ヤンヤガンブレットの筋肉がスゴイ!【画像】身長やプロフィールをご紹介

ヤンヤガンブレット,筋肉,身長,プロフィール スポーツ
スポンサーリンク

ヤンヤガンブレット選手は、スロベニアのロッククライマー兼スポーツクライマーで、欧州で最も高い360mの煙突に登り、話題となった人物です。

日本代表の野口啓代選手も絶賛するヤンヤガンブレット選手ですが、筋肉がすごい!綺麗!と、多くの声が上がっています。


引用元:Climers


そこで、今回の記事では、

・ヤンヤガンブレット選手の美しい筋肉画像大公開

・ヤンヤガンブレット選手のプロフィールをご紹介

のポイントに沿って、ヤンヤガンブレット選手をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ヤンヤガンブレットの筋肉がスゴイ!【画像】

ヤンヤガンブレット選手の素晴らしい筋肉の画像を集めてみましたので、ご覧下さい。


引用元:Pinterest


引用元:Olympics


引用元:CLIMING


ヤンヤガンブレット選手の小さい頃からクライミングで鍛え上げられた、背筋や腕の筋肉が、とても綺麗でカッコ良く、憧れますね!

次では、ヤンヤガンブレット選手のプロフィールを見てみたいと思います。

[ad]

ヤンヤガンブレットの身長やプロフィールをご紹介


引用元:Instagram@janja_garnbret


ヤンヤガンブレット選手は、身長164㎝で体重47kgととてもスリムな体型です。

そんなヤンヤガンブレット選手が、数々のチャンピオンを獲得してきた経歴を、見てみたいと思います。

ヤンヤガンブレット選手は6歳か7歳の時にクライミングを始めています。

その前から、木登りやクローゼット、ドアなどに登っていたそうです。

ヤンヤガンブレット 選手 が住んでいたスロベニグラデクには、プロモーション用のウォールがあり、本物のクライミングをするべきだと誘われてクラブに参加し、本格的なクライミングを始めています。

スポンサーリンク

クラブに参加してから1年後に、ベレニアにあるクラブに移り、現在のナショナルチームのコーチであるゴラズド・フレン氏と共にトレーニングをしていました。

最初は、ジムでのクライミングしか知らなかったヤンヤガンブレット 選手 ですが、本当に岩を登るクライミングを知り、ロッククライミングがとても好きになり、プレッシャーを感じることなく、心からクライミングを楽しめると感じたそうです。

ヤンヤガンブレット 選手は、8歳で全国大会に初めて出場し、2013年(当時14歳)ヨーロッパユース選手権に出場し、ボルダリングで優勝をしています。

2014年(当時15歳)で、世界ユースB選手権に出場し、リードコンペティションでも国際タイトルを獲得しています。

[ad]

16歳になった直後、2015年7月からはシニアカテゴリーに出場し始め、それ以来34のリードワールドカップに出場し、表彰台を逃したの4回だけという、偉業を成し遂げています。

以降、ヤンヤガンブレット選手は、ワールドチャンピオンシップで金メダル6回(リード2回・ボルダリング2回・コンバイン2回)と銀メダル1回(リード)を獲得し、ヨーロピアンチャンピオンシップでも金メダル1回(コンバイン)と銀メダル2回(リード1回・ボルダリング1回)を獲得しています。

2021年は、4月にマイリンゲンで行われたIFSCクライミングワールドカップシーズンを、勝利してスタートさせています。

[ad]

ヤンヤガンブレット選手のプロフィールをまとめてみましたので、ご覧下さい。

・本名:ヤンヤ・ガンブレット(Janja Garnbret)
・国籍:スロベニア
・出身地:スロベニグラデク
・生年月日:1999年3月12日(22歳)
・身長/体重:164㎝/47kg
・職業:プロロッククライマー
・スポンサー:adidas,triglav,CAMP,RHiNO,AH Klemencic
・公式ホームページ:Janja Garnbret
・公式Instagram:janja_garnbret
・公式Facebook:Janja Garnbret

[ad]

まとめ


引用元:Instagram@janja_garmbret

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、

・ヤンヤガンブレット選手の美しい筋肉画像

・ヤンヤガンブレット選手のプロフィール

をご紹介してきました。

ヤンヤガンブレット選手、今、世界で最も競争力の強いクライマーとして、脚光を浴びている選手です。

東京オリンピックでの活躍にも、注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました