嘉島陸の子役時代のドラマと映画!【画像】演技の評判や復帰の理由は?

嘉島陸,子役時代,ドラマ,演技,復帰理由 エンタメ
スポンサーリンク

嘉島陸さんは、子役時代に「嘉数一星」の名前で活躍していた俳優です。

子役時代に出演していたドラマでは、素晴らしい演技力が注目を集めていました。

そんな嘉島陸さんが青年となって新しい役柄に挑戦し、新たな活躍が話題となっています。

そこで今回の記事では、

・嘉島陸の子役時代のドラマと映画!【画像】
・嘉島陸の演技の評判は?
・嘉島陸の復帰の理由は何?

の3つのポイントに沿って、嘉島陸さんの子役時代を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

嘉島陸の子役時代のドラマと映画!【画像】


出典元:Instagram@riku_kashima_official

名前:嘉島 陸(かしま・りく)
旧芸名:嘉数 一星(かかず・いっせい)
出身地:沖縄那覇市
生年月日:1998年11月12日(23歳)
身長:174㎝
血液型:O型
職業:俳優
所属事務所:セブンスアヴェニュー

嘉島陸さんは沖縄県那覇市出身で、小学校の入学前に父親の転勤で、千葉県へ引っ越しをしています。

2005年(当時7歳)に、「ABCマートイメージモデルオーディション」でグランプリを獲得し、デビューをしています。

そして、嘉島陸さんは、ジョビィキッズプロダクションに所属し、当時は「嘉数一星」の名前で、子役として活動をしていました。

嘉島陸さんの子役時代に出演したドラマを、ピックアップしてみましたので、ご覧下さい。

子役時代のドラマ①:流星の絆

嘉島陸,子役時代,ドラマ,演技,復帰理由

ドラマ『流星の絆』は、2008年に放送された、東野圭吾さんの小説をドラマ化した作品です。

幼少期に両親が惨殺され、過酷な運命を背負った三兄弟が詐欺を働きながら生計を立て、14年後に真犯人に復讐をするという物語です。

主演は二宮和也さんで、嘉島陸さん(当時10歳)は、錦戸亮さんが演じる次男・有明泰輔の幼少期で出演しています。

子役時代のドラマ②:アイシテル~海容~

嘉島陸,子役時代,ドラマ,演技,復帰理由

ドラマ『アイシテル~海容~』は、2009年に放送された、日本の漫画をドラマ化された作品です。

このドラマは、国際ドラマフェスティバル in TOKYO2009の作品賞グランプリと、ギャラクシー賞奨励賞を受賞しています。

主演は稲森いずみさんで、嘉島陸さん(当時11歳)は、稲盛いずみさんが演じる主人公・野口さつきの息子・野口智也役で出演しています。

少年が少年を殺すという悲劇的な事件が題材となっており、嘉島陸さんは加害者役を演じ、注目を浴びました。

また、嘉島陸さん(当時13歳)は、2011年のスペシャルドラマ版『アイシテル~絆~』にも、向井理さん演じる森田智也の幼少期で、出演しています。

スポンサーリンク

子役時代のドラマ③:NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』

嘉島陸,子役時代,ドラマ,演技,復帰理由

NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』は、2011年に放送されており、江戸幕府第二代将軍・徳川秀忠の妻・江の歴史を描いたドラマです。

主演は上野樹里さんで、嘉島陸さん(当時13歳)は、向井理さんが演じる徳川秀忠の幼少期役で、出演しています。

子役時代の映画①:ヒカリサス海、ボクノ船

嘉島陸,子役時代,ドラマ,演技,復帰理由

映画『ヒカリサス海、ボクノ船』は、2008年の公開されており、主演の仁科仁美さんが演じる大学生・奈々子が、自分の心の闇や過去と向き合い、ヒカリサス海を目指して探すヒューマンストーリーです。

嘉島陸さん(当時10歳)は、主人公・奈々子の弟・内海達也役で、出演しています。

子役時代の映画②:仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル

嘉島陸,子役時代,ドラマ,演技,復帰理由

映画『仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブルfeat.スカル MOVIE対戦CORE』は、2010年に公開されています。

嘉島陸さん(当時12歳)は、桐山漣さん演じる左翔太郎(仮面ライダーW)の幼少期で、出演しています。

嘉島陸の演技の評判は?


出典元:Instagram@riku_kashima_official

嘉島陸さんは、沖縄へ帰る為に一旦芸能界を引退し、2018年に復帰をしています(理由は後述します)。

復帰後は、ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』『家政夫のミタゾノ』『教場』『セイレーンの懺悔』『警視庁・捜査一課長』『SUPER RICH』などに、出演をしています。

子役時代はシリアスな役柄多かった嘉島陸さんですが、『SUPER RICH』はオーディションで出演を射止めています。

オーディションを勝ち抜いての役を獲得してるので、やはり演技力が買われたことは間違いないですね。

子役時代とは違った役柄に初挑戦し、役者としての幅を広げていると言われています。

嘉島陸さんは、

まだまだ現場に入る時は緊張するし、未熟な部分が沢山あるけれど、相手のお芝居をちゃんとみるように意識しています。

引用元:サンスポ

と、コメントしています。

また、7年振りに復帰したドラマ『花のち晴れ』では、共演者の中川大志さんからも、芝居のアドバイスをもらっていたそうです。

台詞の覚え方について「イメージせずに覚える」というのは勉強になりましたし、そうだなと思えました。杉咲花さんも同じことを話されていたので、やっぱりそうなんだって。参考になりましたし、今後に活かしていきたいです。

引用元:モデルプレス

と、演技の勉強もしっかりと意識してされているようです。

また、嘉島陸さんは、今後演じたい役柄の一つは「バスケット選手」を挙げ、「作品ごとに少しでも成長して、人間性の面でも尊敬される役者になりたい」とも語っています。

色んな役を経験することで、とても味のある俳優さんに成長していきそうですね!

スポンサーリンク

嘉島陸の復帰の理由がコード・ブルー!

嘉島陸,子役時代,ドラマ,演技,復帰理由
出典元:Yahooニュース

嘉島陸さんが芸能界へ復帰をしようと思ったきっかけは、山下智久さん主演の医療ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』を見て、心を動かされたからだと言います。

嘉島陸さんは、ドラマ『アイシテル』を最後に、芸能界を引退しています。

理由は、嘉島陸さんの中学校進学を機に、一家で沖縄に戻ることになり、ご両親も「普通の生活をさせてあげたい」という意向もあったと言います。

嘉島陸さんは、中学高校時代はバスケットボールに打ち込み、高校ではキャプテンも務めていたそうです。

高校生の頃に、現在所属するセブンスアヴェニューから声を掛けてもらっていますが、部活に夢中で芸能界へ戻ることは考えてなかったそうです。

スポンサーリンク

その後、大学へ進学をしており、「部活動でバスケを指導したい」と、教員の免許も取得したそうです。

今後の進路に悩んでいた時に、『コード・ブルー』を見て、「演技で人を感動させる仕事はすごいなと、成長して分かるようになった。やらないで後悔するより、やってみて考えたい」と思ったと言います。

そして、2017年の誕生日にスカウトし続けてくれた、セブンスアヴェニューへ連絡し、2018年2月に事務所に所属しています。

更に、嘉島陸さんは、「子役時代もリセットしてスタートしたい」と芸名も変えています。

復帰後は、沖縄の大学に通いながら東京を往復し、ドラマなどに出演をして活動しています。

いかがでしたでしょうか?

子役時代はリセットし、新境地を求め芸能界復帰を遂げた嘉島陸さんを、今後も引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました