真鍋慧の出身中学はどこ?兄も野球選手!ボンズと呼ばれる理由は何?

真鍋慧,出身,中学,兄,ボンズ スポーツ
スポンサーリンク

選抜出場が25回目となる名門・広陵高校の4番を任されている、1年生の真鍋慧(まなべ・けいた)選手。

真鍋慧選手は、高校通算11本塁打と長打が魅力の、右投げ左打ちの注目のスラッガーです。

そんな真鍋慧選手はこれまでにどこで野球に励んできたのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・真鍋慧の出身中学
・真鍋慧の兄
・真鍋慧のボンズの意味

の3つのポイントに沿って、真鍋慧選手について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

真鍋慧の出身中学はどこ?

真鍋慧選手の出身中学は、広島市安芸区中野にある公立中学の、広島市立瀬野川東中学校です。


出典元:パンタホームズ

広島市立瀬野川東中学校は、1989年に広島市立瀬野川中学校から分離して、設立されました。

真鍋慧選手は、みどり坂小学校1年生の時に、瀬野ソフトボールクラブに所属し、ソフトボールを始めました。

瀬野川東中学校時代は、学校の野球部に所属せず、広島市安芸区にある広島安芸リトルシニアに所属し、本格的に硬式野球を始めています。

広島安芸リトルシニアは、1978年から活動しており、力を養成し、規則正しい明朗な社会人を育成する事を目的とし、基本から高度な技術に至るまで、選手の目線で分かりやすく指導をしています。

卒団後の選手の進路は、私立強豪校や国公立高校野球部など多岐にわたり、プロ野球界や独立リーグ、社会人野球、大学、高校球児として、活躍しています。

真鍋慧選手の中学時代の記録は、2020年の関西連盟中国支部秋季中国大会で3位決定戦進出や、2020年日本リトルシニア関西連盟中国支部一年生新人大会で準決勝進出などがあります。

真鍋慧選手の、広島安芸リトルシニア時代の画像がありましたので、ご覧下さい。

真鍋慧選手が進学先に広陵高校を選んだ理由は、小さい頃から兄を抜くことが目標で、兄と同じ学校だと抜けないと思い、広陵高校で日本一になろうと思ったからだそうです。

広陵高校では1年生の夏からレギュラー入りし、2021年秋の明治神宮大会では本塁打を記録しています。

名前:真鍋 慧(まなべ・けいた)
出身地:広島県広島市
生年月日:2005年6月17日(16歳)
身長/体重:189㎝・91kg
利き腕:右投左打
ポジション:内野手
スポンサーリンク

真鍋慧の兄も野球選手!


出典元:Twitter

真鍋慧選手の兄は、4つ年上の真鍋駿(まなべ・たけと)さんです。

兄の真鍋駿さんは、2019年の夏に広島商業高校の4番・キャプテンで、甲子園に出場しており、現在は、法政大学の野球部に所属しています。

真鍋駿さんは、2019年度の日本学生野球協会の、優秀選手にも選ばれています。

真鍋駿さんも小学生の時は、瀬野ソフトボールクラブに所属し、中学時代は広島安芸リトルシニアに所属しています。

真鍋慧選手とは年齢が離れているため、一緒に試合に出ることはなかったですが、「当時から同級生より体が大きくて、上手い方でした。」と話しています。

真鍋慧選手が今回の選抜出場が決まった時には、「甲子園は打席に立った時にボールが見やすい。4番がしっかり打ったら勝てる」とアドバイスをしたそうですよ。

名前:真鍋 駿(まなべ・たけと)
出身地:広島県広島市
生年月日:2001年4月6日(20歳)
身長/体重:180㎝・80kg
血液型:O型
利き腕:右投右打
ポジション:三塁手

真鍋慧がボンズと呼ばれる理由は何?


出典元:毎日新聞

真鍋慧選手は『ボンズ』という愛称があります。

ボンズの名付け親は、広陵高校野球部の中井監督だそうです。

『ボンズ』とは、メジャーリーグでMLB歴代1位の通算762本塁打、シーズン73本塁打、長打率0.863、出塁率0.609、史上唯一の500本塁打500盗塁を記録した、史上最も偉大な野球選手と言われる、バリ―・ボンズ氏が由来だとか。


出典元:Sports Illustrated
バーリー・ボンズ氏

中井監督は、「体も大きいし、打たせたら遠くまで飛ばす。あとは、下の名前が感じが難しいから」と名付けた理由を話しています。

スポンサーリンク

そして、真鍋慧選手は『ボンズ』と呼ばれることについて、「覚えてもらいやすく、馴染みやすさが出ると思う」と、このニックネームを気に入っているようです。

更に、真鍋慧選手は性格がとても明るく、上級生からも可愛がってもらえるキャラクターで、「野球ではチャンスで絶対打ってくれるので、頼りになる存在」だと、先輩からも信頼されています。

真鍋慧選手は、昨年の冬から1食で1.3キロを食べることをノルマにしており、体重が3キロ増量したそうです。

パワーアップした真鍋慧選手は、「大阪桐蔭を倒して、日本一が目標です!」と抱負を語っています。

★2022年選抜高校野球の注目の選手に関する記事は、こちらをご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される真鍋慧選手を、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました