田澤廉の出身中学と高校は?駒澤大学を選んだ理由と今後の進路は?

田澤廉,出身,中学,高校,駒沢大学,進路 スポーツ
スポンサーリンク

3年生にして、駒澤大学陸上部の主将を務める田澤廉さん。

田澤廉さんは、10000mで日本人学生新記録で、日本歴代2位の記録保持者でもあり、2022年の箱根駅伝で活躍が期待されている、注目の選手です。

そんな田澤廉さんがこれまでどこの学校で競技に励み、何故、駒沢大学に来たのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・田澤廉の出身中学と高校
・田澤廉が駒澤大学を選んだ理由
・田澤廉の今後の進路

の3つのポイントに沿って、田澤廉さんの学歴と進路について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

田澤廉の出身中学と高校は?

田澤廉の出身中学

田澤廉さんの出身中学は、青森県八戸市にある公立中学の、八戸市立是川中学校です。

田澤廉,出身,中学,高校,駒沢大学,進路

田澤廉さんは、小学校の校内マラソン大会で優勝した時に、優勝の喜びを知り、「S&B杯 ちびっ子健康マラソン大会」へ、出場しています。

競技中に、足を引っかけられて転んでしまうというアクシデントがありましたが、巻き返して優勝をしています。

田澤廉,出身,中学,高校,駒沢大学,進路

田澤廉さんは、大会に出場したことで「走ることの楽しさを知ることができた」と言います。

是川中学校に入学してから、田澤廉さんは本格的に陸上を始めています。

中学3年生の時に、全日本中学校陸上競技選手権大会の3000mで、決勝まで進出しましたが、最下位の18位に終わっています。

田澤廉の出身高校

田澤廉さんの出身高校は、青森県青森市にある中高一貫の私立校の、青森山田中学高等学校です。

田澤廉,出身,中学,高校,駒沢大学,進路

青森山田中学高等学校は、創立者の山田きみさんが、自宅で裁縫塾を開いたのが起源です。

部活動が盛んで、サッカー・卓球・硬式野球・バドミントン・自転車競技・柔道・新体操などは、全国大会の常連で、多くのスポーツ選手を輩出しています。

青森山田中学高等学校の偏差値は36~56となっており、全日制課程と通信制課程、自動車専攻科があります。

青森山田中学高等学校出身の著名人には、テニスの錦織圭さん、プロボクシングの竹原慎二さん、卓球の福原愛さんら、多数のスポーツ選手がいます。

田澤廉さんは、高校時代、3年連続で全国高等学校駅伝の1区で出走し、1年生の時は区間27位、2年生の時は区間4位、3年生の時は区間15位の成績を残しています。

田澤廉,出身,中学,高校,駒沢大学,進路

更に、3年生の時には、第18回アジアジュニア陸上選手権大会に出場し、5000mで銀メダルを獲得しています。

名前:田澤 廉(たざわ・れん)
出身地:青森県八戸市
生年月日:2000年11月11日(21歳)
身長/体重:180㎝・60kg
血液型:O型

大学:駒沢大学経済学部
スポンサーリンク

田澤廉が駒澤大学を選んだ理由


出典元:スポーツ報知

田澤廉さんが駒澤大学を選んだ理由を、駒澤大学スポーツ新聞編集部のインタビューで、

中学の頃から連覇を果たしていた駒沢を駅伝で見ていて、そこから憧れていました。大八木監督の指導力というのは魅力的だと自分で感じていて、自分の能力向上ができると確信しているので入らせていただきました

引用元: 駒澤大学スポーツ新聞編集部

と、答えています。

さらに、大八木監督と初めて会ったのは、中学2年生の時で、日体大の記録会に参加した際に、サインをもらいに行った時だと言います。

★大八木監督の経歴については、コチラをご覧下さい。

また、田澤廉さんの憧れの選手は、駒大OBで東京オリンピック男子マラソン代表選手の中村匠吾さんです。

田澤廉,出身,中学,高校,駒沢大学,進路
中村匠吾選手

田澤廉さんと中村匠吾さんは一度一緒に練習をしたことがあります。

その時、「練習がきつくて、スタミナとかついて行くのがやっとだった」と言う田澤廉さんの横で、中村匠吾さんは「これぐらい余裕だよ」と涼しい表情で言ったそうです。

その瞬間、田澤廉さんの中村匠吾さんを見る目は、羨望の眼差しに変わったとか。

そして、田澤廉さんは、「将来は中村匠吾さんのように、マラソンでオリンピックに出たい」と、目標を掲げていました。

中村匠吾さんは現在富士通に所属していますが、大八木監督の指導を受け続けているそうです。

田澤廉さんが、駒澤大学を選んだ理由は、憧れの大八木監督の指導を受けれることと、憧れの中村匠吾さんが先輩にいたからのようですね。

田澤廉の今後の進路はどこ?


出典元:月刊陸上競技

田澤廉さんは、現在、3年生ですが、大学卒業後の進路が気になりますね。

先述の通り、田澤廉さんは、「将来はオリンピックに出たい」と言ってますので、大学卒業後も競技は続行すると思います。

また、「長い区間で勝負をしたい」と言う田澤廉さんには、将来的には中村匠吾さんのように、「マラソンで活躍できる選手になりたい」という思いがあるそうです。

アメリカ・アルバカーキで中村匠吾さんと合宿した時、田澤廉さんは「距離走がとにかく強いです!後ろ姿からも余裕さが伝わってきて、力の差を感じました。」と中村匠吾さんの凄さを語っています。

そのような理由から、中村匠吾さんが所属する富士通からオファーがあれば、その道に進みそうですね。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される田澤廉さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました