山口尚秀のwikiプロフィール!知的障害とは?母のモットーが素敵!

山口尚秀,wiki,プロフィール,知的障害,母 スポーツ
スポンサーリンク

山口尚秀選手は、競泳男子知的障がいクラス100m平泳ぎで、世界記録を持つ実力者です。

自身のもつ世界記録を次々と更新する山口尚秀選手ですが、どのような経緯で水泳を始めたのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・山口尚秀選手のwikiプロフィール!
・山口尚秀選手の知的障害とは?
・山口尚秀選手の母のモットーが素敵!

の3つのポイントに沿って、山口尚秀選手をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

山口尚秀のwikiプロフィール!


引用元:paraphoto


山口尚秀選手は、愛媛県今治市の出身で、2000年10月28日生まれの現在20歳です。

名前の「尚秀」の由来は、山口尚秀選手が生まれた2000年のシドニーオリンピックで、金メダルを獲得した高橋尚子選手の「尚」と、プロ野球の松井秀喜選手の「秀」から、名付けられました。

山口尚秀選手は3歳の時に、知的障害を伴う自閉症と診断されています。

ショックを受けた父・峰松さんと母・由美さんを、祖父母が「尚君絶対いいこやから」励まし続けてくれ、山口尚秀選手は毎日のように、祖父母に連れられて健康施設へ行き、自然と水を覚えてきました。

そして、小学校4年生の時に、障がい児を受け入れるスイミングスクールへ通い、高校1年生の2016年に「全国障がい者スポーツ大会」に出場しました。

指導者から「いいものがある。真剣にやってみたら」と勧められたのを機に、山口尚秀選手は高校1年生の冬から選手コースに入り、週6日の練習を開始しています。

山口尚秀選手のコーチが異動に伴い、瀬戸内温泉スイミングへ移り、健常の高校生らと一緒に厳しい練習を励んできました。

山口尚秀選手は徐々に力をつけ、高校3年生の2018年に、「WPSワールドシリーズ・オーストラリア大会」で、国際大会デビューをしています。

2019年には、身長188㎝・体重92キロ・足のサイズ30㎝の素晴らし体格をいかし、「パラ水泳春季記録会100m平泳ぎ」で好記録をマークし、世界パラ水泳選手権の日本代表選手に選出されました。

そして、山口尚秀選手は2019年9月に行われた「世界パラ水泳選手権」で、100m平泳ぎで世界新記録をたたき出して見事優勝を果たしています。

この結果により、東京パラリンピックの代表選手の内定となり、出場を果たしています。

山口尚秀選手自身は、「出場種目は全て金メダル。平泳ぎは世界記録更新」を目標に掲げています。

山口尚秀選手がどんな泳ぎを見せてくれるの、非常に楽しみですね。

・本名:山口 尚秀(やまぐち なおひで)
・出身地:愛媛県今治市
・生年月日:2000年10月28日(20歳)
・身長/体重:188㎝・85kg
・血液型:-
・家族構成:父・母・姉・祖父・祖母・本人
・出身小学校:今治特別支援学校
・出身中学校:今治特別支援学校
・出身高校:今治特別支援学校
・所属:四国ガス
【SNS】
・公式Instagram:naohide_y

次では、山口尚秀選手の知的障害について、見ていきたいと思います。

山口尚秀の知的障害とは?


引用元:Instagram@naohide_y

先述のとおり、山口尚秀選手は3歳の時に、「知的障害を伴う自閉症」であると診断されています。

会話する能力や言語力は年齢相応よりも未熟で、コミュニケーションが難しく、予定と違う事が起きるとパニックになってしまう傾向があります。

山口尚秀選手も小さい時は、公園で他の子どもを押しのけたり、パニックを起こすことが多く、怪我をさせる事を心配した両親は、人が少ない公園で遊ばせていたそうです。

また、会話が苦手で、家庭内でも自分の気持ちを、めったに言葉にしないようです。

そんな山口尚秀選手の転機は、祖父母と通った歩行浴が出来る施設で、水に親しんできたことで水泳と出逢うことになります。

毎日練習をこなす山口尚秀選手の姿を見て、母・由美さんは「この子にはこの子のスピードがある」と、個性として受け止めてきたと言います。

次では、山口尚秀選手の母のモットーをご紹介したいと思います。

山口尚秀の母のモットーが素敵!


引用元:Instagram@naohide_y

山口尚秀選手は幼い時、「どうして僕だけみんなと違うの?」と素朴な疑問を投げかけ、母・由美さんを困らせたと言います。

その山口尚秀選手が東京パラリンピックに出場するまでの道のりには、母・由美さんの苦労も多かったと思います。

山口家には「応援歌」があると言います。

それは、SMAPの「世界に一つだけの花」で、「競い合うのではなく、個性を開花させればいい」というメッセージが込められています。

母・由美さんは、「いつも聞きながら泣いていました。“この子はどうなるんだろう?”って思った時に、励まされました。」と語っています。

母・由美さんの子育てのモットーは、「この子にはこの子なりのペースがある」と、他人と比較せず、山口尚秀選手の「」を尊重しています。

スポンサーリンク

しかし、本来のんびり屋の山口尚秀選手の今の目標は、「金メダルと世界記録更新」を目標に掲げ、色んな事に追い立てられていると、母・由美さんは不安を感じています。

息子が喜ぶ顔が見たい」けど、「1番になるのが凄いのではなくて、あの子にしかない個性や優しさを忘れないように」と、葛藤が有ると言います。

「どうして僕だけみんなと違うの?」と言った少年が、「自分が好きになる瞬間を味わって欲しい」と母・由美さんは願っています。
(参考情報:スポニチアネックス

目標に向かって頑張る山口尚秀選手も、自身のペースだと思うので、結果、金メダルが獲得できるといいですね。

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、山口尚秀選手のwikiプロフィールと、知的障害について、そして、母・由美さんのモットーをお伝えしてきました。

東京パラリンピックで金メダルが期待される山口尚秀選手を、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました