
・木更津キャッツアイ 日本シリーズ(2003年公開)
・木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年公開)
・舞妓Haaaan!(2007年公開)主演
・なくもんか(2009年公開)主演
・謝罪の王様(2013年公開)主演

宮藤官九郎さんの多くの作品に出演している阿部サダヲさんですが、所属の大人計画の俳優が多数出演した、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』に、阿部サダヲさんは出演できませんでした

阿部サダヲさんは、「出られないと分かった時は寂しかった」と話しています。

当時、大人計画の俳優が沢山出演していたため、阿部サダヲさんも周囲から「いつ出るの?」と聞かれたそうです。

阿部サダヲさん自身も、「『最後の方、出れるんじゃないか』と思った自分が嫌だった。撮影修了したと聞いてすごく傷ついた。いいな~って。」と話していました。

この一件から、阿部サダヲさんと宮藤官九郎さんの不仲説が噂されました。

しかし、『あまちゃん』の後、2013年9月に公開された宮藤官九郎さん脚本の映画『謝罪の王様』で、阿部サダヲさんは主演を務めています。

スポンサーリンク

その時のインタビューで阿部サダヲさんは、宮藤官九郎さんについて「宮藤さんはお母さんみたい」と述べ、凄く信頼していると話しています。

さらに、阿部サダヲさんは、次のようにコメントしています。

僕と宮藤さんは人間的には似ていないきがするんです。育ってきた場所とか全然違うんですけど、観てたものや文化とか、近いものがあるのかもしれない。好きなモノとか、好きだったモノとか…どこか似ていたのかもしれないですね。それがあるから、台本を読んでいても凄く分かりやすいし、セリフも凄く喋りやすいです。

僕はすごく信頼しています。“間違いないんだろうな”って。たとえ分からないセリフが出てきたとしても、自信を持って、逆に声を張っているかもしれない(笑)。なんか分かんないけど“きっと面白いんでしょう”って(笑)

引用元:ORICON NEWS

阿部サダヲさんと宮藤官九郎さんは強い信頼関係があり、また、宮藤官九郎さんの期待する演技を阿部サダヲさんが演じているからこそ、素晴らしい作品が多いのでしょうね。

これからも阿部サダヲさんと宮藤官九郎さんが、タッグを組んだ作品が楽しみです。

★阿部サダヲさんの奥さんに関する記事は、こちらをご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される阿部サダヲさんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました