萩原京平のタトゥーの意味は何?昔は半グレだった!?兄弟は野球選手!

萩原京平,タトゥー,意味,昔,半グレ,兄弟,野球 格闘技
スポンサーリンク

2022年5月5日の『RIZIN LANDMARK vol.3』で、クレベル・コイケさんとの対戦が、注目されている萩原京平さん

萩原京平さんといえば、体中のタトゥーに目が向きますね。

そんな萩原京平さんのタトゥーにはある意味が込められているそうです。

そこで今回の記事では、

・萩原京平のタトゥーの意味
・萩原京平の昔
・萩原京平の兄弟
の3つのポイントに沿って、萩原京平さんについて、ご紹介したいと思います。
スポンサーリンク

萩原京平のタトゥーの意味は何?


出典元:Twitter

萩原京平さんはタトゥーがとても特徴的ですが、タトゥーの意味について、YouTubeチャンネル『ニートtokyo』でお話されていました。

萩原京平さんが初めてタトゥーを入れたのは18歳か19歳で、右腕がファーストタトゥーですが、右腕のタトゥーには意味はなく、自分の好きなものやデザイン、欲望だったりを全部絵に表わしています

しかし、胸に入れているタトゥーは、深い意味が込められています。


出典元:イーファイト

萩原京平さんの小学校からの親友で、大人になってもずっとつるんでいた友人が、事故で亡くなっています

その時、萩原京平さんも色々あって、死に目に会えず、お通夜やお葬式にも行けなかったそうです。

萩原京平さんが友人の死の報告を受けた時には、全ての行事が終わった後だったため、親友の死に実感が湧かなかったと話しています。

しかし、一番の親友のことを忘れないために、一番分かりやすい胸に、コウモリと歌の歌詞のタトゥーを入れました。

昔の人が、「コウモリ」は死んだ人を表わしていたそうで、そのコウモリを胸の中心に入れ、コウモリの周りに歌の歌詞を入れて、親友に向けてメッセージを送っているそうです。

その亡くなった友人は、萩原京平さんが「格闘技を真剣にやる」と報告した時も、とても応援してくれていたので、今、一緒に戦っている気分になれるようです。

萩原京平さんは、その他にも脚や背中にもタトゥーが入っていますが、それは深い意味は考えておらず、かっこいいデザインやかわいいデザインがあれば、入れていってるそうです。

タトゥーを入れてもらっている店は、大阪の『DESPERADO(デスペラード)』というタトゥースタジオだと明かしていました。

続いては、萩原京平の昔は半グレだった噂について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

萩原京平は昔は半グレだった!?


出典元:Instagram@k12_smoker

萩原京平さんのタトゥーから連想されたのか、「昔は半グレだった⁉」と言われていましたね。

愛称も「アンダーグラウンドエンペラー」と言われ、直訳すると「地下皇帝」となんともブラックな雰囲気があります。

萩原京平さんは大阪府豊中市の出身です。

豊中市は広くて「下町」と「上町」と呼ばれるところがあって、下町の方はめちゃくちゃ治安が悪いのですが、萩原京平さんはその下町の出身だとか。

そんな萩原京平さんの子供の頃は、体を動かすのが好きでよく外で遊び、活発な子供だったそうです。

運動神経はそんなに良くない方だと思っているけど、球技は昔から何をやっても基本全部上手かったと話しています。

一番得意な球技は野球で、その他にサッカー、ラグビー、卓球、バドミントンもめちゃくちゃ上手いそうです。

萩原京平さんは、小さい頃から喧嘩に明け暮れていたようなイメージを持たれ気味ですが、スポーツ少年だったとは意外ですね。

そんなスポーツ少年の萩原京平さんが格闘技を始めたのは、中学生の時で、地元にジムができたそうです。

そこは「地下格闘技系」のお兄さん達がよく集まるジムで、24時間開放されリングやシャワールームも使い放題だったため、自然と友人らとの溜まり場になっていたとか。

そこで、友人らとスパーリングトーナメントをして遊んいて、地下格闘技系のお兄さんらが色々と教えてくれてたのが、萩原京平さんの格闘技の始まりだそうです。

スポンサーリンク

その後、一緒にやっていた友人が、地下格闘技の大会に出たのをきっかけに、萩原京平さんも17歳頃に初試合に出てから、鬼のスパンで試合をし、覚えているだけで20戦しているとか。

萩原京平さんが通っていた無料開放ジムでは、日中行くとホームレスがシャワーを浴びていることもあり、育った地域が下町で変な人が多く、そういった所から刺激を受けて成長してきたと話しています。

萩原京平さんが通っていたジムのメンバーは、半グレの人が多かったかも知れませんが、萩原京平さん自身学生時代は格闘技に夢中だったようで、決して半グレではありませんでした。

萩原京平の兄弟は野球選手!


出典元:Instagram@k12_smoker

萩原京平さんは男三人兄弟で、兄と弟がいます。

昔から三人ともずっと野球をやっていて、兄と弟は甲子園の出場経験があり、しっかり高校球児をしていたそうです。

萩原京平さんの兄の名前は、萩原悠右(はぎわら・ゆうすけ)さんで、弟の名前は、萩原誉人(はぎわら・たかと)さんです。

悠右さんと誉人さんは、大阪から山形県鶴岡市にある私立の、鶴岡東高等学校に進学しています。

兄・悠右さんは2011年の夏の甲子園4番で出場し、弟の誉人さんは2015年の夏の甲子園に出場しています。


出典元:高校野球ドットコム

兄の悠右さんは高校卒業後、桜美林大学へ進学し、現在は社会人となって野球を続けていらっしゃるようです。


出典元:Twitter
弟:誉人さん

弟の誉人さんは高校卒業後、東京情報大学へ進学し、現在は社会人になっています。

三兄弟のが画像を見るとよく似てらっしゃいますね。

名前:萩原 京平(はぎわら・きょうへい)
出身地:大阪府豊中市
生年月日:1995年12月28日(26歳)
身長/体重:178㎝・66kg
階級:フェザー級
所属:SMOKER GYM

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される萩原京平さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました