柴山歩の年齢身長とwikiプロフィール!学校と4人のコーチをご紹介

柴山歩,年齢,身長,wiki,プロフィール,学校,コーチ スポーツ
スポンサーリンク

柴山歩さんは、2020年のドイツ・バイエルン州で行われた、ババリアンオープンのノービスで優勝した選手です。

2019年と2021年の全日本選手権の推薦選手として選ばれており、若手のホープとして今注目されています。

そんな柴山歩さんがどんな選手なのか、知りたい人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・柴山歩の年齢身長とwikiプロフィール!
・柴山歩が通う学校は?
・柴山歩の4人のコーチをご紹介

の3つのポイントに沿って、柴山歩さんのプロフィールを、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

柴山歩の年齢身長とwikiプロフィール!


出典元:日刊スポーツ

柴山歩さんは、兵庫県出身で、2008年2月26日生まれの、現在13歳の中学2年生です。

現在の身長は148㎝と小柄ですが、成長期であるため、これらかどんどん背が伸びると思われます。

柴山歩さんがフィギュアスケートを始めたのは3歳の時からです。

浅田真央さんのレイバックスピンをテレビで見て、「凄い綺麗だな~」と思って、自分もあんな風に回ってみたいなと思ったのと、衣装が綺麗で華やかなので、自分も着てみたいと思って始めたそうです。

しかし、フィギュアスケートを始めた頃は順調ではなく、「何をやっても(ジャンプが)跳べないから、もういっそ友達と遊びたいなぁと思ったことがある」と話しています。

そんな柴山歩さんの転機は、小学5年生の時で、木下アカデミーのゼネラルマネージャーを務める濱田美恵コーチに、師事したことでした。

濱田美恵コーチの所に来てからは、「スケートの楽しさはジャンプだけじゃない。」ということを学んでからは、毎日が楽しくなったと言います。

柴山歩さんは自身の強みとして、次にようにコメントしています。

私はやっぱり小さいときから、「スピンが上手い」と良く言われていたので、そこはやっぱり自身はありますし、最近キャンドルスピンの練習を始めていて、結構最近できるようになってきたので、そこはすごい得意なところです。

引用元:YouTube

そして、柴山歩さんの将来の夢は、「もっともっとレベルアップして、オリンピックで金メダルを取りたいと思います」と抱負を語っています。

名前:柴山 歩(しばやま・あゆみ)
出身地:兵庫県
生年月日:2008年2月26日(13歳)
身長:148㎝
趣味:ピアノ・お料理・愛犬アクセルと鬼ごっこ
所属:木下アカデミー
スポンサーリンク

柴山歩が通う学校はどこ?

柴山歩さんが現在通っている中学校は、京都府宇治市にある私立の、立命館宇治中学校です。

柴山歩,年齢,身長,wiki,プロフィール,学校,コーチ

立命館宇治中学校の偏差値は42-49となっており、柴山歩さんはSA生として入学しています。

SAとは、「Scholar-Athletes&Artist」の略称で、今までに一生懸命に取り組んできた分野を更に追求し、将来的に、その分野のトッププロを目指す生徒の為に、設けられたプログラムです。

将来のトップアスリート・トップアーティストを目指す、生徒を募集しているそうです。

柴山歩さんが現在所属している木下アカデミーも同じ宇治市にあるので、学校が終わったらすぐに練習に行ける良い環境のようですね。

柴山歩さんのこれまでの主な成績は、次の通りです。

・2019年 全日本ノービスA 3位
・2019年 全日本Jr.選手権(推薦) 14位
・2020年 ババリアンオープン ノービス 優勝
・2020年 近畿選手権大会 ノービスA 3位
・2020年 全日本ノービス選手権 ノービスA 2位
・2020年 全日本Jr.選手権 4位
・2021年 近畿選手権大会 ジュニア 2位
・2021年 西日本ジュニア選手権大会 1位
・2021年 全日本Jr.選手権大会 6位

続いては、柴山歩さんを指導する、4人のコーチをご紹介したいと思います。

柴山歩の4人のコーチをご紹介

柴山歩,年齢,身長,wiki,プロフィール,学校,コーチ

柴山歩さんは、現在、以下の4人のコーチによる指導を受けています。

・濱田美恵コーチ
・田村岳斗コーチ
・佐藤洸彬コーチ
・村本小月コーチ

それでは、4人のコーチを詳しく見ていきたいと思います。

コーチ①:濱田美恵コーチ


出典元:スポーツナビ

濱田美恵コーチは、フィギュアスケート選手として活動し、全日本フィギュアスケート選手権で10位の成績を残しています。

同志社大学卒業後はコーチへ転身しており、京都醍醐FSC関西大学アイスアリーナでコーチを務めた経歴があり、2020年からは木下アカデミーのゼネラルマネージャーを務めています。

指導した選手には、宮原知子さん太田由紀希奈さん本田真凛さん紀平梨花さんを始め、関西圏を中心に国際大会で活躍する多くの選手がいます。

柴山歩さんは、濱田美恵コーチの指導について、「ジャンプの事だけを注意するのではなく、表現の目線の配り方とか腕の使い方など、『ここを工夫した方が面白いんじゃない』というアドバイスがとてもためになる」と話しています。

また、濱田美恵コーチは柴山歩さんについて、「ジャンプの軸が良いことと、頭が良いのですごく理解力がある。自分ができないことのキャッチも早いし、それを修正する能力が高い。すごく賢い」と評価しています。

名前:濱田 美恵(はまだ・みえ)
出身地:京都府京都市
生年月日:1959年10月29日(62歳)
最終学歴:同志社大学
所属:木下アカデミー ゼネラルマネージャー
スポンサーリンク

コーチ②:田村岳斗コーチ


出典元:Jsports

田村岳斗コーチは、元フィギュアスケート選手(男子シングル)で、現在は、プロスケーター・フィギュアスケートコーチ・解説者などで活躍をしています。

アマチュア現役時代には、全日本選手権優勝や、長野オリンピック出場、世界選手権は4回出場した経歴があります。

また、日本人として初めて、4回転-3回転及び4回転-3回転-2回転のコンビネーションを、成功させた選手です。

アマチュア引退後は、プロスケーターとしてアイスショーに出演し、現在は、木下アカデミーでヘッドコーチを務めています。

名前:田村 岳斗(たむら・やまと)
出身地:青森県八戸市
生年月日:1979年5月28日(42歳)
身長/体重:174㎝・62kg
所属:木下アカデミー ヘッドコーチ

コーチ③:佐藤洸彬コーチ


出典元:産経ニュース

佐藤洸彬コーチは、元フィギュアスケート選手で、2014-2015年シーズンでは新人賞を受賞、2015年のガルデナスプリング杯では3位を入賞した経歴があります。

2019-2020年シーズンで、大学院修了に合わせて、アマチュア選手を引退しており、現在は、木下アカデミーでコーチを務めています。

名前:佐藤 洸彬(さとう・ひろあき)
出身地:岩手県盛岡市
生年月日:1995年12月6日(25歳)
身長:165㎝
血液型:O型
最終学歴:岩手大学大学院
所属:木下アカデミー コーチ
スポンサーリンク

コーチ④:村元小月コーチ


出典元:Jsports

村元小月コーチは、元フィギュアスケートの選手で、小学3年生の時から濱田美恵コーチの指導を受けていました。

JGPソフィア杯2位、ムラドスト杯ジュニアクラス2位、メラーノ杯2位、トリグラフトロフィーで優勝した経歴をお持ちです。

2012-2013年シーズンの国体を最後に競技から引退しており、その後、タイのスケート連盟の要請をうけてナショナルチームのヘッドコーチに就任しています。

現在は、木下アカデミーでコーチを務めています。

名前:村元 小月(むらもと・さつき)
出身地:兵庫県明石市
生年月日:1990年5月15日(31歳)
身長:157㎝
最終学歴:関西大学文学部

所属:木下アカデミー コーチ

いかがでしたでしょうか?

柴山歩さんのプロフィールとコーチを、ご紹介してきました。

今後も活躍が期待される柴山歩さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました