林芳正の妻裕子夫人の学歴経歴!東大卒のエリートで子供はいるの?

林芳正,妻,裕子,夫人,学歴,経歴,東大,子供 政治家
スポンサーリンク

自民党幹事長に起用された茂木敏充外務大臣の後任に、岸田首相の最側近と言われてる、元文部科学大臣の林芳正さんが有力だと、報じられています。

林芳正さんは東大法学部を卒業し、ハーバード大学大学院を経て政治家になったエリートですが、妻の裕子夫人の学歴経歴もまた、非常に優秀のようです。

そんな、林芳正さんの妻・裕子夫人がどんな人なのか、これまでの経歴が気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・林芳正の妻裕子夫人の学歴経歴!
・林芳正の妻裕子夫人に子供はいるの?

のポイントに沿って、林芳正さんの妻・裕子夫人の学歴経歴について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

林芳正の妻裕子夫人の学歴経歴は東大卒!

裕子夫人の学歴


出典元:おかむら塾

林芳正さんの妻は、林裕子夫人で、1990年10月にお2人は結婚をしています。

裕子夫人は、林芳正さんの妹・玲子さんと、東大時代の同級生で親友だそうで、お2人の愛のキューピットだったかも知れませんね。

裕子夫人は、京都で190年前から続く代々医者の家系で、実家は大阪の内科の開業医の次女になります。

裕子夫人は、1984年4月から1986年3月は、東京大学教養学部理科2類に在籍し、1986年4月1988年3月は東京大学医学部保健学科で、コンピューターを使た医療統計学を学んでいます。

東京大学医学部の偏差値は67.5-72.5となっており、非常に難易度の高い学部となっています。

保健学科は、「個別の健康科学の集合体ではなく、健康に焦点をあてた総合科学としての「ヘルスサイエンス」教育の一層の推進を目指す目的」で、平成22年度から「健康総合学科」と改名しています。

裕子夫人は、東大卒業後は、日本IBMでシステムエンジニアとして勤務し、オブジェクト指向型プログラム言語の開発に携わりました。


出典元:College tuition Compare

林芳正さんと結婚後、裕子夫人はマサチューセッツ工科大学のCenter for Adovanced Enginerring Studyの研究員となっています。

マサチューセッツ工科大学は、マサチューセッツ州ケンブリッジにある私立工科大学で、全米屈指のエリート名門校の一つで、ノーベル賞受賞者を多数輩出しています。

また、ケンブリッジ大学、ハーバード大学、オクスフォード大学、スタンフォード大学と共に、世界トップ5の大学として有名です。

更に、裕子夫人は、1994年にはマサチューセッツ工科大学(MIT)Technology and Policy Programにて、理学修士を取得しています。

2006年には、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学にて、博士(学術)を取得しています。

スポンサーリンク

裕子夫人の経歴

林芳正,妻,裕子,夫人,学歴,経歴,東大,子供
出典元:Pixabuy

裕子夫人は、東大卒業後に、一旦日本IBMに勤務されましたが、その後、アメリカで研究員として実績を積まれていました。

そして、2007年に、山口大学大学院技術経営研究科研究開発型イノベーション非常勤講師を経て、現在、特命准教授を務めていらっしゃいます。

山口大学大学院技術経営研究科は、西日本唯一の「MOT(Management of Technology)専門職大学院」です。

研究科は、技術革新を目指す企業・組織を支える技術経営者を育成することを目的としていて、アジアにおけるMOT教育の拠点に相応しい教授陣が揃え、世界水準の教育を進めています。

裕子夫人は、その後、東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命連携研究員、JRCファーマ株式会社の社外取締役に就任しています。

林芳正さんの妻・裕子夫人は、日本の先端技術のトップを行く、非常に頭脳明晰な方であることが分かります。

裕子夫人はご自身のお仕事は当然のことながら、林芳正さんのサポートもしっかりされています。


出典元:日本食糧新聞

2014年4月には、当時農林水産大臣だった林芳正さん主催の「観桜会」で、和食のユネスコ無形文化遺産登録の機会をとらえ、各国の在日大使を天ぷらや寿司などの和食で、おもてなしをされました。


出典元:中国新聞

林芳正さんの選挙の時には、選挙運動にも一緒に参加をし、地元の人達とも交流を深めていらっしゃいます。

林芳正さんの妻・裕子夫人は、良く出来た、しっかり者の素晴らしい女性ですね!

林芳正の妻裕子夫人に子供はいるの?

林芳正,妻,裕子,夫人,学歴,経歴,東大,子供

林芳正さんと裕子夫人ともの、アメリカ留学を経験するなど、とてもアクティブなご夫婦ですが、子供はいるのでしょうか?

林芳正さんと裕子夫人の間には、2人の娘がいらっしゃいます。

1994年5月に、長女・温子さんが誕生しており、今年27歳となります。

林温子さんは一般の方のため、詳しい情報は公表されていませんでした。

2016年12月22日の「早稲田ウィークリー ~新しい倫理を考える~ WEB上模擬裁判開廷<後編>」で、原告アドバイザーを務めた、早稲田大学大学院法務研究科の林温子さん(2年)と、記載されています。

このことから、林芳正さんの長女・温子さんは、早稲田大学大学院生では?と噂されています。

林温子さんは1994年生まれで2016年は22歳と、年齢的にも近いので、間違いないかもしれませんね。

また、林芳正さんの次女に関しましては、一切の情報が分かりませんでした

新しい情報が分かりましたら、またお知らせしたいと思います。

★林芳正さんの英語力についての記事は、コチラをご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

今後も活躍が期待される林芳正さんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました