佐々木朗希の父親の仕事は何?母親が美人と話題!兄弟も野球選手⁉

佐々木朗希,父親,仕事,母親,兄弟 スポーツ
スポンサーリンク

史上最年少で完全試合を成し遂げた、ロッテの佐々木朗希(ささき・ろうき)選手

佐々木朗希選手は高校時代に球速163キロを記録し、甲子園出場は果たせませんでしたが、ドラフト会議では4球団から1位指名を受けて、ロッテに入団しています。

そんな佐々木朗希選手を育ててきた父親・母親はどんな人なのか、気になる人も多いと思います。

そこで今回の記事では、

・佐々木朗希の父親
・佐々木朗希の母親
・佐々木朗希の兄弟

の3つのポイントに沿って、佐々木朗希選手の家族について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

佐々木朗希の父親の仕事は何?


出典元:Full-Count

佐々木朗希選手の父親の名前は、佐々木功太さんで、葬儀屋に務めるサラリーマンでした。

残念ながら、父・佐々木功太さんは、2011年3月11日の東日本大震災の津波で、祖父母と共に37歳で亡くなっています。

地震発生から5日後、3月16日に変わり果てた姿で発見されました。

電話が鳴り、「見つかりました。」と伝えられた時、佐々木朗希選手は、見つかった⁉」と、目を見開いて驚いたそうです。

見つかりました」の真意を、当時9歳だった佐々木朗希選手には、察することが難しかった。

父・功太さんは、いつもニコニコと朗らかで、子煩悩で優しい人だったそうです。

功太さんは身長181㎝あり、野球経験者ではなくバスケットボール経験者でしたが、よくキャッチボールをしてくれてたとか。

キャッチボールをしてくれた父・功太さんは、「朗希は凄い!将来、プロになれる」と予言していたと言います。

父親の身長を多く超えて190㎝まで伸びた佐々木朗希選手は、毎朝、父と祖父母の写真に向かって、「行ってきます」と声をかけて、学校に行っていたそうです。

佐々木朗希選手が、2021年5月27日の対タイガース戦でプロ初勝利をあげた際、ウイニングボールを誰に渡すかとインタビューで聞かれ、「両親に渡したい」と即答しています。

それを聞いていた母親は、「私だけでなく、『両親に』と言ってくれたのが、本当に嬉しかった」と、涙したそうです。

続いては、佐々木朗希選手の母親について、見てみたいと思います。

スポンサーリンク

佐々木朗希の母親が美人と話題!


出典元:Sporting News

佐々木朗希選手の母親の名前は、佐々木陽子さんです。

2019年に佐々木朗希選手がロッテとの契約する際、同席した時の陽子さんの年齢が46歳ですので、現在49歳です。

その時の画像を見て、佐々木朗希選手の母親が「美人!」と話題となりました。


出典元:スポニチ

母・佐々木陽子さんは、震災前までは陸前高田市で、7人家族で平和に過ごしていました

地震が起きた時、陽子さんは仕事で隣の大船渡にいましたが、浸水で立ち往生してしまい帰宅できませんでした。

佐々木朗希さんら3兄弟は、津波から逃れようと皆で高台へ逃げ、避難所で一夜を明かしました

母・陽子さんは、翌朝5時に車で3時間かけて陸前高田へ向かい、三兄弟と再会します。

最愛の夫と朗希選手の祖父母を亡くし、祖父はいまだ行方不明のままだそうです。

自宅は流され、仮設住宅の抽選にも当たらなかったため、親族のいる大船渡へ引っ越します。

その後は、女手一つで三兄弟を育ててきました。

母・陽子さんは、「長男の琉希が、父親代わりに弟2人の面倒を見てくれて、子どもたちはいつの間にかどんどん成長してくれました」と振り返っています。

陽子さんは一生懸命に働きながら、子供たちが野球を頑張る姿に励まされたそうです。

佐々木朗希選手のロッテとの入団交渉で同席した母・陽子さんは、「帽子を被ったり、ユニフォームを着ると入団するんだなと思いました。私よりしっかりしているので何とかやってくれますよ」と笑顔で話していました。

続いては、佐々木朗希選手の兄弟について、見てみたいと思います。

スポンサーリンク

佐々木朗希の兄弟も野球選手⁉


出典元:日刊スポーツ

佐々木朗希選手は、三兄弟の次男です。

長男:佐々木 琉希(りゅうき)さん(23歳)
次男:佐々木 朗希(ろうき)さん(20歳)
三男:佐々木 怜希(れいき)さん(16歳?)
*年齢は2022年4月現在

兄弟の名前には、それぞれ『』の文字が入っています。

「朗希」の名前の由来は、朗希選手が生まれた2001年に放送された、特撮ドラマ『百獣戦隊ガオレンジャー』の登場人物「狼鬼(ろうき)」に由来し、3つ上の兄・琉希さんの発案だそうです。

佐々木朗希の兄


出典元:Facebook@東海新報

兄の琉希さん

長男の琉希さんは、小学3年生から野球を始めており、大船渡市立第一中学校を経て、大船渡高等学校でも野球部に所属し、高校時代は4番打者でした。

高校卒業後は、東北学院大学教養学部へ進学しています。

琉希さんは野球を始めた頃から、弟・朗希さんもまねごとをするようになり、その頃から「自分が周りから教わったことは、全て教えようと思って」と、技術的の指導もしてきたそうです。

琉希さん曰く、幼い頃の朗希選手は、「球の回転がめちゃくちゃ悪かった。肘も上がらなくて、コーチに指摘されても言うことをきかなかった」そうです。

それを矯正しようと琉希さんは奮闘し、厳しすぎて喧嘩になることもあったとか。

さすがに、朗希選手が高校生になると、レベル的に指導は出来なくなりますが、琉希さんは「一番大変なのは母さんだぞ」とだけは伝えたそうです。

琉希さんがそう言ったのは、朝早くから三兄弟のお弁当を作りユニフォームを洗濯してくれた母・陽子さんの有り難さを感じているからですね。

スポンサーリンク

佐々木朗希の弟

佐々木朗希選手の弟の名前は、佐々木怜希さんで、現在高校2年生です。

身長177㎝・体重68㎏、最高球速は137キロを記録しています。

弟・怜希さんも野球選手で、2017年時点で『猪川野球クラブ』で活躍しています。

メガネをかけている少年が、怜希さんです。

弟・怜希さんも二人の兄と同じく、大船渡市立第一中学校を経て、大船渡高等学校へ進み野球部に所属し、現在、内野手としてプレーしています。

佐々木朗希選手の活躍で、今後、怜希さんも注目されるのではないでしょうか。

★佐々木朗希選手と詰め寄り騒動となった白井一行球審に関する記事は、こちらをご覧下さい。

★佐々木朗希選手の出身中学や高校に関する記事は、こちらをご覧下さい。

★ロッテの松川虎生選手に関する記事は、こちらをご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?

今後も益々の活躍が期待される佐々木朗希選手を、引き続き注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました