鈴木誠也の子供時代がイケメン!【画像】父親はスパルタ⁉母親妹も美人!

鈴木誠也,子供時代,イケメン,父親,母親,妹 スポーツ
スポンサーリンク

2022年4月から、MLBのシカゴ・カブスで活躍している、鈴木誠也(すずき・せいや)さん

鈴木誠也さんは、高校在学中は甲子園出場はしていませんが、高校進学時には40校以上から誘いがあったほど、当時から注目される選手でした。

そんな鈴木誠也さんの子供時代は、ヤンチャでイケメンだったようですよ。

そこで今回の記事では、

・鈴木誠也の子供時代
・鈴木誠也の父親
・鈴木誠也の母親・妹

の3つのポイントに沿って、鈴木誠也さんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

鈴木誠也の子供時代がイケメン!【画像】

鈴木誠也の子供時代


出典元:Instagram@seiya.suzuki.1

鈴木誠也さんは、小さい頃はよく女の子に間違われていたそうで、両親は「ジャニーズに入れようか?」と話していたそうですよ。

鈴木誠也さんの子供時代の画像がありましたので、ご覧下さい。


出典元:TBSテレビ
1歳の頃の鈴木誠也さん


出典元:スポニチ
5歳の頃の鈴木誠也さん


出典元:AbemaNews


出典元:Instagram@seiya.suzuki.1
小学校低学年の頃の鈴木誠也さん

鈴木誠也さんご本人曰く、「この時はすごくかわいかったのに、このかわいい顔はどこにいってしまったのかしら」と、インスタグラムで呟いていました。

鈴木誠也さんは、東京荒川区出身、1994年8月16日生まれの現在27歳です。

区立第5峡田(はけた)小学2年生から「荒川リトル」で野球を本格的に始めており、入団当時から体が大きく技術力も高かったそうです。

鈴木誠也さんは、6年生の時にはエースを務めていますが、ボールが速すぎて、1学年下のレギュラーの捕手が捕球できなかったという、「怪物エピソード」があるそうです。

鈴木誠也の学生時代


出典元:ラブすぽ

中学時代は「荒川リトルシニア」に所属し、当時から「荒川に、鈴木誠也あり」とその名を知らしめた鈴木誠也さんですが、ヤンチャの一面があり、中学時代は学校の成績が悪く、そのせいでエースナンバーを背負えなかったとか。

しかし、鈴木誠也さんの実力はずば抜けており、高校進学時には40以上の高校から誘われていたそうです。

その中から鈴木誠也さんは、東京都千代田区にある二松學舎大学付属高等学校へ進学し、1年生の秋から投手としてエースの座を確保しています。

鈴木誠也さんの高校時代は、投手として最速148キロのストレートを投げ、打者としては通算43本塁打を放ち、プロのスカウト注目する選手でした。


出典元:朝日新聞

しかし、鈴木誠也さんは投打で奮闘しましたが、2年生の夏も3年生の夏も、東東京大会の準決勝で敗れ、甲子園出場は果たせませんでした

2012年10月のドラフト会議で、鈴木誠也さんは打力と走力が高く評価され、広島東洋カープから内野手として2位指名を受け、契約金6000万円、推定年俸600万円で契約し、入団しています。

スポンサーリンク

鈴木誠也の父親はスパルタ⁉


出典元:スポニチアネックス

鈴木誠也さんの父親の名前は、鈴木宗人さんです。

父・宗人さんは、1965年頃の生まれですので、現在56~57歳です。

鈴木誠也さんの幼少の頃から、熱心に指導をしてきた宗人さんの教えは単純で、「勉強するなら、走ってこい!」だったそうです。

お前は野球で食べていくんだ」と子供の頃から言い聞かせ、鈴木誠也さんも目標に向かって突き進んできたとか。

鈴木誠也さんが野球を始めたころ、父・宗人さんの発案で、荒川リトルシニア野球協会事務局長・石塚さんの町工場で、長さ80㎝・太さ3㎝の鉄のバットを作ってもらい、ゴルフボールを打つ練習をしていたそうです。

スポンサーリンク

鈴木誠也さんが小学5年生の時に、テレビ東京の『出没!アド街ック天国』で取材を受けています。

当時、父・宗人さんは喫茶店を経営しており、店舗横の倉庫でネットを張って練習している鈴木誠也さんが話題となり、荒川区町田を舞台にした漫画『巨人の星』のように、「平成の星親子」と紹介されたとか。


出典元:テレビ東京

鈴木誠也さんが、区立第9中学校3年生の時は、体育と社会以外の7教科の成績は「オール1」だったほど、明けても暮れても野球一筋だったそうです。

派手な親子喧嘩は日常茶飯事で、宗人さん曰く、「あいつは殴られても刃向かってくる。負けず嫌いというか…」。

鈴木誠也さんが中学3年生の時、全国大会の予選で敗れ、悔しさのあまりヘルメットをグラウンドに投げつけ、号泣しながら大暴れしたことがあったそうです。

これに対して父・宗人さんは、「野球をなめるな!」と、平手で思いっきり殴ると、「なんだ、クソ親父!」と反発するも、帰りの車の中では「お腹へったよぉ」と引きずらない様子だったとか。

宗人さんは勉強はしなくても、「挨拶と笑顔。それを忘れるな」と、鈴木誠也さんに人間として大切なことを教え続けてきました。

そのお陰で、鈴木誠也さんは人懐っこい性格で、誰からも好かれる選手に育っています。

鈴木誠也の母親妹も美人!


出典元:Twitter

鈴木誠也さんの母親の名前は、鈴木貴美江さんです。

父・宗人さんと同じ年齢で、現在56~57歳です。

鈴木誠也さんの産まれた時の体重は3206グラムで、母・貴美江さん曰く「本当に手がかかる子」だったそうです。

買い物に一緒に行くと、いつも鈴木誠也さんが「お菓子が欲しい!」と言って、床で手足をバタバタさせて、駄々をこねる子だったと言います。

母・貴美江さんの父親の方の祖父・羽鳥義一さんは、1966年に全日本ボウリング協会の第1号パーフェクト達成した人物で、その血筋が鈴木誠也さんの生きているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

そして、鈴木誠也さんの妹の名前は、鈴木彩絵さんです。

妹・彩絵さんの年齢は4つ下で、現在23歳ですので、詳しいプロフィールは分かりませんが、現在、社会人をされているのではないでしょうか。

鈴木誠也さんと妹・彩絵さんは幼い頃、毎日喧嘩ばかりしていたとか。

今では仲良くなり、プロ野球選手となった兄のことが自慢で、広島カープのファンになり「カープ女子」になったそうです。

鈴木誠也さんの家族団らんの画像がありましたので、ご覧下さい。


出典元:Instagram@seiya.suzuki.1

鈴木誠也さんの試合後に、家族みんなで焼き肉にいった時の画像で、とても仲の良い素敵なご家族ですね。

名前:鈴木 誠也(すずき・せいや)
出身地:東京都荒川区
生年月日:1994年8月18日(27歳)
身長/体重:180㎝・82㎏
利き腕:右投右打
ポジション:外野手
ドラフト:2012年 広島東洋カープ2位
所属:シカゴ・カブス

★鈴木誠也さんのお嫁さんに関する記事は、こちらをご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される鈴木誠也さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました