田村俊介(愛工大名電)の出身中学はどこ?プロフィールや成績ご紹介

田村俊介選手,愛工大名電,出身,中学,プロフィール,成績 スポーツ
スポンサーリンク

愛工大名電の田村俊介選手は、2021年のドラフト候補として注目されている選手の一人です。

投手と野手の二刀流としても活躍する、田村俊介選手のこれまでの経歴が気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・田村俊介選手の出身中学はどこ?
・田村俊介選手の経歴とプロフィール
・田村俊介選手の成績

のポイントに沿って、田村俊介選手をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

田村俊介(愛工大名電)の出身中学はどこ?


引用元:明徳義塾中学校


田村俊介選手は、高知県にある私立の明徳義塾中学校を経て、地元の舞鶴市立和田中学校を卒業しています。


明徳義塾は、全ての生徒にクラブ活動への参加を義務付けており、高知県において野球部はトップクラスです。

田村俊介選手が明徳義塾中学在学中は、スーパー中学生と言われた関戸康介選手(大阪桐蔭高)も在籍しており、関戸康介選手が投げる時は、田村俊介選手は一塁手で出場する二刀流でした。

中学3年生の時には主将を務めており、全日本少年夏季軟式野球大会で準優勝を経験しています。

[ad]

中学校を転校した理由は?


引用元:サンスポ


田村俊介選手は、中学卒業後もそのまま名門の明徳義塾高校へ進学するだろうと思われましたが、地元の舞鶴市立和田中学校へ転校しています。

転校の理由は、高校は高知県とは違う所で挑戦したかった田村俊介選手は、打者として成長したいとイチロー選手の母校でもある愛工大名電への進学を決意します。

明徳義塾中学校では、他の高校に進学する場合は、卒業を待たずに学校を辞めなければいけないルールがあるそうです。

その為、田村俊介選手は中学3年生の2学期に、明徳義塾中学校を退学し、和田中学校へ転校してから、愛工大名電へ進学しています。

田村俊介(愛工大名電)のプロフィール

田村俊介選手の小学時代


引用元:舞鶴市民新聞


田村俊介選手は、幼稚園の年長の時から野球を始めており、小学時代は「共楽少年野球クラブ」に所属していました。

小学6年生で172㎝の長身で球速125㎞/hを出し、何度も完全試合やノーヒットノーランを達成し、近畿ナンバーワンの投手であり、トップクラスの打者として高評価でした。

田村俊介選手は、チームの練習以外でも自宅で家族の協力を得て、バトミントンの羽根を使ってのティーバッティングの練習や、走り込みを黙々とこなしていたと言います。

投手として34試合で276個の三振を取り、打撃では打率.466と本塁打30本を記録しています。

2014年の西日本大会準優勝や、近畿秋季京都大会優勝高槻杯優勝などの経験があります。

[ad]

田村俊介選手の高校時代


引用元:中日新聞


田村俊介選手は明徳義塾中学校から和田中学校を経て、現在の愛工大名電へ進学しています。

入学直後の1年生の春季県大会からベンチ入りをしており、6月の星稜高校との練習試合で奥川恭伸投手(現・ヤクルト)と投げ合い、7回を4安打無失点5奪三振で抑え、勝利をおさめました。

球速もMax135㎞/hをマークしており、新入生とは思えない活躍ぶりに注目を集めています。

1年生の夏からは早くも背番号1をつけて、マウンドに上がっています。

田村俊介選手は、1年生の秋に愛知県大会準優勝を果たし、東海大会へ出場しています。

2年生の春は、新型コロナウイルスの影響で、2カ月間の活動休止となり、夏の選手権大会と地方大会も中止となりました。

田村俊介選手は2年生の秋から、中学時代に引き続き、主将となっています。

3年生の春の大会では背番号5を付け、左投げながら2番サードで出場し、通常は左投の選手が一塁以外の内野を守ることがないため、極めて異例だと話題となっています。

2021年7月31日に、愛工大名電は愛知県大会で優勝し、甲子園出場を決めています。

8月11日、愛工大名電は東北学院との対戦で競り負け、1回戦で敗退となりました。

3年間、田村俊介選手を指導してきた倉野監督は、田村俊介選手について以下のようにコメントしています。

勝負強さがある。スター性がある選手。高校生の中では打撃の安定感、飛ばす力は抜きん出ている。投手としては145キロがでますが、もっと、もっと磨けば、投手としての才能は伸ばせる。海のむこうでは大谷翔平という素晴らし二刀流の選手がいますが、そんな選手を目指してやってもらえたらいいと思います。

引用元:yahooニュース


甲子園での敗退後、二刀流でプロを目指す意向を明らかにした田村俊介選手が、ドラフトでどのような結果になるか楽しみです。

[ad]

田村俊介選手のプロフィール


引用元:yahooニュース


田村俊介選手のプロフィールを、まとめてご覧下さい。

・本名:田村 俊介(たむら しゅんすけ)
・出身地:京都府舞鶴市
・生年月日:2003年8月25日(17歳)
・身長/体重:176㎝・88㎏
・球速:MAX145㎞/h
・投打:左投左打
・ポジション:ピッチャー・サード・ファースト・外野手
・出身小学校:舞鶴市立中舞鶴小学校
・出身中学校:明徳義塾中学校→舞鶴市立和田中学校
・出身高校:愛知工業大学名電高等学校


次では、田村俊介選手の成績を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

田村俊介(愛工大名電)の成績は?


引用元:朝日新聞デジタル


田村俊介選手の愛知県の予選大会の成績をご紹介します。

【投手成績】

試合数 防御率 投球回
4 0.53 17
奪三振 与四死球 WHIP
16 6 1.12

【打撃成績】

試合数 打率 本塁打
6 0.364 0
打点 盗塁 OPS
6 0 0.962


田村俊介選手は、投手としては最速145㎞/hを出し、打者では長打と打率を兼ね備えた二刀流として活躍し、チームのキャプテンも務めています。

中学でもキャプテンを経験している田村俊介選手には、人間性にも魅力があるということですね!

夏の甲子園では1回戦で敗退してしまいましたが、田村俊介選手はドラフト候補として、今後も話題となりそうですね。

今後も活躍が期待される田村俊介選手を、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました