青木祐奈の出身高校と大学は?フィギュアの経歴やコーチと振付師は誰?

青木祐奈,出身,高校,大学,フィギュア,経歴,コーチ,振付師 スポーツ
スポンサーリンク

青木祐奈さんは、13歳の時に、難易度の高い、3回転ルッツー3回転ループのコンビネーションジャンプを、史上4人目に成功した選手です。

また、2018年のシニアデビュー戦の「ババリアンオープン」のSPで、宮原知子さんを抑えてトップに立ち、注目を集めています。

そんな青木祐奈さんのこれまでの学校や、指導するコーチなどが気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・青木祐奈さんの出身高校と大学は?
・青木祐奈さんのフィギュアの経歴
・青木祐奈さんのコーチと振付師は?

の3つのポイントに沿って、青木祐奈さんの学歴と経歴や、コーチと振付師をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

青木祐奈の出身高校と大学は?


出典元:Instagram@yuna_skate

名前:青木 祐奈(あおき ゆな)
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:2002年1月10日(19歳)
身長:156㎝
血液型:A型
趣味:音楽鑑賞・韓流ドラマ鑑賞
所属クラブ:神奈川FSC

青木祐奈さんは、5歳の時に、トリノオリンピックに出場していた、荒川静香さんの演技を見たのをきっかけに、スケートを始めたそうです。

荒川静香さんを憧れとする魅力は「優雅さ」で、荒川静香さんに少しでも近づくために、指先や爪先まで意識を心掛けていると言います。

それでは、青木祐奈さんの出身高校と現在通っている大学について、見ていきたいと思います。

青木祐奈の出身高校

青木祐奈さんの出身高校は、神奈川県横浜市保土ヶ谷区にある、私立の横浜清風高等学校です。

1923年設立の高野山真言宗系の宗教校で、もともとは女子校でしたが、2001年に一部共学、2005年に全共学となりました。

横浜清風高等学校を卒業した著名人には、元映画女優の藤山陽子さん、ものまね芸人のアンチエイジ徳泉さん、元陸上選手の城下麗奈さんが、いらっしゃいます。

横浜清風高等学校の偏差値は41-50となっており、部活動においては2005年に男女共学となって以降、男子バスケ部が神奈川県下の強豪校として、知られています。

また、2003年に放送された草彅剛さん主演のテレビドラマ、『僕の生きる道』でロケ地となっています。

スポンサーリンク

青木祐奈さんは、高校3年生の夏、練習で左足首を骨折してしまい、手術を受ける事になりました。

そのため、2019-2020年シーズンは、治療に専念するため、怪我以降の全試合を欠場しています。

青木祐奈さんは、卒業式の日に次のようにメッセージを残しています。

3/2 横浜清風高等学校 卒業しました。

たくさんの友達や先生方私のスケートに協力的に支えてくださり、充実した高校生活がおくれました。

クラスのみんな、クラスが違くてもいつも仲良くしてくれる子たち、担任の先生、顧問の先生、には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

3年間、ありがとうございました。

引用元:Instagram@yuna_skate

高校生活最後の年が、左足首骨折という怪我を負ってしまい、辛い時期だったと思いますが、周囲の人に支えられて、充実した高校生活を送れて良かったですね。

青木祐奈の大学

青木祐奈さんは、現在、東京都千代田区にある、私立の日本大学に在学しています。

学部は公表されていませんが、トップアスリートの養成を行っているスポーツ科学部かなと、思われます。

日本大学は、日本最大規模の私立総合大学です。

日本大学の偏差値は、文理学部が47.5-57.5、理工学部が45-57.5、法学部が47.5-57.5、経済学部は50-52.5となっています。

「常に世界的な視野を持ち、教育の発展及び人類社会への貢献」を教育目標に掲げており、日本企業の社長の出身校は、日本大学が大学全体で1位となっています。

日本大学の卒業生は、マスコミ・芸能界、法曹界、政界、財界、学会、土木・建築界、医師、技術者、アスリートなどの多くの分野で活躍しています。

青木祐奈さんは、日本大学へ入学した2020年8月に、怪我した日から1年が経ち、インスタグラムで次のようにコメントしています。

たくさんの人に支えられて今の自分があることを忘れずに、これから頑張っていきたいと思います。

新型コロナウィルスの影響で、復帰戦を皆さんの前で披露することは難しく残念ではありますが、試合が少ない分、一試合一試合を大事に楽しんで滑りたいと思います。

皆様もコロナウィルスに気をつけてお過ごしください。

引用元:Instagram@yuna_skate

そして、青木祐奈さんは、2020年10月のフィギュアスケート・東京選手権で、左足首骨折を乗り越えて、復帰を果たし、東日本選手権、全日本選手権へと出場をしています。

続いては、青木祐奈さんのフィギュアの経歴を、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

青木祐奈のフィギュアの経歴は?


出典元:Twitter

青木祐奈さんの、これまでの主な経歴をまとめてみましたので、ご覧下さい。

・2013年 全日本ノービス選手権(ノービスA) 2位

・2014年 プランタン杯 ノービスクラス 優勝

・2014年 アジアフィギュア杯 ノービスクラス 優勝

2015年 日本スケート連盟フィギュアスケート強化選手に選ばれる

・2015年 チャレンジカップ ノービスクラス 優勝

・2015年 アジアフィギュア杯 ジュニアクラス 優勝

・2016年 ババリアンオープン ジュニアクラス 2位

・2019年 ババリアンオープン 2位

2021年11月現在、青木祐奈さんは、東日本選手権で2位となり、全日本フィギュア選手権へ出場となりました。

続いては、青木祐奈さんを指導するコーチと振付師について、見ていきたいと思います。

青木祐奈のコーチと振付師は誰?

青木祐奈のコーチ:都築章一郎コーチ


出典元:Instagram@yuna_skate

青木祐奈さんのコーチの1人目は、都築章一郎コーチです。

都築章一郎コーチは、元フィギュアスケート選手で、全日本ジュニア選手権3位と優勝の経歴があります。

1963年、日本大学卒業と共に選手を引退し、現在は、フィギュアスケートのコーチを務めています。

指導者に転身した後、都築章一郎コーチは、1964年にフィギュアスケーティングインストラクター協会を設立しています。

また、日本オリンピック委員会指定コーチや、プリンスホテル専任コーチにも就任し、活動していました。

都築章一郎コーチは、これまでに多くの選手の指導を行っていますが、最近では、羽生結弦選手を小学2年生から高校1年まで、指導に当たっています。

青木祐奈さんは、6歳の時から現在まで変わらず、都築章一郎コーチの指導を受けています。

名前:都築 章一郎(つづき しょういちろう)
出身地:愛知県名古屋市
生年月日:1938年1月5日(83歳)
最終学歴:日本大学
スポンサーリンク

青木祐奈のコーチ兼振付師:都築奈加子コーチ


出典元:jbpress

青木祐奈さんを指導する2人目のコーチは、振付師も兼任する都築奈加子コーチです。

都築奈加子コーチは、都築章一郎コーチので、元フィギュアスケートアイスダンス選手で、アマチュア選手引退後、現在はコーチをしており、国際スケート連盟認定の技術審判員でもあります。

都築奈加子コーチは、5歳からスケートを始め、10歳でアイスダンス競技に取り組み、ロシア、アメリカ、フランスにスケート留学をしてきた経歴をお持ちです。

また、全日本フィギュアスケート選手権で6回の優勝をする、功績を残しています。

名前:都築 奈加子(つづき なかこ)
出身地:東京
生年月日:1975年10月3日(46歳)
身長:162㎝
所属クラブ:Kyoto Aqua Club

いかがでしたでしょうか?

今後も活躍が期待される青木祐奈さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました