くどうれいん(工藤玲音)の大学や高校はどこ?どんな本があるの?

くどうれいん,工藤玲音,大学,高校,本 ライフ
スポンサーリンク

第165回芥川龍之介賞の候補作が発表され、くどうれいんさんの「氷柱の声」や、一穂ミチさんの「スモールワールズ」などの作品が決まり話題となっています。


芥川賞の候補作に選ばれているくどうれいんさんってどんな経歴?他にどんな本があるのかな?と気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・くどうれいん(工藤玲音)の大学や高校はどこ?
・くどうれいん(工藤玲音)の本の紹介

のポイントに沿って、くどうれいんさんをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

くどうれいん(工藤玲音)の大学や高校はどこ?


Photo by Aaron Burden on Unsplash


第165回芥川龍之介賞の候補作に選ばれた「くどうれいん」さんが、どんな学歴か気になりますよね!

早速、くどうれいんさんの大学や高校はどこなのか見ていきたいと思います。

くどうれいん(工藤玲音):大学は?


引用元:宮城大学


くどうれいんさんの出身の大学は、公立の宮城大学事業構想学部です。

宮城大学の偏差値は、45.0~50.0となっています。

宮城大学には、看護学部、事業構想学部、食産業学部の3つの学部があり、各分野において高度で専門的で実践的能力を身に着けることを目的としたカリキュラムが作られています。

くどうれいんさんは、大学入学後短歌会に所属しています。

2018年にくどうれいんさんは、句文集「私を空腹にしないほうがいい」を刊行しています。

大学卒業後、実家のある盛岡に戻り会社員をしながら、執筆活動をしています

くどうれいん(工藤玲音):高校は?


引用元:みんなの高校情報


くどうれいんさんの出身高校は、岩手県立盛岡第三高等学校です。

岩手県立盛岡第三高等学校は、偏差値64(岩手県下3位)です。

盛岡第三高等学校出身の有名人には、小山悠里アナウンサーや赤平大アナウンサーなどアナウンサーの人が多いようです。

くどうれいんさんの出身校の盛岡第三高等学校は文芸部の強豪校と言われています。

東北の中でも特に岩手県は全国高等学校文芸コンクールで毎年上位入賞を輩出する文芸部をもつ高校が沢山あり、一人で俳句や、短歌、随筆、小説、多ジャンルで執筆する生徒が多いそうです。

くどうれいんさん自身も、岩手日報随筆賞の最年少受賞や、盛岡短歌甲子園で団体優勝をされています。

2011年に起きた東北大震災の後、くどうれいんさんは盛岡市から被災地に希望の短歌を作って欲しいと言われて作ったのがこちら。

おめはんド顔ッコ上げてくなんしぇとアカシアの花天より降りけり

引用元:Realsound

「顔をあげようよ!」という意味が込められて短歌だそうです。

くどうれいん(工藤玲音)さんは現在、母校の文芸部のコーチもされているそうですね。

くどうれいんさんのプロフィールをまとめてみましたので、ご覧下さい。

・本名:工藤 玲音(くどう れいん)
・出身地:岩手県盛岡市
・生年月日:1994年(月日不明)
・出身高校:岩手県立盛岡第三高等学校
・出身大学:宮城大学
・職業:作家・会社員
【SNS】
・公式ホームページ:くどうれいん
・公式Twitter:@OinkudO

くどうれいん(工藤玲音)の本は?


引用元:Pixabuy


芥川賞候補のくどうれいん(工藤玲音)の作品をまとめてみましたので、ご覧下さい。

・わたしを空腹にしないほうがいい
・うたうおばけ
・水中で口笛
・氷柱の声
・ショート・ショートの宝箱Ⅰ・Ⅱ

くどうれいん:わたしを空腹にしないほうがいい


引用元:くどうれいん


・「わたし空腹にしないほうがいい」¥1000(税込)

俳句をタイトルにした食にまつわるエッセイ集で、2016年6月の初夏、そして1年後の2017年6月の1か月間を日記形式で書かれており、くどうれいんが綴る、食べることと生きる事の記録です。

(2018年・発行元/BOOKNERD)

くどうれいん:うたうおばけ


引用元:くどうれいん


・「うたうおばけ」¥1400(税別)

「人生はドラマはないがシーンは急に来る」友達、上司、彼氏、知らない誰か。「人」をテーマにしたエッセイ集です。

(2020年・発行元/書肆侃侃房)

くどうれいん:水中で口笛


引用元:くどうれいん


・「水中で口笛」¥1700(税別)

16歳から26歳までの短歌から316首を収録した第一歌集です。天性の明るさとポエジーをもつ歌の数々は、まるで光そのもののように読み手を照らし出します(参考情報:左右社

(2021年・発行元/左右社)

くどうれいん:群像・氷柱の声


引用元:くどうれいん


・群像「氷柱の声」¥1590

講談社「群像2021年4月号」にて掲載。10年の月日は「わたし」たちに何をもたらしたのか。くどうれいんの初小説です。

7月に講談社から単行本が発売予定です。

(2021年・発行元/講談社)

くどうれいん:ショート・ショートⅠ・Ⅱ


引用元:くどうれいん


・「ショート・ショートの宝箱」¥638(税込)

短くて不思議な30の物語の中の「冬のメリーゴーランド」。


引用元:くどうれいん


・「ショート・ショートの宝箱Ⅱ」¥638(税込)

奇想天外な発想、ドキドキする展開、絶妙なオチ、ブラックな笑いや心温まる結末など、小さな物語の中の「手のひらの映画館」。

(2017年/2019年・発行元/光文社文庫)

いかがでしたでしょうか?

来月の14日に選考され芥川賞が発表されますが、くどうれいんさんの入賞を楽しみに待ちたいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました