那須川天心のボクシングへの転向理由!井上尚弥と関係が!?武尊戦で引退延期

那須川天心,ボクシング,転向,理由,井上尚弥,武尊,引退 格闘技
スポンサーリンク

神童」「キックボクシング史上最高の天才」などと称される、那須川天心(なすかわ・てんしん)さん

那須川天心さんは、2022年6月19日の『THE MATCH』で、武尊さんとの世紀の一戦で、注目を集めていますね。

そんな那須川天心さんは、2021年4月10日にキックボクシングを引退し、ボクシングへ転向すると発表しています。

何故、那須川天心さんがボクシングへ転向するのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・那須川天心のボクシングへの転向理由
・那須川天心の転向と井上尚弥との関係
・那須川天心の引退延期

の3つのポイントに沿って、那須川天心さんのボクシングへ転向する理由について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

那須川天心のボクシングへの転向理由!


出典元:YouTube

那須川天心さんは、2021年4月10日放送のTBSテレビ系『炎の体育会TV』に出演した際、2022年3月の『RISE』での試合を最後に、キックボクシングを引退すると発表しています。

引退後は、2022年中にプロボクシングへの転向を目指します。

那須川天心さんは、キックボクシングの引退について、次のようにコメントしています。

キックには感謝の念が強いが、いったん卒業し、自分がゼロからの挑戦者になれるボクシングの道を次のフィールドに選んだ。必ずボクシング界でも革命を起こします。

引用元:スポーツ報知

那須川天心さんは、これまで最強のチャンピオンとして、常に挑戦者を迎え撃つという立場でした。

しかし、その立場に甘んじることなく、「常に挑戦していたい」という那須川天心さんの思いがあり、キックボクシングを引退し、ボクシングへ転向することになりました。

さらに、那須川天心さんはボクシングへの転向について、次のように述べています。

キックの技術があるからこそ、ボクサー相手にも通用する部分があると思う。転向へ向けてボクシングの練習を開始してからは、毎日刺激しかない。ボクシングにおいては、一番下からのスタートだから、上にどれだけ強い選手がいるんだろうってわくわくする。

引用元:RISE

那須川天心さんのボクシングへの転向理由は、「新たな挑戦で、のし上がりたい」、ということのようですね。

名前:那須川 天心(なすかわ・てんしん)
出身地:千葉県松戸市
生年月日:1998年8月18日(23歳)
身長/体重:165㎝・56.8kg
スタイル:極真空手・キックボクシング・ボクシング
所属:TARGET/Cygames
スポンサーリンク

那須川天心の転向は井上尚弥と関係!?


出典元:スポーツ報知

那須川天心さんのボクシングへの転向について、『Number Web』でJB SPORTS BOXING GYMの山田武士トレーナーが考察しています。

山田トレーナーは、ボクシングの指導者として活動しながら、長年、キックボクサーや総合格闘技選手の指導に当たっています。

その山田トレーナーは、那須川天心さんの転向のきっかけは、「井上尚弥の存在が一番デカイ」と話しています。

やっぱり井上選手の存在は大きいですよ。ラスベガスでメイン張って、軽量級の日本人選手でありながら、アメリカのボクシング界でリスペクトされている。もちろんファイトマネーも高額です。ああいう選手は今までにいなかった。井上選手って天心と体格もそんなに変わらない。だから、天心は井上選手を見て『自分もああなりたい。ああいう風になれる』って感じたと思うんですよ。

引用元:NumberWeb

現在、ボクシング界もグローバル化が進み、インターネットにより世界中に情報が流れるようになり、海外で試合をする選手が増えています。

そんな中で、井上尚弥さんは、今まで日本人世界チャンピオンが手にできなかった、「世界で認められ、世界の中心で戦う」というポジションに到達していると言います。

既に高い評価を受けている井上尚弥さんでも、海外で試合を重ね、質の高いパフォーマンスを披露すれば、ファイトマネーもさらに高騰し、海外での評価も一段と高まる可能性があると。

それこそが、那須川天心さんが「挑戦」に価値を見出したボクシングであると、山田トレーナーが述べています。

海外で活躍し、海外で知名度を上げて、高額のファイトマネーを手にするというのは、やはり魅力だと思います。国内でボクシングの世界チャンピオンになるだけだったら、天心にとって今の状態とそんなに変わらないと思うんですよ。既に、ボクシングの世界チャンピオン以上の知名度も、収入も得ているわけですから。だから目指すのは井上選手のたどった道ですよ。天心の方が年下ですけど、同じ時代にいたというのは縁でしょうね。

引用元:NumberWeb

那須川天心さんは、井上尚弥さんの世界での活躍に刺激され、ボクシングに転向を決意したようです。

今後も大きな注目を集めることは、間違いないでしょうね。

スポンサーリンク

那須川天心は武尊戦で引退延期


出典元:イーファイト

那須川天心さんは先述の通り、2022年4月でキックボクシングを引退し、ボクシングに転向する予定でしたが、6月19日の『THE MATCH』での武尊戦が決定したため、引退が2カ月延期となりました。

両者の決戦論争は、2015年まで遡ります。

2015年8月1日に、那須川天心さんが『BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015』に参戦し優勝した際、試合後のマイクアピールで、「まだ国内で1人やりたい選手がいる。K-1の武尊選手。かかってこいやって感じです」と武尊さんとの対戦をアピールしました。

那須川天心さんの対戦アピールを受けて、武尊さんが次のように答えています。

僕がK-1の世界チャンピオンになってから、世界中から僕と戦いたいとの声が届いていると聞いています。その中の一人としか思っていない。K-1で試合が組まれるならいつでもやってやる。K-1の世界チャンピオンは世界一強いと自負しているので、誰とやっても負けない。必ず倒す自信があります。

引用元:Wikipedia

しかし、那須川天心さんと武尊さんは、度々対戦アピールを行いますが、所属の違いスポンサー問題などが大きなハードルとなって、なかなか実現できませんでした。

2020年の大晦日に武尊さんが、2013年3月に那須川天心さんが、お互いの試合を観戦し、実現が大きく前進することになり、2021年6月13日に東京ドームで対戦が検討されましたが、武尊さんの怪我で延期となりました。

そして、2021年12月24日の記者会見で、2022年6月に那須川天心さんと武尊さんの対戦が、発表されました。

記者会見で那須川天心さんは、次のようにコメントしています。

関係者とか色んな周りに身近な人達とかチームの人とかもいるんですけど、全員が全員、心から「この試合を見たいっ」ていうのじゃないんだなっていうのを、交渉の時点ですごく感じて。やっぱり、皆、自分で自分を守ったりとか、自分の権利だったりとか、自分の思いだったりとかを、どんな状況でも大事にしたいんだなっていう事も分かりましたし。そういう人達がいた中でも自分を信頼してくれる人といか、自分のことを本当に思ってくれている人も沢山いたんで、その人達のために、あとはファンのためにというか。

引用元:バトルニュース

那須川天心さんは、すでに引退を表明していたので、関係各位、ボクシング関係の人たちの理解をもらって、キックボクシングの引退を伸ばしています。

榊原CEOは、「それぞれ両選手に、背負っているものが多い。色んなものを背負って闘うに値する環境整備をすることを、一番こだわりました。」と話しています。

★那須川天心vs武尊のファイトマネーに関する記事は、こちらをご覧下さい。

★武尊さんの生い立ちに関する記事は、こちらをご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々話題となりそうな那須川天心さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました