青柳美扇の出身高校と大学はどこ?経歴と本名やプロフィールまとめ

青柳美扇,出身,高校,大学,経歴,本名,プロフィール エンタメ
スポンサーリンク

大筆を振るうパフォーマンスで、世界各国の人々を魅了させる、書道家の青柳美扇さん

書道以外にも、最近は、墨象アートも手掛けており、店舗などの空間プロデュースでも活躍をしています。

そんな才能豊かな青柳美扇さんには、どんな学歴や経歴があるのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・青柳美扇の出身高校と大学
・青柳美扇の経歴
・青柳美扇のプロフィール

の3つのポイントに沿って、青柳美扇さんの学歴・経歴・プロフィールを、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

青柳美扇の出身高校と大学はどこ?

青柳美扇の出身高校


出典元:Instagram@aoyagibisen

青柳美扇さんの出身高校は、残念ながら公表されていませんでした。

青柳美扇さんは、16歳の時に書道の師範を取得しています。

高校でも書道部に所属していた可能性がありますね。

青柳美扇さんの出身の大阪府茨木市近郊の高校で、書道部がある高校は次の通りです。

【私立高校】
・梅花高等学校(大阪府豊中市)
・大阪薫英女学院高等学校(大阪府摂津市)
・追手門学院高等学校(大阪府茨木市)
・関西大倉高等学校(大阪府茨木市)

【公立高校】
・北摂高等学校(大阪府茨木市)
・茨木高等学校(大阪府茨木市)

後に詳しくご紹介しますが、青柳美扇さんは梅花女子大学出身ですので、もしからしたら系列の梅花高等学校かもしれませんね。

新しい情報が入りましたら、また、お知らせしたいと思います。

青柳美扇の出身大学

青柳美扇さんの出身大学は、大阪府茨木市にある私立大学の、梅花女子大学文科表現学部日本文化創造学科書道コース専攻です。

青柳美扇,出身,高校,大学,経歴,本名,プロフィール

梅花女子大学は、1878年(明治11年)に創設された、大阪で最初の女学校とされる「梅花女学校」が前身で、1964年にキリスト教主義の4年生の女子大学として開校しました。

梅花女子大学は、「チャレンジ力のある女性、そしてエレガントな女性。」の育成を目指しています。

梅花女子大学文科表現学部の偏差値は40~42.5となっており、4学部3学科が設置されています。

梅花女子大学出身の著名人には、ミスユニバース1985年日本代表の古沢初美さん、同じく1986年日本代表の江崎普子さん、声優の谷藤リョーコさんらがいます。

青柳美扇さんは、梅花女子大学日本文化創造学科書道コースで4年間、書道書論を学んできました。


出典元:Instagram@aoyagibisen

さらに大学在学中に、書道の研究のために中国台湾を訪れ、本場のに触れたり、中国上海西泠印社にも行き、篆刻についても知識と技術を習得しています。

青柳美扇さんは、20歳の時に、大学指定強化クラブだった「書道部」の初代部長に任命されており、当時部員2名だった廃部寸前の書道部の立て直しをしています。

その頃に、青柳美扇さんは、試みとして書道パフォーマンスにチャレンジします。


出典元:Instagram@aoyagibisen

青柳美扇さんは、当時について次のように話しています。

廃部になりかけていた書道部を立て直そうと、とにかく地味な所のイメージを払拭して、書ってカッコいいんだよ、素晴らしい文化なんだよと伝えたかった。甲斐あってだんだん多くのコが集まってくれて、部を盛り上げることができました。

引用元:KURAMOCHI

そして、青柳美扇さんは、展覧会・オープンキャンパス・大学祭などで書道パフォーマンスを披露し、学内以外でも学外のイベントに多数出演し、大学在学中にメディア進出をしています。

青柳美扇さんの攻勢が称えられ、梅花女子大学から表彰をされています。

また、学業では日本一の能書家である空海について研究し、高等学校教諭一種免許状(書道)も取得しています。

スポンサーリンク

青柳美扇の経歴は?


出典元:Instagram@aoyagibisen

青柳美扇さんは、2013年に大学卒業後、梅花女子大学書道部の書道パフォーマンス指導者に就任し、1年間、書道パフォーマンスの指導にあたりました。

2014年4月には、梅花女子大学大学院へ進学しており、大学4年間の研究を活かし、弘法大師空海が影響されたとされる、中国書法について修士論文を作成しました。

さらに、青柳美扇さんは、現在、を使ったアートも手掛けており、筆で抽象画を描く「墨象(ぼくしょう)アート」も創作していて、色んな企業から「この空間に合う墨象を」と依頼を受けて描いています。


出典元:Instagram@aoyagibisen

オフィスや旅館、ホテル、店舗など空間全体をプロデュースする仕事も手掛けています。

青柳美扇さんは、世界各国で書道パフォーマンスを披露し、国内では東京2020公認オリンピアード『東京キャラバン』に、書道家として連続出場しています。

2020年1月1日には、国立競技場で行われたJFA天皇杯で、約6万人の観客の前でオープニングアクトとして、書道パフォーマンスを披露しています。


出典元:Instagram@aoyagibisen

また、「FIBA男子オリンピック世界最終予選」公式試合球の筆文字デザインと、プロモーション映像に出演しています。

青柳美扇さんは、2021年には国立競技場貴賓室の巨大屏風作品を手掛けています。

さらに、2021年10月に青柳美扇さんは、MBS『情熱大陸』に出演しています。

青柳美扇の本名とプロフィール


出典元:Instagram@aoyagibisen

青柳美扇さんの本名は青柳美紀(あおやぎ・みき)さんで、大阪府茨木市出身、1990年4月21日生まれの現在31歳です。

青柳美扇さんの祖母が書道の師範で、2,3歳の頃から筆で遊ぶようになり、4歳から書道を始めています。

祖母の実家がお寺で、その家には観音様や不動明王の仏像がいくつもあり、青柳美扇さんは写仏写経のものまねをしていたと言います。

更に、青柳美扇さんの祖母は和裁の先生もしていて、茶道や華道にも明るく、青柳美扇さんは幼い頃から日本文化に触れながら育ってきたそうです。

色々経験した中で一番好きだったのが書道で、書道教室に通うようになり、青柳美扇さんは小学校・中学校・高校とずっと書道に励んできました。

スポンサーリンク

しかし、大学に進むと、青柳美扇さんは大学で出会った先生に「お前は下手や」と言われたそうです。

とてもショックを受けた青柳美扇さんは、そこから必死に修業をし、その事がきっかけで書の芸術の道へ歩んでいく、人生の岐路になったと話しています。

名前:青柳 美扇(あおやぎ・びせん)
本名:青柳 美紀(あおやき・みき)
出身地:大阪府茨木市
生年月日:1990年4月21日(31歳)
最終学歴:梅花女子大学大学院
職業:書道家・アーティスト
所属事務所:アトリエ美扇

★青柳美扇さんのかわいい画像と結婚や彼氏については、コチラをご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される青柳美扇さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました