Nontitleの青木康時は何者?経歴は吉本出身⁉起業実績を調査!

Nontitle,青木康時,何者,経歴,会社 You Tube
スポンサーリンク

You Tuberのヒカルさんと格闘家の朝倉未来さんによる、起業家育成リアリティーショーの『Nontitle~この1000万円あなたならどう使う?』が公開され、ストーリーの展開に注目が集まっていますね。

番組内に登場するチーフメンターの青木康時(あおき・こうじ)さんが、イケメンだと視聴者から反響があるようです。

その青木康時さんとはいったい何者なのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・Nontitleの青木康時は何者
・Nontitleの青木康時の経歴
・Nontitleの青木康時の起業実績

の3つのポイントに沿って、Nontitleの青木康時さんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Nontitleの青木康時は何者?


出典元:Instagram@kjak54

青木康時さんは、『Nontitle』ではメンバーをサポートするチーフメンターとして、オーディションの時から出演しています。

青木康時さんは、岐阜県の出身で、1977年生まれで今年45歳です。

大学卒業後、4社を創業した起業家兼戦略家で、天然水事業『Fredious』やハイブランドリセールの『RECLO』などを手掛けています。

また、青木康時さんは現在、YouTubeプロモーター兼事業戦略家としても活動しており、Nontitleのチーフメンターを務めています。

名前:青木 康時(あおき・こうじ)
出身地:岐阜県
生年月日:1977年
最終学歴:愛知大学経営学部
職業:起業家・事業戦略家・YouTubeプロモーター

続いては、青木康時さんの経歴を、詳しく見ていきたいと思います。

Nontitleの青木康時の経歴は吉本出身⁉


出典元:YouTube

青木康時さんは、元々企業をしたかったため、学生時代から経営学を勉強していました。

また、ひょんなことから芸能に入らないか?と言われて、学生時代には歌と俳優をやっていたそうです。

その時、吉本興業に所属しており、宮迫博之さんが同じ事務所の先輩だったと、青木康時さんがヒカルさんのYouTubeに出演した際、明かしています。

青木康時さんの吉本時代の具体的な活動内容は、音楽活動ということだけで、他に具体的なことは分かりませんでした。

青木康時さんは、「芸能活動をしていたおかげで、表現力やプレゼン能力が培われた」と話しています。

スポンサーリンク

青木康時の起業実績を調査!

青木康時は水王子!


出典元:YouTube

青木康時さんは、2004年に仲間5、6人と一緒に営業会社を創業しており、当時は、携帯電話のフルコミッション(営業)で、毎日色んな店先で売るだけのよくある営業会社でした。

しかし、フルコミッションの仕事ではなく、「ストック型ビジネス」に切り替えたいと考え、その時にウォーターサーバーのビジネスを見つけます。

そして、青木康時さんは携帯電話の営業経験を活かし、ウォーターサーバーを売るのではなく、ウォーターサーバーをただで配って、月間の水代で稼ぐTo Cウォーターサーバービジネスを確立させました。

その会社が現在の、株式会社プレミアムウォーターホールディングとなっています。


出典元:YouTube

青木康時さんは、2008年から株式会社ウォーターダイレクトに参画し営業部長を務め、上場に貢献しています。

さらに、2010年にはファインスプリングス株式会社(現・富士山の名水株式会社)を創業して代表取締役に就任し『PRECIOUS』を展開させ、日本の天然水宅配事業の拡大期を作り上げました

ここまでで青木康時さんは、水3社を何十億レベルまで成長させ、その頃は『水王子』と言われていたそうです。

青木康時はRECLO創業者


出典元:Instagram@kjak54

しかし、青木康時さんは、「インターネット全盛の時代に、実業だけやっていてもいいのか?」という悩みから、「全部を飛び出して、インターネットカンパニーを作りたい」と思ったそうです。

そして、2012年に青木康時さんは、株式会社アクティブソナーを設立し代表取締役に就任し、マーケティング支援、Eコマース事業の立ち上げを複数経験し、2014年よりリセールプラットフォーム『RECLO(リクロ)』を運営を開始しています。

『RECLO』はハイブランド専門のリセールプラットフォームで、当初はC to Cで運営を検討しますが、メルカリなどでも偽物が横行しているため、個人の出品物を鑑定師が鑑定し、本物保証の物だけが流通するという、C to B to Cのアプリのサービスです。


出典元:YouTube

『RECLO』は2012年の創業から7~8年で、会社の売り上げが2~3ケタ億のところまで流通できるサービスとなりました。

中国市場でも参入し急成長した『RECLO』は、IPO(株式公開)を目指していましたが、中国企業とのトラブルが生じてしまい、青木康時さんはやむなく売却しています。

スポンサーリンク

その後、青木康時さんは、30件近いオファーや企業への思いがあったものの、次のステップとして「マーケット見識を深めたい」と、サムライパートナーズのプロモーション事業部長に就任しています。

株式会社サムライパートナーズ
私たちは、個人にとって最も大切なものは自由だと信じます。 そのため、単に所属させたり、その影響力を広告と引き換えにしません。私たちがつくりたいのは、自由が加速し個人がさらに輝く世界。 そこに向けて、個人や企業のパートナーでありたいと考えます。私たちの強味は、マーケットとビジネスを新規に立ち上げ、個人の影響力を加速するこ...

サムライパートナーズは、ヒカルさんや宮迫博之さんを含めた、多数のYou Tuberやインフルエンサーをプロデュースしています。

青木康時さんは同社で、数々のインフルエンサーの、EC(電子商取引)をプロデュースした実績を残しています。

★Nontitleのメンバーに関する記事は、こちらをご覧下さい。

★Nontitle主催者のヒカルさんに関する記事は、こちらをご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々話題となりそうな青木康時さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました