木下富美子都議の学歴と経歴は?元博報堂社員でシングルマザー!?

木下富美子,都議,学歴,経歴,博報堂,シングルマザー 政治家
スポンサーリンク

木下富美子都議は、東京都議会議員2期目で、無所属の政治家です。

7月に、無免許運転で当て逃げ事故を起こして書類送検されて以来、4か月ぶりに公の場に姿を現し、「辞職しない」と説明をし、話題となっています。

そんな木下富美子都議の、学歴や経歴が気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・木下富美子都議の学歴は?
・木下富美子都議の経歴は元博報堂社員!
・木下富美子都議はシングルマザー⁉

の3つのポイントに沿って、木下富美子都議の学歴や経歴を、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

木下富美子都議の学歴は?

木下富美子都議の出身高校

木下富美子都議は、名古屋市立富士見台小学校名古屋市立千種台中学校を卒業し、高校は名古屋市昭和区にある、名古屋市立向陽高等学校を卒業しています。


出典元:良質賃貸

名古屋市立の高校では2番目に古い歴史ある学校で、生徒の自主・自立を尊重して、生徒会活動や部活動も積極的に行っています。

名古屋市立向陽高等学校の偏差値は69-71となっており、愛知県内では公立私立も合わせて5位、公立高校では3位の難関校です。

2006年からは、文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクールの指定を受けています。

向陽高等学校出身の著名人には、ノーベル物理学賞受賞の益川敏英氏、歌手の故・岡田有希子さん、作曲家の五島良子さんなどがおり、学者や漫画家などを多く輩出しています。

木下富美子都議の出身大学

木下富美子都議の出身大学は、東京都府中市にある国立大学の東京外国語大学言語文化学部スペイン語学科です。


出典元:四谷学院

東京外国語大学は、旧制東京外国語学校が前身で、東京大学や一橋大学など起源が同じ大学とされ、大阪大学(外国語学部)とは姉妹校となります。

東京外国語大学言語学部スペイン語学科の偏差値は60-65となっています。

東京外国語大学出身の著名人には、アナウンサーの夏目三久さん久保田智子さんや、タレントの光浦靖子さん、俳優の鈴木亮平さんを始め、多くのアナウンサーや政治家、学識者がいます。

木下富美子都議は、大学時代に1年間休学をしており、アルバイトで貯めたお金でスペインへ行き、マドリードでスペイン語とスペイン文化を学んで来たそうです。

更に、木下富美子都議は、全国通訳案内士の資格も取得しています。

全国通訳案内士とは、観光庁長官が実施する国家試験「全国通訳案内士試験」に合格して、報酬を得て通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、観光に関する案内を行うこと)を行うことを業とする職業。訪日外国人旅行者を相手にしたプロの観光ガイド。
引用元:Wikipedia

「通訳案内士試験」は難関国家資格の一つで、2019年の合格率は8.5%と発表されており、近年は更に難しくなっているようです。

木下富美子都議は、この難しい試験に合格していますので、語学力はかなり優秀なのではないでしょうか。

名前:木下 富美子(きのした ふみこ)
出身地:愛知県名古屋市
生年月日:1966年10月13日(55歳)
最終学歴:東京外国語大学スペイン語学科
所属:無所属
スポンサーリンク

木下富美子都議の経歴は元博報堂社員!


出典元:都民ファーストの会

木下富美子都議は、大学卒業後、1990年に株式会社博報堂へ入社しています。

そして、入社4年目の1994年から3年間は、香川県高松市へ転勤を経験しており、「女性転勤のはしり」だったと言います。

1999年には、出産と育児休暇を経て、博報堂の広報部へ復帰をしています。

木下富美子都議は、博報堂時代、公法的なコミュニケーションを通じて、人々の共感を経て、「世の中のムーブメントを作り上げていく」ということに、携わってきたそうです。

2003年には、「地ブランド」プロジェクト(地域ブランディングのプロジェクト)を立ち上げており、全国32カ所の街づくりや地域活性化に関わっています。

さらに、小池都知事が環境大臣だった時の「クールビズ」政策で、車内のプロジェクトチームの一員として活動していたそうです。

木下富美子都議が政治の世界に入るきっかけとなったのは、2012年-2014年の内閣府男女共同参画局への出向だと言います。

内閣府では、女性の活躍促進政策やダイバーシティ―政策の、企画立案を担当してこられました。

特に、女性の活躍推進がまだまだ十分ではない社会課題に、「より確実に早くアプローチしていきたい」と、政治の世界に飛び込もうと思ったと言います。

そして、2016年10月に小池都知事が主催する政治塾の「希望の塾」が開講されたのを機に、入塾しています。

木下富美子都議は、2017年7月に行われた都議選で板橋区から立候補し、1位で初当選しており、東京都議会議員に就任しています。

そして、2021年7月に行われた都議選で、投票数3位で再選しています。

しかし、投票日の翌日に、免許停止期間中の無免許事故が報道され、所属してた都民ファーストの会から除名処分を受けています。

木下富美子都議は、2期目当選直後から一度も公の場に姿を見せていないことを受けて、都議会には、木下富美子都議の除名を求める陳情が出されていると言います。

木下富美子都議はシングルマザー⁉


出典元:時事通信

木下富美子都議は、都民ファーストの会のインタビュー内で、シングルマザーであることを公言しています。

私自身もシングルマザーとして働きながら娘を育てているわけですけれども、身近なところからでも、子育て中のパパ・ママにとっていい環境をつくっていきたいですね。

引用元:都民ファーストの会

家族構成は、娘一人と猫がいるそうです。

博報堂の広報室に復帰する前に、出産と育児のために休職していましたので、お嬢さんの年齢は20歳前半かと思いますが、詳しい情報は公表されていません。

では、木村富美子さんの元旦那さんはどんな人なのかと調べてみましたが、こちらも情報は有りませんでした。

考えられるのは、元旦那さんとは「離婚」か「死別」かもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?

今後も話題となりそうな木下富美子都議を、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました