渡邊雄太の両親(父親・母親)がエリート!兄弟もバスケの一流選手?

渡邊雄太,両親,父,母,兄弟 スポーツ
スポンサーリンク

現在、NBAのトロント・ラプターズで活躍している、渡邊雄太(わたなべ・ゆうた)選手

渡邊雄太選手は、タレントの久慈暁子さんとの結婚が報じられ、話題となっていますね。

そんな渡邊雄太選手の両親(父親・母親)も、バスケットボールのエリートだったそうです。

そこで今回の記事では、

・渡邊雄太の両親(父・母)
・渡邊雄太の兄弟

のポイントに沿って、渡邊雄太さんの家族について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

渡邊雄太の両親(父親・母親)がエリート!

渡邊雄太の父親


出典元:Twitter

渡邊雄太選手の父親の名前は、渡邊英幸(わたなべ・ひでゆき)さんです。

父・英幸さんは、香川県木田郡三木町の出身で、1958年9月28日生まれの現在63歳です。

英幸さんも身長190㎝と長身で、かつて日本バスケットボール日本リーグに所属していた、社会人チームの『熊谷ブルーイング』の、バスケットボール選手でした。

熊谷ブルーイングは、1952年に創部され、1994年に休部となっていますが、過去に2回の優勝歴があるチームでした。

英幸さんは、渡邊雄太選手がまだ2歳だった時、家にあった小さなリングにシュートをする息子を見て、利き手の左脇がしっかり締まっていて、綺麗なフォームだったと言います。

その時に、「バスケをやってくれたらいいなぁ」と思ったそうです。

渡邊雄太選手が小学1年生の時から、バスケットボールを本格的に始め、英幸さんは、毎朝5時半に起きて、近くの小学校で、毎朝6時から1時間の朝練を、一緒に続けてきたそうです。

渡邊雄太選手から「バスケを休みたい」という泣き言は一切なく、「こいつ絶対バスケを嫌いにならない」と思ったそうですよ。

名前:渡邊 英幸(わたなべ・ひでゆき)
出身地:香川県
生年月日:1958年9月28日(63歳)
身長:190㎝
スポンサーリンク

渡邊雄太の母親


出典元:朝日新聞デジタル

渡邊雄太選手の母親の名前は、渡邊久美(わたなべ・くみ)さんで、旧姓は久保田久美さんです。

母・久美さんは、和歌山県の出身で、1961年10月30日生まれの現在60歳身長は177㎝あります。

久美さんは、甲子園学院高校時代にインターハイで準優勝し、その後、日本リーグのシャンソン化粧品に所属する、バスケットボール選手でした。

さらに、久美さんは全日本代表にも選ばれ、主将も務めており、1983年の世界選手権にも出場経験があります。

久美さんは、現在の住まいである香川県に引っ越してきた時、小学生のバスケットチームのコーチを頼まれました。

週3回の練習に、幼い渡邊雄太選手を一緒に連れて行ってたそうで、小学校に上がった時に、自分から「僕もやりたい」と言って始めています。

渡邊雄太選手が10歳になる頃には、母・久美さんはコートの中では「鬼コーチ」になっており、練習中にダラけている時は「やりたくなかったら、帰れ!」と、息子を突き飛ばしたりしてたそうですよ。

そんな母・久美さんですが、渡邊雄太選手がNBAデビュー戦でコートに立った時、入院中だったにも関わらず、大部屋で「よっしゃー!」って大声を出して喜んだと言います。

名前:渡邊 久美(わたなべ・くみ)
旧姓:久保田 久美(くぼた・くみ)
出身地:和歌山県
生年月日:1961年10月30日(60歳)
身長:177㎝
スポンサーリンク

渡邊雄太の兄弟もバスケの一流選手?


出典元:Wikipedia

渡邊雄太選手には姉が1人いて、名前は渡邊夕貴(わたなべ・ゆき)さんです。

姉・夕貴さんは、香川県の出身で、1993年1月8日生まれの現在29歳身長170㎝です。

夕貴さんは、女子バスケットボールチームの「アイシン・エイ・ダブリュ ウィングス(現・アイシン・ウィングス)」に所属する、バスケットボール選手でした。

夕貴さんも小学生からミニバスを始め、中学時代には「都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会」で、香川県チームの一員としてベスト8の成績を残しています。

その後、名門の桜花学園高校へ進学し、ウィンターカップでベスト8になっています。

高校卒業後の2011年~2014年まで、アイシン・エイ・ダブリュで、活躍していました。

渡邊雄太選手の家族は全員、バスケットボールのエリート選手って、さすがですね。

名前:渡邊 夕貴(わたなべ・ゆき)
出身地:香川県
生年月日:1993年1月8日(29歳)
身長:170㎝

★渡邊雄太選手と久慈暁子さんとの結婚に関する記事は、こちらをご覧下さい。

★渡邊雄太選手の出身高校や大学に関する記事は、こちらをご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される渡邊雄太選手を、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました