朝倉誠二(パン職人)のカレーパンが最高!お店はどこ?お勧めのパンは?

朝倉誠二(パン職人),カレーパン,お店 エンタメ
スポンサーリンク

東京の白金・高輪にある毎日行列の絶えない人気店「ブーランジェリーセイジアサクラ」の、「ぶどうの天然酵母チーズカレー」パンが最高に美味しい!と話題となっています。


1日平均500個も売り上げパン・オブ・ザ・イヤーにも輝いている、ブーランジェリーセイジアサクラのチーズカレーパンを食べてみたくなりますよね!

そこで今回の記事では、

・朝倉誠二(パン職人)のカレーパンをご紹介!
・朝倉誠二(パン職人)のカレーパンの美味しさの秘密は?
・朝倉誠二(パン職人)のお店はどこ?
・カレーパン以外にもお勧めパンをご紹介!
・朝倉誠二(パン職人)のプロフィール

の5つのポイントをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

朝倉誠二(パン職人)のカレーパン最高!

パン作りに関わって30年の経験をもつ、朝倉誠二さんのこだわりのカレーパンは何故こんなに美味しのでしょうか?

早速、見ていきたいと思います。

朝倉誠二(パン職人)のカレーパンをご紹介!

引用元:大人の週末

ブーランジェリーセイジアサクラの一番人気のパンが、「ブドウの天然酵母チーズカレー(税込¥329)」です。

テレビ番組でもよく取り上げられ、東京でもっとも美味しいと評判です。

ブーランジェリーセイジアサクラのチーズカレーパンは、白金・高輪という土地柄を考えて、揚げるカレーパンではなく、焼きのカレーパンです。

パンに入っているカレーフィリング(具材)は、独自のアレンジが施され、ダイス状にかっとしたお野菜が使われており、カレーがパン生地との間に空洞なく、ぎっしりと詰まっています

自家製のカレーフィリングの上に、スイス産グリュイエールチーズをたっぷりとのせ、伸びの良い生地で包み込み、焼き上げられています。


引用元:味な話

さっくりとしたパン生地ととろけるチーズとスパイシーな具材が、絶妙な味を醸し出しています

ブーランジェリーセイジアサクラのチーズカレーパンは、冷めても美味しく食べれるのも特徴の一つです。

チーズカレーパンの具材も大きなお野菜がゴロゴロと詰まっていて、ボリュームたっぷりなので、チーズカレーパン一つでも、お腹が満たされそうですね!

カレーパンの美味しさの秘密は?


引用元:Pixabuy


ブーランジェリーセイジアサクラの「ブドウ酵母チーズカレー」は、何故、それ程までに美味しいのでしょうか

チーズカレーパン以外に約45種類のパンを焼く、ブーランジェリーセイジアサクラの美味しさの特徴は、3種の自家製酵母種が奏でる熟成と味わいにあるそうです。

パンに独自性を持たせるには、粉・油脂・発酵種の3要素がありますが、ブーランジェリーセイジアサクラでは、発酵種で勝負をしているそうです。

3種類の発酵種とは、レーズン・徳島県産の柚・ホップで、朝倉誠二さん自らが培養しており、3種の酵母を使い分ける事で、他にはない美味しさを作り出しています。

3種の酵母は、それぞれのパンに風味や香りや味わいに醸し出され、ブーランジェリーセイジアサクラ独自のの個性豊かなパンとなっています。

パリで2名の天才パン職人の元で、ポーリッシュ(液種)ルヴァンリキッド(液体天然酵母)による製法を学んだという朝倉誠二さんの拘りが、全てのパンの美味しさの秘密だったのですね!

朝倉誠二(パン職人)のお店はどこ?


引用元:PAN POTA


「ブドウの天然酵母チーズカレー」が買える「ブーランジェリーセイジアサクラ」のお店の場所をご紹介したいと思います。

遠くて買いに行けない人の為に、通販はあるのかな?と調べてみましたが、今の所、通販はされていないようです。

・名称:ブーランジェリー セイジアサクラ
・住所:東京都港区高輪2-6-20 朝日高輪マンション104号
・電話番号:03-3446-4619
・営業時間:9:00~17:30
・定休日:土曜日・日曜日
・公式Instagram:boulangerie_seijiasakura
・公式Facebook:BOULANGERIE SEIJIASAKURA

ブドウの天然酵母チーズカレー以外にも、人気商品がありますので、次でご紹介したいと思います。

朝倉誠二(パン職人)のお勧めのパンは?

ブーランジェリーセイジアサクラのパンは約45~50種類ある中で、朝倉誠二さんのお勧めや、口コミで好評のパンを、ご紹介していきたいと思います。

お勧めパン①:アロマホップ生クリーム食パン

アロマホップ生クリーム食パン
・¥378(税込)
・自家製アロマホップ酵母と生クリームをたっぷり使い、芳醇な香りと生クリームのコクが味わい深い食パンです。

お勧めパン②:塩パンゴールド

塩パンゴールド
・¥270(税込)
・もちもちした食感と、バターの香りがお楽しみ頂けます。

お勧めパン③:南仏プロヴァンス レ・ボー谷のフォカッチャ

南仏プロヴァンスのレ・ボー谷のフォカッチャ
・¥197(税込)/ 大サイズ ¥387(税込)
・南仏プロヴァンスのレ・ボー谷で作られたオリーブオイルを表面に塗って焼いた食事パンです。

お勧めパン④:キャトルフリュイセック

キャトルフリュイセック
・¥297(税込)
・レーズン・クランベリー・パパイヤ・パイナップル・オレンジピールをたっぷりと生地に練り込んで焼き上げてあります。

お勧めパン⑤:黄金色のバゲット

黄金色のバゲット
・¥389(税込)
・フランス産のオーガニックの小麦粉を使い、レーズン酵母で長時間熟成させ、粉の旨味を十分に引き出したバゲットです。

(参考情報:PAN POTA

スポンサーリンク

朝倉誠二(パン職人)のプロフィール


引用元:PAN POTA


「ブーランジェリーセイジアサクラ」のオーナーシェフである朝倉誠二さんをご紹介していきたいと思います。

1974年12月16日生まれの現在47歳、大阪府枚方市生まれですが、父親の転勤で四国で育ちました。

パン作りに目覚めたのは、高校時代、徳島県のパン屋さんでアルバイトをしたのがきっかけで、朝倉誠二さんの頑張りで、田舎の小さなパン屋に行列ができたそうです。

自分の力が世界に通用するのか試してみたかった」という朝倉誠二さんは、26歳の時、フランス語もできない状態で、単身でフランスに渡っています。

朝倉誠二さんは、パリのブーランジェリーで修業した後、パリの天才職人ベルナール・ガナショー氏エリック・カイザー氏の元へ入門し、腕に磨きを掛けてきました。

パリで3年間の修業後、日本へ帰国し開店するまでの間、朝倉誠二さんは大手メーカー「不二製油」で、商品開発や研究にも取り組んで来られたそうです。

その経験を生かして、2008年34歳の時「ブーランジェリーセイジアサクラ」をオープンさせ、2014年にはバゲット部門2015年にはカレーパン部門でパン・オブ・ザ・イヤー金賞を受賞しています。

朝倉誠二さんは、ブーランジェリーセイジアサクラを経営しながら、現在もMCフードスペシャリティーズで開発にも関わっているそうです。

朝倉誠二さんの発酵や種への拘りは、パン職人としての熱い思いを感じますね。

いかがでしたでしょうか?

パン・オブ・ザ・イヤー金賞受賞のチーズカレーパン、是非、召し上がってみて下さいね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました