清塚信也の嫁(妻)は美人女優!娘は2人で父親母親と姉も音楽家⁉

清塚信也,嫁,妻,美人,女優,娘,父親,母親,姉 音楽
スポンサーリンク

音楽番組やコンサートだけではなく、バラエティー番組にも出演する、ピアニストの清塚信也さん

清塚信也さんは、クラシックコンサートでは異例の、長尺のMCタイムを取るほどお喋り好きで、面白いと評判です。

そんな清塚信也さんの嫁(妻)や家族はどんな人なのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・清塚信也の嫁(妻)
・清塚信也の娘
・清塚信也の父親・母親・姉

の3つのポイントに沿って、清塚信也さんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

清塚信也の嫁(妻)は美人女優!


出典元:乙黒えりオフィシャルブログ

清塚信也さんの嫁(妻)は、女優でタレントの乙黒えり(おとぐろ・えり)さんです。

清塚信也さんと乙黒えりさんは、2012年4月1日に結婚しています。

2010年頃から、知人の紹介で知り合い、乙黒りえさんも子供の頃にピアノを習っていたことから、意気投合し、交際に至ったそうです。

乙黒えりさんが、自身のブログで結婚の報告をしています。

ご報告

私事ではございますが、
この度、ピアニストの清塚信也さんと入籍いたしましたことを、ご報告させて頂きます。

まだまだ、未熟な私たちですが、これからの長い人生をお互いに助け合い、成長していきたいと思います。

これからも温かく見守っていただけたら嬉しいです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

乙黒えり

引用元:乙黒えりオフィシャルブログ


出典元:Instagram@ellyotoguro

乙黒えりさんは、タイのバンコク生まれで、1982年10月12日生まれの現在39歳です。

乙黒えりさんは、日本・タイ・イギリスの3つの国の血が混ざっている、マルチレイシャルです。

出生後、2年半ほどモロッコのカサブランカで過ごした後、日本へ帰国し、横浜雙葉学園青山学院大学文学部心理学科を卒業しています。

横浜雙葉学園時代にスカウトされ、2001年のテレビ朝日のオーディション番組で、4000人の中から選ばれ、香港映画『ザ・ステュワーデス』でデビューしています。

2004年のテレビドラマ『超星神グランセイザー』に出演以降は、『魔弾戦記リュウケンドー』や『仮面ライダーW』など、特撮作品に多数出演しています。

名前:乙黒 えり(おとぐろ・えり)
出身地:タイ・バンコク
国籍:日本
生年月日:1982年10月12日(39歳)
身長:165㎝
血液型:O型
職業:女優・タレント
ジャンル:映画・テレビドラマ
所属:オフィスメイ

清塚信也の娘は2人


出典元:Instagram@ellyotoguro

清塚信也さんと乙黒えりさんには、娘が二人います。

長女は2012年11月24日生まれで、現在9歳です。

次女は2015年4月16日生まれで、現在6歳です。

2人の娘の名前などは公表されていませんでした。

娘2人もピアノを習っているそうですが、清塚信也さんは「母があまりにも厳しかったため、(娘とは)師弟関係になりたくない」という理由から、教えていないそうです。

娘には甘やかすしか能がない父親です」と話しています。

スポンサーリンク

9歳の長女が「パパ聴いてよ」とピアノを弾くそうで、他のことから「100点!」と褒めるのですが、ピアノに関しては、プロとしてちゃんと評価するのがだと思って、正直に「今のだと55点」と言うそうです。

そしたら、長女は露骨に嫌な顔をしたとか。

また、学校でやってるドリルとかを持ってくるそうです。

長女は、清塚信也さんが幼い頃、「漢字も計算もするな!」と母親から教育を受けていたのを知っており、漢字ドリルを渡して、「パパ勝負!」と言って、コテンパンにやられるんだそうです。

長女からは、「パパは音符しか書けないんだね」と仕返しをされると言います。

清塚信也の父親母親と姉も音楽家⁉

清塚信也の父親と母親

清塚信也,嫁,妻,美人,女優,娘,父親,母親,姉

清塚信也さんは、父親は日本人で、母親は韓国人のハーフです。

父親と母親は、清塚信也さんが幼い頃に離婚されたそうです。

元々、両親が音楽が好きで、クラシックはよく家の中で流れていたそうです。

清塚信也さんの母親は、小さい頃にピアノかヴァイオリンをやりたかったが祖母に反対され、自分に子どもには学ばせたいと、清塚信也さんの姉にはヴァイオリンで、清塚信也さんにピアノを習わせています。

清塚信也さんは5歳の時からピアノを始め、母親の英才教育を受けてきました。

母親の口癖は、「今笑ってどうする、後で笑うんだ人生は」だったそうです。

スポンサーリンク

清塚信也さんは、ピアノのレッスンがあるからと、学校に行かせてもらえず友達もいなかったと言います。

また、母親から、「ピアノ以外は勉強しなくていい。漢字や計算は雑念だと思え。宿題なんか絶対するな。」と言われて育ってきたとか。

その為、清塚信也さんは、今でも掛け算や割り算ができないそうです。

小学6年生の時には、1日10時間以上ピアノの練習をしていたと言います。

母親は清塚信也さんに、「サントリーホールに出るようなコンサートピアニストになりなさい。それを夢見なさい。だから今は歯を食いしばって頑張るの」と言ったいたそうです。

マンションの窓から、公園で野球をしている同級生を見ていた清塚信也さんを見て、母親が慰めてくれるのかと思ったら、「かわいそうだね。あの子たちはサントリーホールに立てないんだよ」と言ったとか。

さすがに清塚信也さんは、「やべぇなうちの母親」と思ったそうです。

清塚信也さんの母親は、かなりスパルタ教育をしてきたのですね。

清塚信也の姉はバイオリニスト


出典元:Facebook@清塚美耶

清塚信也さんの姉は、清塚美耶さんで、ヴァイオリニストです。

年齢は2歳上ですので、現在、41歳か42歳となります。

姉の美耶さんもまた母親の英才教育を受け、3歳からヴァイオリンを始めています。

スパルタ教育を受ける姉弟は、何か気晴らしをしないと生きていけないと思い、持ち前の絶対音感を使って、母親の留守を見計らって遊んでいたそうです。

当時の事を清塚信也さんが、次のように話しています。

姉は、みや。僕はしんやと名前の中にドレミ音の「ミ」、僕は「シ」があるんです。見張り番が母の足音とかを聞きつけたら“来たよ”って言うのは怖いので、姉へはミ・ド・ミ・ドって弾くんです。僕にはシ・ソ・シ・ソって。その信号を出し合って母の監視を潜り抜けていました。

引用元:livedoorニュース
スポンサーリンク

清塚信也さんの姉・清塚美耶さんの経歴は、次の通りです。

・1980年生まれ。3歳よりヴァイオリンを始める。
・桐朋学園付属「子どものための音楽教室」で学ぶ
・1996年 桐朋学園女子高等学校 入学
・1997年 長野アスペン音楽祭参加
・1998年 毎日学生音楽コンクール 高校の部 入選
・1999年 桐朋学園大学 入学
・2003年 大学を中退し、アメリカへ留学し、2年間研鑽を積む
・帰国後、洗足フィルハーモニー管弦楽団に所属
・ストリングスアーティスト・スタジオミュージシャンとして活動中

清塚美耶さんは、弟の清塚信也さんのコンサートにも、参加されたことがあるそうです。

幼い頃から音楽漬けの環境で共に頑張って来た姉弟は、一層絆が強くなったでしょうね。

姉と弟の仲の良さが伝わってきます。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される清塚信也さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました