水道橋博士の経歴はたけし軍団!免許証で書類送検!?スラップ訴訟て何?

水道橋博士,経歴,たけし軍団,免許証,スラップ訴訟 政治家
スポンサーリンク

夏の参議院選挙にれいわ新選組から出馬することを表明した、お笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士(すいどうばし・はかせ)さん

水道橋博士さんは、お笑いタレントだけでなく、エッセイストコメンテーターとしても活動しているとか。

そんな水道橋博士さんはどんな経歴なのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・水道橋博士の経歴
・水道橋博士の運転免許証事件
・水道橋博士のスラップ訴訟

の3つのポイントに沿って、水道橋博士の経歴について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

水道橋博士の経歴はたけし軍団!


出典元:Yahooニュース

水道橋博士さんは、岡山県倉敷市出身、1962年8月18日生まれ現在59歳です。

水道橋博士さんは、現在は株式会社TAPに所属をしていますが、以前はたけし軍団に所属していました。

水道橋博士さんは、学生の頃、ラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』を聞き、ビートたけしさんに心酔したそうです。

高校卒業後、「ビートたけし会えば、何か展望が開けるかも知れない」と、具体的な計画がないままに上京しています。

さらに、ビートたけしさんと同じ大学でないとダメだと必死で勉強し、ビートたけしさんの母校・明治大学経営学部に入学しています。

しかし、水道橋博士さんは、大学に馴染むことができず、4日しか通わず中退しており、以後4年間はパチンコとバイトに明け暮れていたとか。

1986年ごろから、ビートたけしさんの追っかけを7カ月間続け、ビートたけしさんに企画書などを渡した結果、「面白いじゃないか」と連絡をもらい、他の追っかけ10人と共に弟子入りを認められたそうです。


出典元:POPEYE
20代の時の、水道橋博士さんと玉袋筋太郎さん

1987年に玉袋筋太郎さんと「浅草キッド」を結成していますが、水道橋博士さんは、居酒屋で喧嘩をして相手を殴ってしまい、その示談金600万円をビートたけしさんから借金をしています。

その借金は少しずつ返済し、当時、きちんと返す者がいなかったため、ビートたけしさんから褒められたそうです。

スポンサーリンク

また、たけし軍団の芸名は全員、師匠であるビートたけしさんが命名することになっています。

『水道橋博士』という芸名は、鉄腕アトムの登場人物・お茶の水博士のパロディで、メガネを掛けた風貌が『博士』風で、通っていた明治大学の最寄り駅が「御茶ノ水駅」に因み、「ひとつ手前でいいや」とビートたけしさんの判断で、『水道橋』とされたようです。

水道橋博士さんは、2002年に一般女性と結婚し3人の子供がいますが、息子には「たけし」と名付け、ビートたけしさんの前で「ふざけんなコノヤロー」と、冗談で言わせることがあったとか。

2018年にビートたけしさんがたけし軍団を退社し、個人事務所T.Nゴン立ち上げにともない、水道橋博士さんも事務所を退社し、株式会社TAPへ移籍しています。

2020年に相方の玉袋筋太郎さんがTAPを自主退社したため、浅草キッドは活動を終了しています。

芸名:水道橋 博士(すいどうばし・はかせ)
本名:小野 正芳(おの・まさよし)
出身地:岡山県倉敷市
生年月日:1962年8月18日(59歳)
身長:161㎝
血液型:A型
職業:タレント・漫才師・著作家・コメンテーター
所属:株式会社TAP

水道橋博士が免許証で書類送検!?


出典元:Twitter

水道橋博士さんは1996年に、変装した写真を使った運転免許証を不正に取得したことで、道路交通法違反で書類送検されています。

水道橋博士さんは、紛失したと偽って免許証の再交付を数回受けていますが、古い免許証が見つかった場合は返納義務があるにも関わらず、返納せずにテレビで披露してしまったことで、不正が発覚しました。

何故、そのようなことをしたかと言うと、当時、たけし軍団内で「運転免許証の写真を笑えるものにする」という遊びをしていました。

水道橋博士さんは、3年に1度の免許更新が待ちきれず、紛失したと偽って免許証を3度再取得しています。

スポンサーリンク

写真の内容は、「東南アジア人(アフロヘアに口髭姿)」「不自然眉毛(黒ブチの真ん丸メガネ姿で本来の眉毛は剃毛し、剃り残した頭髪が額のはるか上部にあり、それを眉毛に見せようとしている)」「重症患者(頭は包帯を巻き、首はギプス)」、だったそうです。


出典元:Twitter

しかし、水道橋博士さんが問題とされたのは、変装ではなく不正に免許証を取得したことのため、上記の変装写真には問題がないようです。

水道橋博士さんは、これにより道路交通法違反で書類送検され、略式起訴・罰金10万円が科され、4カ月間の謹慎芸能活動の自粛を余儀なくされました。

水道橋博士さんは、当時、過激な笑いを目指しており、この事件が取り上げられるのを誇りと思ったが、相方の玉袋筋太郎さんも共同責任で仕事ができず、「周囲に迷惑をかけた」と考え方を改めたそうです。

師匠のビートたけしさんは、この事件を内心では大笑いして喜んでいたそうですが、大っぴらに褒めれないため、水道橋博士さんを罵倒しようと、マスコミのインタビューを待ち望んでいましたが、この件に関しては取材が無かったようです。

水道橋博士さんはこの事件を自らネタにし、2003年に出版した『お笑い男の星座2 私情最強編』で、「変装免許証事件」と題して1章分を費やしているそうです。

水道橋博士のスラップ訴訟て何?

水道橋博士,経歴,たけし軍団,免許証,スラップ訴訟
(左)松井一郎氏:(右)水道橋博士

水道橋博士さんは、大阪市長・松井一郎氏からスワップ訴訟を起こされています。

スラップ訴訟とは、個人や市民団体による批判を封じ込めるため、企業などが嫌がらせで起こす「威圧的」「恫喝的」な裁判のことです。

水道橋博士さんが、次のようにコメントしています。

4月25日かな、松井一郎大阪市長から訴状が届きました。名誉棄損の裁判を5月30日に大阪地裁でやるんですが、裁判費用、膨大にかかります。

テレビ、ラジオの出演制限みたいなものも、上の方で話し合われている。被告になった場合、テレビ、ラジオに出られないということになれば、政敵をテレビ、ラジオに出演させないために訴える方法があるわけです。

裁判費用を持つ強い側、権力者側がやるのに大変な問題がある。アメリカでも30州で禁止されています。反スラップ訴訟の法律を作りたい。

引用元:FLASH
スポンサーリンク

ことのきっかけは、2022年2月13日の水道橋博士さんのツイートにあります。

これは、YouTubeチャンネルの「金子吉友の『あつまれニュースの森』」で公開された、『【維新の闇!】大阪市長・松井一郎の経歴を調べたらヤバかった!競艇利権、父良夫氏の成り上がり、ファミリー企業利権、退学、傷害事件、パワハラまで掘ればこれだけ出てくる』という動画があります。

この動画について、水道橋博士さんが「維新の人たち&支持者は事実でないなら、今すぐ訴えるべきですよ(笑)」と、「事実でないなら訴訟したら?」と促したツイートです。

このツイートに、松井一郎氏がリプ欄に、次のコメントを投稿しています。

さらには、水道橋博士さんツイートをリツイートした人も、同様に法的手続きをするとツイート。

その後、4月25日に松井一郎氏から訴状が届き、「名誉棄損で550万円請求されています。」と水道橋博士さんがツイートしています。

水道橋博士のツイートは、「誹謗中傷」でもなんでもないのに、松井一郎氏はそれをスラップ訴訟で封じ込めようとしているわけです。

水道橋博士さんは、一貫して「松井一郎氏がスラップ訴訟を起こしたことについて、後悔させるまで闘う」と言っているそうです。

水道橋博士さんは参議院選挙の出馬表明の際、「批判するジャーナリストなどを相手に、企業が裁判を起こすスラップ訴訟問題に取り組みたい」と意気込みを語っています。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々話題となりそうな水道橋博士さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました