やす子(芸人)の生い立ちが壮絶!自衛隊に入った理由は?相方が逃亡!?

芸人,やす子,生い立ち,自衛隊 お笑い芸人
スポンサーリンク

*アフィリエイト広告を利用しています。

「はい~」という独特の返事や、自衛官ネタで話題となっている、ピン芸人のやす子さん。

やす子さんは、芸歴3年でブレークしていますが、元々、お笑いに全く興味がなかったそうですが、今では「自分の人生で一番話しやすい場所」になっているのだとか。

そんな芸人のやす子さんの生い立ちが壮絶であることが分かりました。

そこで今回の記事では、

・芸人やす子の生い立ち
・芸人やす子が自衛隊に入った理由
・芸人やす子の相方

の3つのポイントに沿って、芸人のやす子さんの生い立ちについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

芸人やす子の生い立ちが壮絶!


出典元:マイナビニュース

芸人のやす子さんは、山口県宇部市の出身で、1998年9月2日生まれの現在23歳です。

やす子さんは複雑な家庭環境で、父親はずっとおらず、母子家庭で育ちました。

しかし、母親とも複雑な関係だったため、中学生の時は、やす子さんが窮地に陥った時には、親に内緒で、一時的に児童養護施設に保護してもらっていたそうです。

高校時代からは完全に児童養護施設で生活しており、高校も施設から通っていました。

やす子さんは、高校でイジメに遭っていました。

《広告の下にコンテンツが続きます》

イジメられたきっかけは、女子が多い高校で、仲が良かったグループの悪口に乗らなかったところ、グループから除外され、話しかけても無視されるようになります。

やす子さんは、教室でお弁当が食べれず便所メシだったり、ずっと図書室で過ごしていたと言います。

さらに、施設で暮していることは同級生には内緒にしていましたが、高校の先生が教室でばらしてしまい、ショックを受けたやす子さんは、学校に行けなくなり、保健室登校をしていたそうです。

中学・高校時代は一番きつかった」と、やす子さんは話しています。

しかし、児童養護施設では友達もいて仲が良く、児童養護施設での生活は15年位生きてきて、「やっと自分の居場所ができた」と思えたそうです。

芸名:やす子
本名:安井 かのん
出身地:山口県宇部市
生年月日:1998年9月2日(25歳)
身長:154㎝
血液型:A型
所属:ソニーミュージックアーティスツ

《広告の下にコンテンツが続きます》

スポンサーリンク

やす子(芸人)が自衛隊に入った理由は?


出典元:Lmaga

芸人のやす子さんは、山口県立宇部中央高等学校を卒業後、陸上自衛隊に入隊しています。

山口から滋賀県にある教育隊に入隊し3カ月間過ごし、19歳から京都の大久保駐屯地の施設科に配属され、2年勤務していました。

やす子さんは、自衛隊に入った理由について、次のように話しています。

私は母子家庭で育ちまして、かなり貧乏でした。それで、自衛隊は衣食住が全部そろっているので、安定した生活を得たいという思いが強くて入隊しました。

引用元:Asagriplus

やす子さんの学生時代は、制服のお下がりは当たり前で、高校で水泳部だった時は3年間同じ水着を使い、修学旅行代も学校の先生が出してくれたそうです。

《広告の下にコンテンツが続きます》

自衛隊では、ドーザ手(ブルドーザーオペレーター)として、演習場の道を作る部隊にいましたが、削ってはいけない所を思いっきり削ったり、勝手に違う道を作って怒られたことがあるそうです。


出典元:Asagriplus

やす子さんは自衛隊には4年は勤務しようと思っていましたが、1度目の任期(2年)が終わる半年前にフッと何かが降りてきたそうで、次のように話しています。

自衛隊は演習場や駐屯地の中に教習所があって、免許が取れる所があるんですけど、その帰りに、たまたま上官が前を歩いているのを見つけて、そこで「あ、辞めよう」って伝えに行こうと思った感じです。

引用元:マイナビニュース

やす子さんは、結局、2年で自衛隊を辞めていますが、実は今でも現役の「即応予備自衛官」として任官中で、有事や災害時には特別職国家公務員として、出頭する可能性もあるそうです。

《広告の下にコンテンツが続きます》

スポンサーリンク

やす子(芸人)の相方が逃亡!?


出典元:Twitter

自衛隊を退官したやす子さんはとりあえず上京し、半年ほど官公庁の清掃員として働き、自衛官時代からSNSで交流があった友人に、「芸人になろうよ」と誘われて、お笑いを始めることになります。

その友人と『新人類』というコンビを組み、「お笑い事務所の応募してみよう」ということになり、いくつか応募したところ、ソニーミュージックアーティスツからその日に返事がきて、面接を受けることになります。

ところが、急にその友人と連絡がつかなくなり、面接当日も来なかったため、1人で面接に行ったら、即日採用となりました。

さらに、面接を受けた週末に、ライブに出ることが決まりますが、当日、やはり相方は来ず、その日のうちに芸人を辞めようと思いますが、休むことなく急遽1時間ほどでピンネタを作ったそうです。

《広告の下にコンテンツが続きます》

スポンサーリンク

芸名も「やす子」に変えて出場したところ、2位を獲得しており、それが嬉しかったのが大きくて、芸人を続けることにしたようです。

そして、2019年9月からピン芸人「やす子」として、芸人活動を開始し、今ではテレビで見ない日はないほど活躍をしています。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される芸人のやす子さんを、引き続き注目していきたいと思います。