東京豚饅が恵比寿で551蓬莱を!値段やメニューと待ち時間は?

東京豚饅,恵比寿,551,蓬莱,値段,メニュー,待ち時間 グルメ
スポンサーリンク

関西圏でしか販売されていない「551蓬莱」の豚まんが、東京・恵比寿の豚まん専門店「羅家 東京豚饅」で、食べれると話題になっていますね。

豚まんは、一つ一つ職人によって手で包まれており、当日に生産販売しており、一日17万個を売り上げているほどの人気となっています。

その東京豚饅の豚まんがどんなもので、値段や待ち時間など気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・東京豚饅が恵比寿で551蓬莱を!
・東京豚饅の値段とメニューは?
・東京豚饅の待ち時間はどれくらい?

の3つのポイントに沿って、東京豚饅の豚まんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

東京豚饅が恵比寿で551蓬莱を!

2021年11月25日、東京・恵比寿に大阪土産の定番「551蓬莱」の創業者のが手掛けた、『羅家 東京豚饅』が、豚まん専門店としてオープンしました。

東京豚饅,恵比寿,551,蓬莱,値段,メニュー,待ち時間

店舗の内装は、台湾の現地の様な雰囲気となっており、自慢の豚まんを提供しています。

しかし、東京豚饅の豚まんは、「551蓬莱」の豚まんの味を再現したものであって、551の豚まんのレシピとは異なるものだそうです。

というのは、『羅家 東京豚饅』を運営しているMERDER OFFICEは、東京恵比寿を中心に飲食事業を手掛けている企業で、その羅直也社長が551蓬莱の創業者の孫であるそうです。

羅直也社長が、幼少期に551蓬莱の創業者と一緒に生活をしており、その時に覚えた味を再現しているものだそうです。

「東京で551の蓬莱が食べれる!」と話題になっていますが、のれんわけをした訳ではないようです。

「551蓬莱」は関西圏以外には進出しないことから、東京でもその豚まんを手軽に楽しむ文化や、出来立ての味を気軽に味わって頂きたいという思いから、恵比寿での出店に至ったそうです。

東京豚饅の値段とメニューは?

東京豚饅,恵比寿,551,蓬莱,値段,メニュー,待ち時間
出典元:東京豚饅ホームページ

東京豚饅の看板商品である豚まんは、厳選された高品質の豚肉玉ねぎ2種類のみを使用して作られています。

豚肉は異なる部位を3つ使用しており、玉ねぎとバランスよく混ぜ合わせ、醤油・砂糖・塩などの調味料を秘伝のレシピで配合しており、食感や旨味を引き出しています。

肉汁がジュワッと広がる豚肉と、シャキシャキの玉ねぎを包みこむネタ(皮)にもこだわっており、鮮度や発酵具合を徹底的に管理されており、ふわふわでもちもちの食感が楽しめる豚まんです。

職人の愛が詰まった手作りにこだわり、「出来立てが命である」というポリシーを受け継がれています。

創業者である羅邦強が考案したオリジナルレシピの再現により、『羅家 東京豚饅』では、完全無添加の豚まんが召し上がれます。

東京豚饅,恵比寿,551,蓬莱,値段,メニュー,待ち時間
XO蝦豚饅

豚まん以外では、胡椒のスパイシーな味わいが口いっぱいい広がる『黒胡椒豚饅』、エビのプリッとした食感と旨味が楽しめる『XO蝦豚饅』があります。

この2種類の豚まんも、ベーシックの豚まんの餡をベースに作られていて、大きさは通常の3分の1のサイズとなっており、セット販売でお買い求めできます。

東京豚饅,恵比寿,551,蓬莱,値段,メニュー,待ち時間
8個セットの豚饅

テイクアウトだけでなく、イートインスペースもあるので、気軽にその場で出来立ての豚まんを楽しむことができます。

【メニュー】
・豚饅 
1個 ¥200
4個 ¥800
8個 ¥1600
12個 ¥2400

 

・小豚饅(8個セット)
*通常の3分の1のサイズ
セットA(豚饅8個) ¥720 
セットB(豚饅4個・黒胡椒豚饅2個・XO蝦豚饅2個)

・飲み物
台湾ビール ¥400
レモンサワー ¥400
ハイボール ¥400
ウーロン茶 ¥250

スポンサーリンク

東京豚饅の待ち時間は?

東京豚饅は11月25日にオープンしたばかりなので、かなりの混雑が予想されますね。

買いに行かれた方の情報をご紹介しておきましょう。

オープン初日は、お店のオペレーションが不慣れなのもあって、1時間半から2時間、タイミングによってはそれ以上待たされたようですね。

土日は特に混雑すると思われますので、気長に並んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました