全日本バレー籾井あき選手はハーフ?国籍やプロフィールをご紹介!

全日本,バレー,籾井あき選手 スポーツ
スポンサーリンク

東京オリンピックに向けて全日本女子バレーのセッター争いが注目されています。

今回、全日本に初選出された現在20歳と若い籾井あき選手は、大きな期待が寄せられています。

中田久美監督は以下のようにコメントしています。

まだ20歳と若いセッターだが、その若さでチームを優勝に導いた勝負強さをひとつのポイントして掲げた。また、どんなにパスの返球が悪い場合もトスでドリブルをしないという点に着目。「安心して見ていられる」と笑顔をみせた。

引用元:yahooニュース

全日本バレー【籾井あき】選手は目がぱっちりで鼻が高くてかわいい!とも評判ですが、ハーフなのか?と気になっている人も多いと思います。

そこで、今回の記事では、

・全日本バレー【籾井あき】選手はハーフ?国籍はどこ?
・全日本バレー【籾井あき】選手のプロフィール

のポイントに沿って、籾井あき選手をご紹介していきたいと思います。

全日本バレー籾井あき選手はハーフ?国籍は?


引用元:yahooニュース

全日本女子バレー籾井あき選手は、日本人とペルー人のハーフです。

高校まではペルー国籍だったが、JT入団を機に日本国籍を取得した。国籍の関係でアンダーカテゴリーの日本代表でプレーしたことはなく、国際経験を積むことが課題だが、大きな舞台で活躍する日を楽しみに待ちたい。

引用元:web Sportiva

この記事から、籾井あき選手の国籍は、高校まではペルー国籍で、現在は日本国籍を取得されています。


ペルー国籍となるのは、「両親の国籍にかかわらず、ペルーで出生した人は全てペルー国籍を取得できる場合」と、「ぺルー人と外国人の間に生まれた子はペルーの国籍を取得する場合」があります。

このことから、全日本女性バレーの籾井あき選手は、恐らく、ペルーで出生されたのではないでしょうか?

スペイン語も話せるとの情報もありますので、幼少期はペルーで過ごされたと推測できますね。

ご両親のどちらがペルー人なのかの詳しい情報がなかったのが残念です。

全日本女子バレー籾井あき選手のプロフィール

名前籾井 あき(もみい あき)
ニックネームあき
出身地神奈川県相模原市
生年月日2000年10月7日(現在20歳)
血液型AB型
身長176㎝
ポジションセッター
最高到達点/指点285㎝/230㎝
得意なプレーツーアタック
趣味パン作り
好きな食べ物いちご大福・豆腐
好きな音楽平井大・藤井風
参考:JTマーヴェラス

籾井あき選手の小学校:小学時代


引用元:pixabuy

全日本バレー籾井あき選手が卒業した小学校の名前は、情報がありませんでした。

籾井あき選手は、小学生の時、もともとはテニスをしたかったそうですが、テニススクールが近くになかったようです。

籾井あき選手がバレーボールを始めたのは、小学校2年生の頃、家の近くにバレーボールチームがあって、友達に誘われたのがきっかけです。

小学4年生のころからレシーバーとして試合に出れるようになり、小学5年生でスターティングメンバーに定着し、この頃ポジションはセンターになったそうです。

小学6年生の時は市の大会で2位となり、籾井あき選手自身は市の選抜チームに選ばれる程の実力をつけました。

籾井あき選手の中学校:相模原市立中央中学校


引用元:Home’s

全日本バレー籾井あき選手の出身中学校は、相模原市立中央中学校です。

小学校高学年でバレーボールの実力をグングンつけた籾井あき選手ですが、実はバレーボールが嫌になってきてたそうです

バレーボールが嫌になり始めていたこともあって、実は中学校の2年間はバレーボールから離れることにしました。進学先の中学校のバレーボール部関係者からは事前に声をかけていただいていたので、続けようか悩んだのですが、部の方針などが自分には合わないなと思って、中学校ではクラフト部に入りましたね。あと個人的にはテニスをやっていました。

引用元:JTマーヴェラス「籾井あき選手のインタビュー」より

全日本バレー籾井あき選手が、小学時代に所属していたバレーボールチームは、練習が週6日と厳しく、周囲の友達が放課後楽しく遊んでいるのを見て、羨ましかった、という心境がバレーボールを嫌にさせたのでしょうか。

しかし、中学3年の時に相模原市立中央中学校のバレー部の方針が変更になり、バレーが楽しめそう!と思った籾井あき選手はバレー部に入部し、ポジションはスパイカーを務めていました。

籾井あき選手が入ったバレー部は、この年リーグ戦で1位となり、神奈川県大会でもベスト16進出になるまでの実力をつけてました。

全日本バレー【籾井あき】選手自身は、全国都道府県対抗中学バレーボール大会の代表に入って、優秀選手に選ばれる成績を残されています。

籾井あき選手は、小学・中学時代からチームを引っ張る力を発揮されてきたんですね!

籾井あき選手の高校:八王子実践高校


引用元:八王子実践高等学校

全日本バレー【籾井あき】選手の出身高校は、八王子実践高校です。

八王子実践高校は、三屋裕子選手や大林素子選手などのオリンピック選手も輩出している、バレーボールの強豪校として有名なのでご存じの方も多いと思います。

学校ではバレーボールを通じて素晴らしい経験ができたのですが、実は高校ではバレーボールを続ける気がなくて(笑)、地元の高校に進学して普通の学生生活を送ろうと考えていました。

引用元:JTマーヴェラス「籾井あき選手のインタビュー」より

と、インタビューでお話されている全日本バレー籾井あき選手ですが、八王子実践高校から熱いスカウトを受けて、八王子実践高校に進学されています。

籾井あき選手は、すでに1年生の時から春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)にアタッカーとして出場されています。

そんな1年の春高でしたが、「私はスパイカーに向いていない」ということを考えるきっかけになりました。身長は当時172㎝くらいあったので高さには困りませんでしたが、強い球が打てないのと相手のブロックの壁が高いので全国レベルでは通用しないと思いました。

引用元:JTマーヴェラス「籾井あき選手のインタビュー」より

高校2年生の時に、先輩の怪我をきっかけに正セッターを務めることになり、練習方法を変えて、海外選手の動画などを見て研究し、セッターとしての実力をつけていかれたようです。

バレーボールが嫌になった時期があったり、もう続けない、と思う時期もあった籾井あき選手ですが、やはり非常に努力家で結果を残せる強さがありますね!

籾井あき選手の実業団:JTマーヴェラス


引用元:女子バレーTVキャップの跡

籾井あき選手が所属する実業団チームは、JT(日本たばこ産業)マーヴェラスです。

JTマーヴェラスから声をかけてもらったのは高校3年生のインターハイの時で、チームのみんなの人柄の良さ、バレーボールに対する環境面、JTマーヴェラスの勝ちに対する姿勢、が気に入って入部を決めたそうです。

全日本バレー【籾井あき】選手は、V.LEAGUE・2019/2020シーズンは開幕戦からスターティングメンバーとして出場し、9シーズンぶりの優勝に貢献されました。

JTマーヴェラスは、2020年の令和2年皇后杯選手権大会でも優勝、V.LEAGUE・2020/2021シーズンも優勝しリーグ戦連覇の2冠を達成しています。

自分が掲げている目標の一つに「優勝に貢献する」という目標があったので、クリアできたという気持ちが強くありました。ここで満足せずに、2年目以降も最高のセッターになるためにより一層がんばろうという気持ちです。

引用元:JTマーヴェラス「籾井あき選手のインタビュー」より

籾井あき選手は、2021年2月22日今季の女子日本代表の登録24選手に初選出されました。

オリンピック代表選手は、登録24選手の中から、過去の実績、5月のテストマッチ(中国戦)、6月のネーションズリーグのプレーの確認が終わった段階で決定する予定のようです。


【追記:2021年4月30日】

東京チェレンジ2021の女子日本代表選手12人に、【籾井あき】選手が選ばれました!

どんなゲームになるか楽しみですね。

【追記:2021年7月1日】

籾井あき選手が、東京オリンピックの日本代表12人に、正式に選ばれました!

ここまで、籾井あき選手の国籍やプロフィールをご紹介してきました。

これからも活躍が期待される籾井あき選手を、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました