ブレイキングダウンのゲンキは何者?英語が上手い理由!格闘技の実力は?

ブレイキングダウン,ゲンキ,何者,英語,格闘技 Breaking Down
スポンサーリンク

1分間の最強を決める格闘技イベント『ブレイキングダウン6』が、大変な盛り上がりを見せています。

オーディションで朝倉海さんのメンバーのサイトウ君と対戦が決まったのは、日本一のナンパ師のゲンキさんです。

そのナンパ師だというゲンキさんとはどのような人物なのか、気になりますよね。

そこで今回の記事では、

・ブレイキングダウンのゲンキ
・ゲンキの英語
・ゲンキの格闘技の実力

の3つのポイントに沿って、ブレイキングダウン6出場のゲンキさんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブレイキングダウンのゲンキは何者?

ブレイキングダウン,ゲンキ,何者,英語,格闘技
出典元:Instagram@genkiforfun

ブレイキングダウン6に出場したゲンキさんの本名は、石川元貴(いしかわ・げんき)さんです。

ゲンキさんは、愛知県みよし市の出身で、1995年10月12日生まれの現在27歳

職業はYouTuberで、YouTubeチャンネル『ゲンキジャパン/Genki jp』を運営しており、チャンネル登録者数は38.8万人(2022年11月現在)です。

『ゲンキジャパン』のメンバーは、ゲンキさん、ジュンペーさん、ちゃんゆうさん、人間さんの4人です。

YouTubeチャンネル内では、ゲンキさんがナンパをする企画が、動画のメインとなっています。

スポンサーリンク

ゲンキさんは過去に、ブレイキングダウン第0回大会(2021年2月)で、朝倉未来さんのメンバーの吉田くんと、ブレイキングダウン第1回大会(2021年7月)では、山下裕太郎さんと対戦しています。

そして、ブレイキングダウン6ではオーディションから応募し、Iグループで登場していました。

ブレイキングダウン,ゲンキ,何者,英語,格闘技

同グループ内では対戦が決まりませんでしたが、Kグループで朝倉海さんのメンバーのサイトウ君の自己紹介が始まると、「サイトウ君やろうよ」と、再び会場に姿を現します。

ゲンキさんはIグループの自己紹介で、「(ブレイキングダウン1で)海チャンネルのサイトウ君と試合が決まっていたのに、逃げられたので舐められてるなと思ってるんで、やりたいと思ってます」とアピールしていました。

ブレイキングダウン,ゲンキ,何者,英語,格闘技

ゲンキさんはサイトウ君に、「何で逃げたの?煽りVとか全部撮ってたのに、急遽キャンセルされてる」と説明を求めます。

サイトウ君は、ブレイキングダウン1自体が延期になり、元々予定していた自身のボディービルのコンテストと重なったため、そっちを優先させたと、当時の事情を説明。

ゲンキさんは「次は逃げんなよ」と言い放って、サイトウ君との対戦が決定しました。

前日記者会見でゲンキさんは「エガサリさんがめちゃくちゃタイプなんで、試合勝ってナンパしたいなと思います」とナンパ師らしい発言。

サイトウ君に対しては「YouTube見てるとめちゃくちゃナヨナヨしてて、童貞みたいなんで、その童貞マインド叩き直してやろうかなと思います」と煽りながらも、サプリメントをプレゼントしています。

一方、サイトウ君は、「実際童貞みたいなもんなんで、叩き直してください。最後に一言、僕と戦えることに感謝しろよ、雑魚が」と言い放っています。

ブレイキングダウン,ゲンキ,何者,英語,格闘技
出典元:Twitter

ブレイキングダウン6の本戦では、お互い激しく殴り合う展開となり、残り30秒でサイトウ君がダウンをとり、残り5秒でゲンキさんがダウンをとって、判定でドローとなり30秒間の延長となります。

最終的に判定3-0でゲンキさんが勝利を収めました。

試合後、サイトウ君と控え室で言葉を交わしたゲンキさんは、サイトウ君から「いい試合でした。ナンパちょっと教えて下さい!童貞メンタルで、鍛え直して欲しい」と、ナンパ術を教えて欲しいと言われていました。

ナンパ師のゲンキさんは、試合後の会場で多くの美人をナンパしている様子が、ゲンキさんのYouTubeチャンネルで公開されていますので、興味のある方はご覧下さい。

★ブレイキングダウン6で対戦したサイトウ君に関する記事は、こちらをご覧ください。

名前:ゲンキ
本名:石川元貴(いしかわ・げんき)
出身地:愛知県みよし市
生年月日:1995年10月12日(27歳)
身長:177㎝
職業:YouTuber
スポンサーリンク

ゲンキが英語が上手い理由!

ブレイキングダウン,ゲンキ,何者,英語,格闘技

ゲンキさんのYouTubeチャンネルでは、ゲンキさんが流暢な英語で女性をナンパしている動画が沢山あがっています。

ゲンキさんが何故あんなに英語は上手なのでしょうか?

その理由が、ゲンキさんの動画『【英語力】日本人でも海外美女と会話ができるようになる方法、ナンパ師が教えます』で明かされています。

視聴者からの「何で英語ができるんですか?」という質問に、2年間も無視してきたそうです。

ゲンキさん曰く、「一番大事なことは行動すること」で、ゲンキさんも大学を中退して海外留学を経験しており、「英語を使わなくちゃいけない環境に飛び込む」ことだそうです。

次に、「自分は英語ができる」と思い込んで実践をしまくり、英語を話す機会を作ってどんどん挑戦することが大事だとしています。

ゲンキさんはYouTubeを始める前に、英語が話せるようになりたくて、街中で外国人を見かけたら声をかけていて、それを続けていたら英語を話せるようになったと言います。

また、『なぜわたしたちは3カ月で英語が話せるようになったのか』という本を読んだところ、「日本人はコミュニケーション能力が低い」から英語が話せないと書いてあったとか。

そのため、ゲンキさんは外国人に限らず、日本人ともちょっとした会話でコミュニケーションをとるようにしてきたそうです。

ゲンキさんは、「本当に結局大事なのは、やるかやらないか」だと話しています。

そんなゲンキさんは2018年に、YouTube活動と並行して『TOEIC900点とるぞ企画』を掲げ、TOEICのテストに挑戦しています。

そして、ゲンキさんは、見事にぴったり900点をとることが出来ており、その行動力の凄さに感心してしまいますね。

スポンサーリンク

ゲンキの格闘技の実力は?

ブレイキングダウン,ゲンキ,何者,英語,格闘技
出典元:Twitter

ゲンキさんは「女の子にモテたい」という理由から格闘技を始め、1年ほど前からプロのキックボクサーを目指しています。

ナンパも格闘技も理想の男になるために、本気でやっているそうです。

ゲンキさんが2021年2月にアマチュアのデビュー戦に出たころ、ちょうど朝倉未来さんが『ブレイキングダウン』の立ち上げています。

そこで、朝倉未来さんのメンバーで、格闘技未経験ですが喧嘩が強い吉田くんの対戦相手として、ゲンキさんにオファーが来て対戦しています。

ブレイキングダウン,ゲンキ,何者,英語,格闘技

デビュー戦の1戦しか経験がなく判定負けだったゲンキさんは、ブレイキングダウン第0回大会でも、残念ながら吉田くんに判定負けをしています。

ゲンキさんは、2021年7月に行われた、ブレイキングダウン第1回大会にも出場し、格闘技歴が練習100回ほどという山下裕太郎さんと対戦し、結果、判定3-0で勝利しています。

この試合後、ゲンキさんは格闘技から一旦離れてYouTubeの海外進出に力を入れていました。

ゲンキさんは自身インスタグラムで、格闘技について次のように綴っています。

「10年以上やっていた野球より今は格闘技にはまっています。<中略>まだ未練があります。またいつかリングの上に上がります」と思いを綴っており、そして、『ブレイキングダウン6』で格闘技に復帰しています。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々話題となりそうなゲンキさんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました