小須田潤太のイケメン画像!結婚や彼女はいる?wikiプロフィール

小須田潤太,イケメン,画像,結婚,彼女,wiki,プロフィール スポーツ
スポンサーリンク

北京パラリンピックのパラスノーボードに出場する、小須田潤太(こすだ・じゅんた)さん。

小須田潤太さんは、2021年夏の東京パラリンピックに、パラ陸上で初出場しており、イケメンでかっこいい!と話題となりました。

そんなイケメンの小須田潤太さんのイケメンぶりや、結婚や彼女についても、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・小須田潤太のイケメン画像
・小須田潤太の結婚・彼女
・小須田潤太のwikiプロフィール

の3つのポイントに沿って、小須田潤太さんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

小須田潤太のイケメン画像!

東京パラリンピックのパラ陸上に出場した小須田潤太さんが、めっちゃイケメン!と話題になっていました。

そんな小須田潤太さんのイケメン画像を集めてみましたので、ご覧下さい。


出典元:Twitter


出典元:Twitter


出典元:Twitter


出典元:Twitter


出典元:Twitter

Tシャツ姿、スーツ姿、スノーボードと、どのシーンを取ってもイケメンですね!

こんなイケメンの小須田潤太さんを、女性が放っておく訳がないですが、結婚や彼女はいるのか、次で見ていきたいと思います。

小須田潤太は結婚や彼女はいる?


出典元:オープンハウス

イケメンで現在30歳の小須田潤太さんですが、結婚についてや、彼女とのツーショット画像などは、全く公表されていませんでした

ところが、ブログ読者さんからの情報によりますと、小須田潤太さんは結婚していて、奥様は小学校の先生をしているとのことです。

お子さんがいるのかどうかは、分かりませんでした。

夏と冬のパラリンピックに出場できる小須田潤太さんですので、奥様は食事や生活面はもとより、精神的サポートをしっかりされているのでしょうね。

また、詳しい情報が分かりましたら、お知らせしたいと思います。

続いては、小須田潤太さんの経歴などを、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

小須田潤太のwikiプロフィール!

出生から事故


出典元:LINE NEWS

小須田潤太さんは、埼玉県所沢市の出身で、1990年10月5日生まれの現在31歳です。

小須田潤太さんは両親と、兄・弟・妹2人の5人兄弟の大家族で育ち、小学生から中学まではサッカーをしていますが、真剣に打ち込むわけでもなく、高校に入ってすぐやめています。

適当に選んで進学した大学も2年生で中退し、契約社員として引越し業者で働いていました。

2012年3月31日、21歳の時に小須田潤太さんは、勤務先の引越し業者の繁忙期に、疲れから居眠り運転をし、電柱に激突

気付くとトラックは横転し、小須田潤太さんの右脚の膝から下が無くなっていました。

小須田潤太さんが事故当時のことを、次のように回想しています。

『ああ、やっちゃった……』と思いましたね。病院のベッドで寝ている僕の前で弟が涙を流しているのを見て、『なんでおまえが泣くんだよ』と僕は涙をこらえました。

LINE NEWS

小須田潤太さんは、入院中に理学療法士からスポーツを勧められたそうですが、その時はやる気になれなかったと言います。

運命を変える出会い


出典元:デイリースポーツ

小須田潤太さんは退院後、2013年1月に事務職として元の引越し業者へ復帰していますが、義足に違和感を覚え、松葉杖で生活をしていました。

そんな時、理学療法士の誘いで、2015年8月の義足のランニングクリニックに参加し、小須田潤太さんの運命を変える出会いがありました。

ランニングクリニックで講師を務めていたのが、パラリンピックのメダリストで、日本のパラ陸上の第一人者の山本篤さんでした。

小須田潤太さんは山本篤さんと出会った時のことを、次のように話しています。

篤さんが義足をつけた走りを一から教えてくれたんですが、ホントにカッコよかった。2カ月後に『埼玉行くから一緒に練習しよう』と連絡をもらってトラックに立ったとき、陸上をやるべきか迷っていた僕のなかで完全にスイッチが入った。『この人に勝ちたい』と本気で思いました。

LINE NEWS

当初、本格的に競技を始めたかった小須田潤太さんでしたが、競技用の義足は70~80万円ほどかかるため、二の足を踏んでいたと言います。

スポンサーリンク

そんな時に山本篤さんに「一緒に練習しよう」と連絡をくれ、山本篤さんが以前使っていた義足を借りて走ってみたそうです。

それから半年後には、小須田潤太さんは100mと200mで上位に食い込めるようになり、本格的に競技に専念するために、2016年9月に全面支援してくれる、現在所属のオープンハウスへ転職しています。

さらに、「大阪体育大学にいる山本篤さんと一緒に練習したい」という気持ちから、埼玉から大阪へ単身赴任をしています。

そして、ついに小須田潤太さんは、2021年夏の東京パラリンピックに出場を果たし、100mと走り幅跳びに出場。

走り幅跳びで、小須田潤太さんは自己記録を更新し、7位の成績を残しています。

二刀流を目指して


出典元:NHK

小須田潤太さんはパラ陸上と、パラスノーボードの二刀流を目指しています。

スノーボードでパラリンピックを目指すようになったのも、山本篤さんがきっかけだと言います。

小須田潤太さんは、2017年2月に山本篤さんがスノーボードにも挑戦するというニュースを聞いて、「自分もやる!」と決意したとか。

小須田潤太さんのスノーボードの経験は、事故前に家族で年に1回やる程度でしたが、スノーボード用の義足を購入し、2018年2月には国内の大会へ出場しています。

その後、強化選手に選ばれ、山本篤さんを追って、二刀流を目指しています。

最後に、小須田潤太さんが山本篤さんについて、次のように述べています。

陸上もスノーボードも篤さんの姿を見て始めているので、ほんとに篤さんの存在は大きいですし、篤さんに勝ちたいというところが競技に入っていったきっかけでもあるので、なんとか両方突き進めていきたいですね。

NHK

小須田潤太さんは、山本篤さんが果たせなかった、冬季パラリンピックでのメダル獲得を目指しています。

名前:小須田 潤太(こすだ・じゅんた)
出身地:埼玉県所沢市
生年月日:1990年10月5日(31歳)
所属:オープンハウス

★他のパラスノーボード代表選手に関する記事は、こちらをご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

北京パラリンピックで小須田潤太さんがどんな活躍を見せてくれるのか、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました