ブレイキングダウンのSATORUとは?バン仲村がボコボコ!?生い立ちが壮絶!

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち Breaking Down
スポンサーリンク

11月3日に開催される格闘技イベント『Breaking Down6』の対戦カードが、続々と決まってきました。

“ポーランドの刺客”というホイナツキ・パヴェウさんと対戦が決まったのは、サンパウロから来たというラッパーのSATORUさん

そのSATORUさんとはいったい何者なのか、気になる人も多いですよね。

そこで今回の記事では、

・ブレイキングダウンのSATORU
・SATORUとバン仲村
・SATORUの生い立ち

の3つのポイントに沿って、ブレイキングダウン6に出場するSATORUさんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブレイキングダウンのSATORUとは?

ブラジル出身のラッパー

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち
出典元:Instagram@satoru0284

ブレイキングダウン6に出場するSATORUさんは、ブラジル人の母親と日系の父親との間に、1997年7月10日にブラジルで生まれ、現在25歳です。

3歳の頃にブラジルから日本へ引っ越してきて、栃木県足利市に住み始めます。

SATORUさんが初めてラップに出会ったのは中学1年生の時で、最初に影響を受けたラッパーはAK-69さんでした。

YouTubeでAK-69さんの『Ding Ding Dong~心の鐘~』という曲にハマっていたとか。

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち
出典元:ORICON

SATORUさんがその曲にハマった理由は、「ファッションだったり攻撃的なラップだったりで、聞いてるだけで強くなるきがしたから」と話しています。

そして、SATORUさんが16歳の時に、同じ足利のレゲエDEEJAYMAKAさんとの出会いをきっかけに、音楽活動を開始します。

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち
出典元:AVYSS

しかし、SATORUさんは、少年院に入ったり、暴力団に所属したことで、音楽活動をしなくなった時期があったようです。

その後、SATORUさんは栃木に来たANARCHYのライブに感銘を受け、積極的に音楽活動をすることを決意。

決意した翌日にSATORUさんが作った楽曲『MAKA』が、SNSで大きな話題となり、SATORUさんの知名度が一気に上がったそうです。

SATORUさんは現在、川崎出身のラッパーのKOWICHIさんが立ち上げたレーベル『SELF MADE』に所属し、音楽活動をしています。

名前:SATORU
本名:不明
出身地:ブラジル
生年月日:1997年7月10日(25歳)
職業:ラッパー

ポーランドの刺客と対戦

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち

ブレイキングダウン6のオーディション・Lグループ(ウェルター/ミドル級)に登場した、ラッパーのSATORUさん。

SATORUさんは入場してすぐひな壇側へ行き、「腰抜けみたいなやつが何人かいなくなって、いい顔ぶれに変わってんじゃん」と言い放ちます。

そして、「瓜田純士をボコボコにした男を、ボコボコにした男。ラッパーだよ。この日本で芦澤竜誠を抜いて1番喧嘩が強いラッパーだよ。サンパウロから来た。」と、自己紹介します。

この段階で対戦相手が決まっていなかったのは、バン仲村さん、ポーランドの刺客さん、チョン・ツーウェイさんでした。

SATORUさんは「飯田決まったの?」と飯田将成さんと対戦したかったようですが、既に啓之輔さんと対戦が決まっていたため、残っていた3人のうちから選ぶことに。

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち

そこで、ポーランドの刺客さんが審査員に「この人って強いんですか?」と尋ねると、「ケンカバトルロワイヤルってところで優勝してる」と説明されます。

SATORUさんはポーランドの刺客さんに「やってやるよ。残ってる中で一番強いのお前だろ?」と対戦が決まり、「いい試合しようよ」と言って握手をしています。

スポンサーリンク

SATORがバン仲村をボコボコに!?

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち

SATORUさんは、格闘技イベント『ケンカバトルロワイヤル シーズン1』の決勝で、バン仲村さんをボコボコにして勝利しています。

『ケンカバトルロワイヤル』とは、格闘技素人の喧嘩自慢を16人集め、最後の1人になるまで殴り合う企画です。

2分×1R、キックボクシングルールで行われ、1回戦から決勝まで全15試合が組まれ、優勝者には賞金として、15本分の動画再生数×0.1ポイント獲得することができます。

その決勝に勝ち進んだのが、『ブレイキングダウン5』のオーディションに赤いスーツで現れ、瓜田純士さんをボコボコにしたというエピソードを持つバン仲村さんと、圧倒的な強さで勝ち上がってきたSATORUさんでした。

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち

喧嘩自慢最強をかけた決勝では、SATORUさんが大ぶりの左右のフックでバン仲村さんに襲い掛かり、強烈な一撃でダウンを奪う場面も見られ、25歳のSATORUさんが45歳のバン仲村さんを圧倒し、頂点に立っています。

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち

試合後、今の気持をお願いしますと言われたSATORUさんは、「これがラッパーだよ。これがSATORUだよ。文句のある奴いるか?お前らも行動を起こすことだよ。決勝に上がるまでに色んな奴がいて、皆弱かったし、俺もまだ弱い。だけど行動して、俺のことファンだって言ってくれる人がいて、レペゼン地球が見に来てくれて、行動すればそういうことが起きる。」と、何でも行動することが大事だとメッセージを送っています。

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち

観戦に来ていた後藤祐樹さんは、「バン仲村さんのハートフルな試合が本当に凄かったし、SATORUさんも本当に凄かったです。ただただ、感動しました。」と、感想を述べていました。

SATORUの生い立ちが壮絶!

ギャングのNo.3

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち
出典元:Instagram@satoru0284

先述の通り、ブラジルで生まれたSATORUさんは3歳の時に日本に来て、栃木県足利市に住み始めます。

SATORUさんが小学2年生までは、母親と再婚相手と一緒に住んでいましたが、小学3年生からは別居となり、母親と姉と兄との4人暮らしをしています。

シングルマザーの家庭で育ったSATORUさんは、夜間に母親が家に居ないことが多く、夜は目を瞑るのが怖かったため、目を開けながらシャワーを浴びていたため、シャンプーが目に入って凄く痛かったそうです。

中学1年生でHIPHOPを聞き始め、16歳から音楽活動を始めたSATORUさんは、当時、地元の『C.M.D13』という、ギャングチームに所属していました。

C.M.D13は全員赤をベースとした服装をしていたため、別名「赤ギャン」とも呼ばれていたとか。

スポンサーリンク

当時、総勢80名からなるC.M.D13は、No.1とNo.2が双子の兄弟で、SATORUさんはNo.3で、脱法ハーブ依存や喧嘩など、警察沙汰が日常茶飯事だったようです。

そして、当時、音楽活動をしていたSATORUさんは、アルバム制作費を賄うために詐欺でお金を集めており、そのことがバレて、特殊詐欺罪で少年院に約1年4カ月服役していました。

少年院に1年4カ月いたことで、「本当に自由が恋しくなって、何でもっと自由にラップをしてこなかったんだって思った」と話しています。

しかし、SATORUさんが少年院に入っている間に、ラップをやめた人や、クルーも解散してたり、色んなことが変わってしまい、ショックを受けたとか。

その時のHIPHOPもダサくて変なラッパーが売れたりして、SATORUさんは一時期熱が冷めてしまい、ラップを辞めた時期があったと言います。

暴力団の準構成員

ブレイキングダウン,SATORU,何者,バン仲村,ボコボコ,生い立ち
出典元:Instagram@satoru0284

高校を自主退学したSATORUさんは、自由に暴れたいという気持ちから、17歳の時に暴力団の準構成員になっています。

当時、兄貴分の舎弟だったSATORUさんは、兄貴からの電話に3コール以内に出ないといけなかったり、呼ばれたらすぐに行ける距離で待機しないといけないなど、自分の時間が全くなかったそうです。

結局、自由を求めて入った暴力団ですが、自由が無くなったことに気づいたSATORUさんは、「音楽を真剣にやりたい」と言う理由で、18歳で暴力団を抜けています。

兄貴に暴力団を辞めると伝えた時、スミノフの瓶でバチバチにしばかれ捲ったそうです。

その後、20歳の時にSATORUさんは、『サトルコーポレーション』という建設現場の派遣会社を設立しています。

上は67歳から下は15歳までで、中国人やホームレス、その辺のヤン気ーなど、社員を15人程抱えるようになり、月収は180万円もあったとか。

スポンサーリンク

しかし、長くは続かず、資金繰りが難しくなり、従業員に給与を払うために、犯罪でお金を集めるようになり、21歳で海外に逃亡しますが、帰国直後に2度目の逮捕となっています。

事業の失敗や逮捕を経て22歳になったSATORUさんは、ラップから離れて3年の月日が経っていましたが、地元に子供の頃から好きだったANARCHYがライブに来ることになり、足を運んでいます。

そこで大きく感銘を受けたSATORUさんは、積極的に音楽活動を始めることになりました。

★ブレイキングダウン6で対戦するポーランドの刺客さんに関する記事は、こちらをご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々話題となりそうなSATORUさんを、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました