佐倉侠史朗の出身小学校と中学!兄弟も野球選手?ドラフトの評価は?

佐倉侠史朗,出身,小学校,中学,兄弟,スカウト,評価 スポーツ
スポンサーリンク

九州国際大付属高校の1年生で4番を務める、佐倉侠史朗(さくら・きょうしろう)選手

佐倉侠史朗選手は、身長183㎝で体重106キロの巨漢スラッガーで、日本刀を上段に構えたような独特のフォームが特徴的です。

そんな佐倉侠史朗選手は、これまでにどこで野球に励んできたのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・佐倉侠史朗の出身小学校・中学
・佐倉侠史朗の兄弟
・佐倉侠史朗のドラフトの評価
の3つのポイントに沿って、佐倉侠史朗選手について、ご紹介したいと思います。
スポンサーリンク

佐倉侠史朗の出身小学校と中学!

佐倉侠史朗の出身小学校

佐倉侠史朗の出身小学校は、福岡県久留米市宮ノ陣町にある公立小学校の、久留米市立宮ノ陣小学校です。


出典元:株式会社心輝

久留米市立宮ノ陣小学校は、1901年に開校しており、2000年に創立100周年を迎え、現在、創立121年となる伝統校です。

佐倉侠史朗選手は、小学1年生の時から軟式野球チームの『宮ノ陣フラワーズ』で、本格的に野球を始めました。

宮ノ陣フラワーズは、2010年の『高松宮杯 第30回記念 全日本学童軟式野球大会』で、初めて全国大会へ出場し、準優勝を果たしています。

宮ノ陣フラワーズは、センスがある選手は、「右打ち」から「左打ち」に変える方針があり、佐倉侠史朗選手も左打ちに変えています。

佐倉侠史朗選手は小学1年生の時から、打球を外野まで飛ばしており、4年生の時には、6年生中心のトップチームで4番でデビューしています。

ところが、チームの指導方針を巡って保護者の意見が分かれ、6年生と4年生のメンバーがやめる事態になります。

当時小学5年生だった佐倉侠史朗選手は、父親の友人でもある、田口監督の指導を受けるためにチームに残りますが、残った部員が3年生以下4人の計5人となり、試合に出ることができなくなりました。


出典元:毎日新聞
田口監督と当時の佐倉侠史朗選手

それからは、週5日、小学校のグラウンドで5人だけで練習をしますが、田口監督は年長である佐倉侠史朗選手の残り時間が少ないからと、練習時間の8割を佐倉侠史朗選手の指導に充てたそうです。

その時に、佐倉侠史朗選手は、トス打撃、ロングティー、フリー打撃と、延々とバットを振り続けていたと言います。

佐倉侠史朗選手が小学6年生になる頃には、選手が集まってきて、単独チームで試合に出れるようになっています。

スポンサーリンク

佐倉侠史朗の出身中学

佐倉侠史朗選手の出身中学は、福岡県久留米市宮ノ陣町にある公立中学の、久留米市立宮ノ陣中学校です。


出典元:スタディピア

久留米市立宮ノ陣中学校は、1947年4月1日に、宮ノ陣村立宮ノ陣中学校として設立され、1958年に宮ノ陣村と久留米市の合併により、現在の校名になっています。

佐倉侠史朗選手は、宮ノ陣中学校の野球部には所属せず、地元の硬式野球チームの『球道ベースボールクラブ』に所属しプレーしています。

球道ベースボールクラブの監督は、1986年に西日本短大付属高校(福岡)で甲子園に出場した、元ダイエー(現・ソフトバンク)のプロ野球選手だった、後藤将和さんでした。

佐倉侠史朗選手は、後藤将和監督の指導方針から、「技術に頼る打撃で中学野球の成績を残すより、さらに強いスイングを身につけるように」と言われたそうです。

佐倉侠史朗選手が練習で振り続けたバットは、高校野球の規定(900g以上)より重い、1400gだったとか。

佐倉侠史朗選手の中学時代の成績には、『2018年九州選手権 秋季九州北部地区ダイヤモンド大会』、『2019年少年硬式野球春季福岡大会』、『2019年理事長旗争奪中学硬式野球大会』で優勝しています。

佐倉侠史朗選手は、別の選手の視察に来ていた、九州国際大学付属高校野球部の楠城徹監督の目に留まり、同校に進学しています。

高校進学後は、1年生の春の九州大会からベンチ入りをし、決勝で代打出場しており、2021年秋から4番を務めています。

名前:佐倉 侠史朗(さくら・きょうしろう)
出身地:福岡県久留米市
生年月日:2005年11月3日(16歳)
身長/体重:183㎝・106kg
利き腕:右投左打
ポジション:内野手
スポンサーリンク

佐倉侠史朗の兄弟も野球選手?


出典元:高校野球ドットコム

佐倉侠史朗選手は、の3人兄弟の長男です。

弟が野球をやっているのかどうかは、情報がありませんでした。

佐倉侠史朗選手の宮ノ陣フラワーズ時代の田口監督が、父親の知人ということでしたので、もしかしたら、父親は野球経験者かも知れません。

また、詳しい情報が分かりましたら、お伝えしたいと思います。

佐倉侠史朗のドラフトの評価は?


出典元:Twitter

現在出ている佐倉侠史朗選手のスカウトの評価は、次の通りです。

1年生としては非常に能力が高く、バットの出が速い。(花巻東の)佐々木君と共通しているのは、パワーも柔軟性もある点。打つことに関しては楽しみで、可能性を見せてくれる。
(ソフトバンク・小川一夫GM補佐/2021年11月24日)
九州国際大学付の佐倉君もいい。ひと冬、ふた冬超えて、大きな選手になって欲しい。
(巨人・水野スカウト部長/2021年11月24日)
将来的には、ヤクルトの村上タイプになるのかなと、楽しみにしている。
(巨人・武田スカウト/2021年11月24日)
九州国際大付の4番(佐倉)も1年生で、2年後が楽しみ。
(楽天・後関スカウト部長/2021年11月21日)

★2022年選抜高校野球の注目の選手に関する記事は、こちらをご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される佐倉侠史朗選手を、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました