福田幸之介(履正社)はドラフト注目選手!出身中学はどこ?母親の言葉が愛!

福田幸之介,履正社,ドラフト,中学,母親 高校野球
スポンサーリンク

*アフィリエイト広告を利用しています。

「全国高校野球選手権大会」に出場が決まった大阪の履正社高校。

投手の福田幸之介選手は、大阪大会決勝で、強豪校の大阪桐蔭高校を相手にに3安打完封しており、その活躍に期待が集まっています。

そんな福田幸之介選手は今年のドラフト注目選手と評判だとか。

そこで今回の記事では、

・福田幸之介(履正社)のドラフト
・福田幸之介(履正社)の中学
・福田幸之介(履正社)の母親
の3つのポイントに沿って、履正社高校の福田幸之介選手について、ご紹介したいと思います。

福田幸之介(履正社)はドラフト注目選手!

福田幸之介,履正社,ドラフト,中学,母親
出典元:バーチャル高校野球

「第105回 全国高校野球選手権 大阪大会」の決勝で、大阪桐蔭相手に3安打完封劇を見せた福田幸之介選手は、1試合にして評価が急上昇しています。

ライバル視していた、大阪桐蔭の前田悠伍投手に、ガチンコ勝負で投げ勝ったことも、高評価の1つのようです。

出典元:Yahoo!ニュース

福田幸之介選手は「直接対決で倒してやると思い描いてきた。それが夢だった。現実になって良かった」と話していました。

そんな福田幸之介選手は、視察に来ていたスカウトからも高く評価する声が聞かれました。

【横浜DeNA:川原スカウティングディレクター】

ストレートは手元の直球の強さを感じる。手元で動くので、大阪桐蔭も捉え切れていなかった。四球で崩れず、ゾーンの中で荒れるイメージ。

引用元:ドラフト会議

【巨人:渡辺スカウト】

直球に強さがある。球に勢いを感じる。

引用元:ドラフト会議

【千葉ロッテ:三家和真スカウト】

パワータイプで、球速が出せる体の力、ポテンシャルがある
ところが一番魅力じゃないか。

3人のスカウトの評価は、キレタイプの前田悠伍選手より、パワータイプという評価になっています。

福田幸之介選手は、春からここまでの投球でかなり評価が高まってきていますが、甲子園でも快投を見せれば、前田悠伍選手と同等クラスの評価になるのではと言われています。

福田幸之介選手は将来の夢は「プロ野球選手になること」と話していますので、この甲子園は勝負の夏になりますね。

名前:福田幸之介(ふくだ・こうのすけ)
出身地:大阪府大阪市東淀川区
生年月日:2005年8月11日(17歳*執筆時)
身長/体重:180㎝・83㎏
ポジション:投手
投打:左投・左打
遠投:100m
最高球速:151㎞

広告の下にコンテンツが続きます…。

★スポーツ観るならスポーツ専門の「DAZN(ダ・ゾーン)」がおススメ!★

福田幸之介(履正社)の出身中学はどこ?

福田幸之介,履正社,ドラフト,中学,母親
出典元:Yahoo!ニュース

履正社の福田幸之介選手の出身中学は、大阪市東淀川区にある大阪市立瑞光(ずいこう)中学校です。

福田幸之介選手は、大阪市立大隅東小学校の2年生の時から野球を始め、学童野球チームの「ニューヤンキース」に所属していました。

瑞光中学時代は学校の野球部ではなく、東淀川区の野球チーム「大阪柴島ボーイズ」に所属し、中学1年と2年の時には全国大会へ出場しています。

履正社に入学してからは、1年生の秋から控えとしてベンチ入りし、2年生の夏の大阪府大会で夏の大会デビューを果たし、3年生になる春の選抜大会で、背番号を1をつけてマウンドに上がっています。

続く3年生の夏の予選は背番号10で挑み、決勝の大阪桐蔭戦で3安打7奪三振、3対0の完封勝利を収めています。

広告の下にコンテンツが続きます…。

福田幸之介(履正社)の母親の言葉が愛!

福田幸之介,履正社,ドラフト,中学,母親
出典元:Twitter

福田幸之介選手の母親の名前は福田寿子さん(43)です。

決して順風満帆ではなかった福田幸之介選手に、母・寿子さんは「心を折らずに今頑張れたら、けがが治った後にもっと頑張れる」と言葉をかけたそうです。

福田幸之介選手は母のその言葉を支えに、これまで頑張ってきたと言います。

層の厚い履正社の投手陣は、福田幸之介選手以外に、左腕でエースの増田壮選手(3年)速球派で右腕の今中巧選手がおり、3投手は入学直後からエースの座を巡って、切磋琢磨してきました。

しかし、他の2人は1年生の夏からベンチ入りしていますが、福田幸之介選手は1年の秋からだったため「何で俺だけ入れへんのやろう~」と思っていたとか。

同じ大阪府内には、全国屈指の好投手である大阪桐蔭の前田悠伍選手がいるため、福田幸之介選手は「“何とかして勝ちたい”と、周りの左ピッチャーと自分をいつも比べてた」と話しています。

そんな中で、福田幸之介選手は昨年夏の大阪府大会で肩を痛めてしまい、ライバルたちがマウンドで活躍する姿を見て、嬉しい反面「内心は苦しかった」そうです。

広告の下にコンテンツが続きます…。

スポンサーリンク

その時に母親から心に残る言葉をかけられた福田幸之介選手は、怪我を治し、「エースになるためには、今まで以上に頑張らなければならない」と決意し、冬の時期は強い体と体力づくりのために、誰よりもトレーニングに励んできました。

その努力が実り、最速140㎞だった直球は、2月に145㎞、3月には147㎞を記録しています。

そんな福田幸之介選手が思い描く履正社のエース像は「他のピッチャーとは違う、圧倒的な投球をする存在」としています。

福田幸之介選手は夏の甲子園に向けて「まだまだ足りない部分が多いですが、成長した強気の真っ直ぐを見て欲しい」と意気込みを語っています。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々話題となりそうな福田幸之介選手を、引き続き注目していきたいと思います。