プーチン大統領の懸賞金は安い!?アレックス・コナニキンとは何者?

プーチン大統領,懸賞金,アレックス・コナニキン,何者 ニュース
スポンサーリンク

ロシアの新興財閥の一人が、プーチン大統領に懸賞金をかけると表明しましたね。

その懸賞金は安いのか?高いのか?や、提示したアレックス・コナニキン氏とは一体何者なのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・プーチン大統領の懸賞金は安い
・アレックス・コナニキンとは

のポイントに沿って、プーチン大統領の懸賞金とアレックス・コナニキンについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プーチン大統領に懸賞金は安い!

ロシアの実業家であるアレックス・コナニキン氏が、自身のKinkedinのアカウントで、プーチン大統領の逮捕の報奨金を発表しています。

アレックス・コナニキン氏は、「ロシア及び国際法の下での戦争犯罪者としての、ウラジーミル・プーチン大統領」を逮捕した軍当局者に、100万ドル(約1億1400万円)の懸賞金を提供すると表明しています。


出典元:Ghgossip

Wanted:Dead or Alive(指名手配:生死不問)」と題し、「ロシア民族として、そしてロシアの一市民として、ロシアの非ナチ化を促すことが、自分の道徳的義務だと考えている」と投稿しています。

ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始してから1週間が経ち、ウクライナ侵攻の反発が世界中で高まる中、アレックス・コナニキン氏が提示した懸賞金は、プーチン大統領個人を直接的に標的としています。

プーチン大統領の懸賞金100万ドルは、3億ドル(約342億円)を超えるアレックス・コナニキン氏の推定個人資産の0.4%未満だと言われています。

この100万ドルの懸賞金に対して、日本での反応は安いのでは?という声が上がっています。

投稿にもありますが、2003年にアメリカ政府が、イラクのフセイン大統領の身柄拘束や死亡確認に繋がる情報の提供者に、2500万ドルの懸賞金を出すとしていました。

また、2001年のアメリカ同時多発テロ事件の、テロリスト「アルカイダ」の指導者のウサーマ・ビン・ラーディンには、アメリカ合衆国国務省の最大額の、2500万ドルの懸賞金が掛けられています。

これらの金額から比べると、プーチン大統領の懸賞金は安いと感じますが、個人で出す懸賞金には限界がありますよね。

では、プーチン大統領の懸賞金を提示した、アレックス・コナニキン氏について、次でご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アレックス・コナニキンとは何者?

ロシアでのキャリア

プーチン大統領,懸賞金,アレックス・コナニキン,何者

アレックス・コナニキン氏は、1966年9月25日生まれの現在55歳で、起業家であり、元銀行家です。

アレックス・コナニキン氏は、モスクワ物理技術研究所(MIPT)の宇宙研究部門で工学を学んでいます。

1986年(当時20歳)の夏休み中に、アレックス・コナニキン氏は中小企業を経営していたため、MITPから追放されています。

その後、アレックス・コナニキン氏は、ゴルバチョフ大統領の経済改革(ペレストロイカ)の間に緩んだビジネス環境を利用し、数年以内で3000万ドルの建設企業の責任者になっています。

アレックス・コナニキン氏は、ロシアを去る前の1991年に、エリツィン政府から通貨取引ライセンスを付与された最初の機関である、ロシア為替銀行を設立し、共同所有し、社長を務めていました。

1992年にエリツィン大統領に同行してワシントンDCに派遣され、ブッシュ大統領と会談し、その後、カナダでもブライアン・マルルーニー首相と会談した代表者の一人でした。

アレックス・コナニキン氏は当時、ロシアで最も裕福な人物にランク付けされ、推定純資産は3億ドルでした。

アレックス・コナニキン氏は25歳までに、ロシアで100を超える様々な事業を設立しています。

スポンサーリンク

アメリカでのキャリア

プーチン大統領,懸賞金,アレックス・コナニキン,何者

アレックス・コナニキン氏と妻のエレナ・グラチェバさんは、1992年にロシアを去り、7年後の1999年にアメリカで政治亡命を授与されています。

2004年に亡命助成金は取り消されましたが、2007年に復活しています。

アレックス・コナニキン氏は、イタリアやロシア、アルゼンチンの市民でしたが、ビジネスキャリアの殆んどはアメリカで過ごし、現在もアメリカ・ニューヨーク市を拠点としています。

そして、KMGI Group(インターネット広告)Transparent Business(SaaSプラットフォーム)などの会社を設立しています。

2021年には、アレックス・コナニキン氏は7人の起業家の1人として、テレビシリーズのユニコーンハンターで『サークル・オブ・マネー』を結成しています。

プーチン大統領,懸賞金,アレックス・コナニキン,何者

この番組は「エンターテイメントと、消費者がIPO前の投資機会を選択する可能性を組み合わせて、富の創造を民主化する」ことを目的としているそうです。

番組では、パネルに表示された7人の起業家が、将来の企業がビジネスを売り込む時に投資するかどうかを選択しますが、番組の視聴者はその注目のビジネスに、自分の資金を投資することができるそうです。

アレックス・コナニキン氏は、この番組のエグゼクティブプロデューサー兼共同制作者を務めています。

★アノニマスに関する記事は、こちらをご覧ください。

★プーチン大統領に関するその他の記事は、こちらをご覧ください。

★ゼレンスキー大統領に関する記事は、こちらをご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

今後もこの懸賞金の動向について、注目したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました