村上右磨のwikiプロフィール!出身高校と大学は?父親がコーチ?

村上右磨,年齢,プロフィール,出身,高校,大学,父親 スポーツ
スポンサーリンク

2022年の北京冬季オリンピックの、スピードスケート男子500mの日本代表に内定した村上右磨さん

29歳でオリンピック出場が決まった村上右磨さんは、「遅咲きのスプリンター」と呼ばれています。

そんな村上右磨さんとは、どんな人物でどんな経歴なのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・村上右磨のwikiプロフィール
・村上右磨の出身高校・大学
・村上右磨の父親

の3つのポイントに沿って、村上右磨さんのプロフィールを、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

村上右磨のwikiプロフィール!

村上右磨,年齢,プロフィール,出身,高校,大学,父親

村上右磨さんは、北海道広尾郡大樹町の出身で、1992年12月12日生まれの現在29歳です。

大樹町は、北海道の東部で十勝の南に位置し、日本一の清流「歴舟川」が流れる自然豊かな地域で、農業を中心に漁業と林業を中心に発展した町です。

村上右磨さんがスケートを始めたきっかけは、がスケート少年団に入っていて、3歳の頃、兄の練習を親と見に行った時に初めてスケートをやったところ、最初から兄より上手く滑れたからだそうです。

村上右磨さんは、「最初からちゃんと滑れてたらしいので、スケートのちょっとした才能はあったのかな(笑)」と話しています。

スケートを始めた頃は、大会の時に出るクレープ屋さんなどの出店で、おやつを買ってもらいたくて大会に出場していたとか。

村上右磨さんは、夏場はサッカーをし、冬になるとスケートをし、習い事として続けてきたそうです。

「ずっと兄を追い続け、追いつくのが楽しかった」と、当時を振り返っていました。

村上右磨さんの兄は高校生でスケートをやめていますが、今でもアドバイスをくれるそうで、兄弟の仲の良さが伺えます。

村上右磨さんは、学生時代には良い成績が残せていなかったため、何度もスケートを辞めようと思っていました。

村上右磨さんは大学を中退し、父親の経営する村上電機管理事務所を手伝いながら、トレーニングを重ねてきました。


出典元:毎日新聞

最後ぐらい頑張ろう」という気持ちで毎年頑張ってきたら、ナショナルチームに入ることができたと言います。

ナショナルチームでは、100km単位の自転車走やレース後の筋力トレーニングなど、ハードな練習をこなし、トップ選手の仲間入りを果たしました。

村上右磨さんは、2016年の全日本距離別選手権大会の500mで、優勝をしています。

2018年の平昌オリンピックは、前年の夏に怪我をした影響で出場を逃していますが、その悔しさをバネにトレーニングに取り組んできました。

村上右磨さんは、2019年夏に帯広市内で開かれたトップアスリートの就職支援説明会「アスナビ」(日本オリンピック委員会主催)で、地元の高堂建設に入社をしています。


出典元:高堂建設

高堂建設からは、「オリンピックに向けて、練習に集中して頑張っていいよ。」と言ってもらえ、業務につかず練習に取り組んでいます。

そして、同年のワールドカップスピードスケート(長野)の500mで、初優勝する活躍をしています。

コロナ禍となった2020-2021年シーズンは、国内6戦中5勝する活躍を見せています。

2021年12月29日に行われた、スピードスケート北京五輪代表選考会の男子500mで、村上右磨さんは3位に入り、日本代表入りを確実にしました。

村上右磨さんは、「遅咲きと言われるけど、レースになったら年齢は関係ない」と初舞台への意気込みを語っています。

名前:村上 右磨(むらかみ・ゆうま)
出身地:北海道広尾郡大樹町
生年月日:1992年12月12日(29歳)
身長/体重:177㎝・77kg
所属:高堂建設株式会社
趣味:旅行・猫と遊ぶこと
スポンサーリンク

村上右磨の出身高校と大学は?

村上右磨の出身高校

村上右磨さんの出身高校は、北海道帯広市にある男女共学で公立高校の、北海道帯広工業高等学校です。

村上右磨,年齢,プロフィール,出身,高校,大学,父親

北海道帯広工業高等学校は、1964年に十勝地方の工業に従事する人材育成を目的として、十勝管内唯一の工業高校として開校しました。

北海道帯広工業高等学校の偏差値は50となっており、電子機械科・電気科・建築科・環境土木科が設置されています。

北海道帯広工業高等学校出身の著名人には、You TuberのKAZUYAさんや、声優の一ノ瀬加那さんらがいます。


出典元:産経新聞

村上右磨さんは、小学校と中学校ではサッカー部に所属し、高校時代は陸上部で活動しており、スケートは冬の間だけ練習をしていました。

サッカーが大好きだった村上右磨さんは、サッカー選手になるのが夢だったと言います。

北海道帯広工業高等学校は、氷上のスポーツはアイスホッケー部だけで、スケート部がなかったため、村上右磨さんは陸上で足腰を鍛えていたのでしょうね。

村上右磨さんが高校2年生の時、帯広に屋内スケートリンクができ、練習の環境が整ったことでタイムが伸び始めたため、スケート選手の道を選んだそうです。

村上右磨の出身大学

村上右磨さんは、北海道江別市にある私立大学の、北翔大学へ進学しています。

村上右磨,年齢,プロフィール,出身,高校,大学,父親

北翔大学は、教育者で服飾研究家の浅井淑子さんが、1939年に創立した北海ドレスメーカー女学園(現・専門学校北海道ドレスメーカー学院)が母体となっています。

その後、数回に渡り名称を変更しており、2007年に「北翔大学・北翔大学短期大学部」へ改称しています。

北翔大学の偏差値は43~59となっており、生涯スポーツ学部・教育文化学部・短期大学部・大学院が設置されています。

北翔大学出身の著名人には、ソチとバンクーバー五輪出場のモーグル選手・村田愛里咲さんや、アナウンサーの水本香里さん、タレントの石黒彩さんなど、多くのスポーツ選手がいます。

村上右磨さんは、大学3年生の時、スケートに専念するために、北翔大学を中退しています。

中退後は、先述の通り、父親の経営する村上電機管理事務所で、電気工事士や危険物取扱者の資格を取り、仕事を手伝いながら競技を続けてきました。

スポンサーリンク

村上右磨は父親がコーチ?


出典元:毎日新聞

「遅咲きのスプリンター」と呼ばれている、村上右磨さんが開花した陰には、競技経験のない父親・忠則さんの存在があります。

村上右磨さんの父・忠則さんは、村上右磨さんが幼い時から指導してきたそうです。

村上忠則さんは、かつて、モータースポーツで、全日本ラリー選手権に出場するほどの腕前でした。

モータースポーツでは、「人が苦手な下り坂を全開で走れば勝てる」という独特の路線で活躍してきた忠則さんは、スケートでも力学的に、「どのように氷に力を加えれば早く滑れるのか」を、独学で突き詰めたと言います。

忠則さんは、村上右磨さんのために、自宅の車庫を改良してトレーニングルームを作りました。

トレーニングルームには、体幹を鍛えるベルトや、鉄筋にテープを巻いたバーベルなど、忠則さんの手作りの器材が用意されています。

中でも、村上右磨さんの加速力を上げるために、ビー玉を敷き詰めたボードを作り、片足で乗る事でスタートダッシュで氷を押す感覚を磨いています。

忠則さんは競技の経験はありませんが、村上右磨さんに強くなって欲しい一心で、これまで後押しをし、「息子と二人で世界に行きたい」という意地でやってきたと言います。

村上右磨さんは、「スケート続けていられるのも、お父さんの色んな面のサポートがあったから」と述べています。

★同じスピードスケート日本代表の新濱立也さんのプロフィールについては、こちら記事をご覧下さい。

★ 同じスピードスケート日本代表の森重航さんのプロフィールについては、こちら記事をご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される村上右磨さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました