稲見萌寧のコーチやキャディは誰?パッティングが強さの秘密!

稲見萌寧,コーチ,キャディ,パッティング,プロフィール スポーツ
スポンサーリンク

【2021年8月7日追記】

2021年8月7日、稲見萌寧プロは東京オリンピックで、日本勢初の銀メダルを獲得しました。

おめでとうございます!


東京オリンピックに出場し、2021年に入ってすでに6勝している稲見萌寧プロの活躍が、注目されていますね。

その稲見萌寧プロのコーチやキャディは誰?どうしてそんなに強いの?と思う人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・稲見萌寧プロのコーチやキャディは誰?
・稲見萌寧プロの強さの秘密はパッティング!
・稲見萌寧プロのプロフィール

の3つのポイントに沿って、稲見萌寧プロをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

稲見萌寧のコーチは誰?


引用元:朝日新聞


稲見萌寧プロのコーチを務めているのは、奥嶋誠昭コーチです。

奥嶋誠昭コーチは、「ノビテックゴルフスタジオ」に所属するツアープロコーチ&GEARSマスターインストラクターです。

2015年からノビテックゴルフスタジオでレッスンを始め、2018年からツアープロコーチとして選手の帯同を始めています。

2018年に帯同した選手は、一ノ瀬優希プロ、鬼道桜プロ、谷原秀人プロ

2019年に帯同した選手は、稲見萌寧プロ、高橋彩香プロ

2020年に帯同した選手は、 稲見萌寧プロ、高橋彩香プロ、木下陵介プロ

奥嶋誠昭コーチが所属しているノビテックゴルフスタジオは、海外の最先端テクノロジーを有する電子機器の輸入を元に、オリジナル製品の開発からシステム提案・レンタル業務、計測請負業務をおこなっている会社です。

奥嶋誠昭コーチの特徴は、バイオメカニクスと物理を元に、個々の要望にあったスイング形成を行う事です。

GEARSマスターインストラクターとして、ゴルフスイング解析専用システム「GEARS(ギアーズ)」により、高い精度と豊富な解析項目で、ゴルフスイングの分析と指導が強みです。

(参考情報: ノビテックゴルフスタジオ

・名前:奥嶋 誠昭(おくしま ともあき)
・出身地:神奈川県
・生年月日:1980年3月26日(41歳)
・高校:堀越高等学校
・JGTOツアープレーヤー
・GEARSインストラクター
・サムパットラボ レベル1
・フライトスコープ プロフェッショナル
・ドクターウォンバイオメカニクス レベル1

次では、稲見萌寧プロのキャディを見ていきたいと思います。

稲見萌寧のキャディは誰?


引用元:みんなのゴルフダイジェスト


稲見萌寧プロのキャディーは、奥嶋誠昭コーチがキャディも務めることが多いようです。

そもそも、プロゴルファーはどうやってキャディを決めるのでしょうか?

・プロキャディーを雇う
・ゴルフ場に専属で務めるハウスキャディを雇う
・プロ仲間、先輩後輩、家族、友人など知り合いを頼む

というのが一般的です。

プロゴルファーは、トーナメントにおいて、プロキャディだけでなく、コースを熟知したハウスキャディも選ぶことができます。

プロキャディを専属で雇っているプロゴルファーも多いですが、新しいコースや海外のコースでは、ハウスキャディを雇う方が芝目を熟知しているので有利と言えます。

トーナメントの場所などにより、キャディの選択は変わるようですね。

稲見萌寧 の強さの秘密はパッティング!


引用元:ALBA.net


稲見萌寧プロの最近の勝負強さの秘密は、パッティングにあるようです。

早速、見ていきたいと思います。

強さの秘密①:右腕のポジション


引用元:nippon.com


2021年に入って圧倒的な強さを誇る稲見萌寧プロですが、強さの秘訣はパッティングが劇的に良くなったからだと奥嶋誠昭コーチが語っています。

開幕直前に、稲見萌寧プロは、パッティングの時の右腕のポジションを変えています。

変更前は、脇を締めて、右腕を身体に引っ付けるようにしてストロークをしていましたが、クロスハンドで握る稲見萌寧プロには窮屈になり、上手く思うようにストロークが出来なかったそうです。

そこで、右腕を身体から少し離して打つようにしてみたら、ストロークが安定し、自分の思う所へ打てるようになってきたと感じているようです。

さらに「ラインの読み鋭くなった」という奥嶋誠昭コーチは、パッティングの精度があがったことで、不安で厚めに読んでいたラインも、より薄く読めるようになっていると語っています。

少しの変化で、大きく勝利に関わってくるので、きめ細かいフォームの分析も非常に大切ですね。

[ad]

強さの秘密②:テーラーメイド「トラス」パター


引用元:みんなのゴルフダイジェスト


稲見萌寧プロの好調の理由の一つに、愛用のテーラーメイドの「トラス」パターが上げられます。

「トラス」パターは、プロの愛用者がとても多いそうです。

「トラス」パターは、橋などで使われる「トラス」という、三角形の集合体で作られる構造をネック部分に採用しています。

一見、ブレードタイプに見えますが、マレットタイプのような直線安定性があるのが特徴のモデルです。

「トラス」パターには、クランクネックの「TB1」センターシャフトタイプの「TB2」があり、稲見萌寧プロはTB1を使用しています。

「トラス」パターは、元々、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンの為に作られたパターと言われており、ブレードタイプが好みなのに、マレットタイプの方が結果がでたからだそうです。

見た目はブレードでも、機能はマレットという、いいとこどりのパターだと、とても好評のようです。

稲見萌寧のプロフィール


引用元:THE ANSWER


稲見萌寧選手のプロフィールをまとめてみましたので、ご覧下さい。

・本名:稲見 萌寧(いなみ もね)
・国籍:日本
・出身地:東京都豊島区
・生年月日:1999年7月29日(21歳)
・身長/体重:166㎝/58kg
・血液型:A型
・家族構成:父・母・本人
・出身小学校:豊島区立池袋第二小学校
・出身中学校:千葉市立千城台南中学校
・出身高校:日本ウェルネス高等学校
・出身大学:日本ウェルネススポーツ大学(在学中)
・在籍チーム:都築電気
・趣味:音楽鑑賞
・好きな色:水色
・スポンサー
 ボール:ブリヂストン
 ウエア:ニューバランス
 シューズ:ニューバランス
【SNS】
・公式Instagram:mone173.golf

いかがでしたでしょうか?

非常に好調な稲見萌寧プロが今年どれだけ勝利を重ねるのか、とても楽しみですね。

今後も、稲見萌寧プロの活躍に注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました