沢田蒼梧の中学高校の学歴が驚愕!医学生ピアニストの両親の職業は?

沢田蒼梧,中学,高校,学歴,医学生,ピアニスト,両親,職業 音楽
スポンサーリンク

5年に1度の大イベントの「ショパンコンクール2021」が開催されていますね。

1次予選では、8名の日本人が通過されています。

その中で沢田蒼梧さんの演奏が素晴らしいと、注目を集めています。

沢田蒼梧さんの学歴がハイスペックであることが分かりました。

そこで今回の記事では、

・沢田蒼梧の高校中学の学歴が驚愕!
・沢田蒼梧は医学部在学中のピアニスト!
・沢田蒼梧の両親の職業は?

の3つのポイントに沿って、沢田蒼梧さんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

沢田蒼梧の中学高校の学歴が驚愕!


引用元:東海中学校・高等学校

沢田蒼梧さんは、小学校を卒業後は、愛知県名古屋市東区にある、中高一貫で私立の男子校の東海中学校・高等学校に進学しています。

東海中学校の偏差値は67となっており、愛知県内ではランキングが6位となる難関校で、医学部合格が10年連続日本一となっています。

東海高等学校卒業の著名人には、海部俊樹元総理大臣、美容外科医の高須克弥氏スタジオジブリ代表の鈴木敏夫氏を始め、多くの政治家や文化人、アナウンサーを輩出しています。

優秀な生徒が数多居る進学校で、沢田蒼梧さんは6年連続で首席で卒業するほどの秀才で、中学卒業の時に浄土宗門主賞と、高校卒業時に学校賞を受賞しています。

ピアノも学業もトップを走り続ける沢田蒼梧さんは、シンプルに考え方が真面目で一生懸命なのでしょうね。

名前:沢田 蒼梧(さわだ そうご)
出身地:愛知県
生年月日:1998年11月9日(22歳)
学歴:名古屋大学医学部医学科(在学中)
職業:ピアニスト・医大生

続いては、沢田蒼梧さんが医大生とピアニストの二刀流について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

沢田蒼梧は医学部在学中のピアニスト!


引用元:Twitter@Sohgo_Sawada

沢田蒼梧さんは音大生ではなく、名古屋大学医学部医学科の4回生で、ピアニストとして二足の草鞋を履く二刀流です。

澤田蒼梧さんは、小さい頃はメジャーリーガーを夢見て、器械体操やテニスで体を鍛えていたそうです。

しかし、小学2年生の時に富士山に登り、強風で巻き上がった火山灰を吸い込んでしまい、喘息を発症してしまいました。

その喘息の治療をしてくれた医師の、真面目で熱心な対応に感動したのを機に、医師を志すようになります。

スポンサーリンク

そんな折、師事していた先生から、「ピアニストを目指しながら、医師の道を進むこともできる」と、アドバイスをもらい、それ以来、ピアノと勉強の両立を頑張って来たそうです。

沢田蒼梧さんの日常生活では、ピアノに取り組んでいる時は勉強が、勉強に取り組んでいる時はピアノが息抜きとなって、二つが相乗効果をなっているとか。

勉強もピアノも好きなこと取り組んでいるだけなので、精神的には毎日が楽しく充実しているそうですよ。

現在は、医学部生活とピアニストを両立させながら、ソロリサイタルを開催するなど、精力的に演奏活動も行っており、新聞やテレビの取材など、多くのメディアに取り上げられています。

沢田蒼梧の両親の職業は何?


引用元:Twitter@Sohgo_Sawada

沢田蒼梧さんは、2歳の時からマツイシ楽器ヤマハ音楽教室に通い、6歳からピアノの個人レッスンのコース生として、ピアノを習い始めました。

沢田蒼梧さんは、15歳までは山口延子講師と山脇一宏講師に師事し、15歳から現在まで関本昌平氏に師事しており、ピアノ歴は16年となります。

17歳の夏までは、在籍していた楽器店の特別講師のご自宅へ、愛知から神奈川まで片道4時間かけて、通っていたそうです。

そんな澤田蒼梧さんをサポートしてきた父親母親は、どんな職業でどんな方なのかを調べてみましたが、情報が全くありませんでした

スポンサーリンク

沢田蒼梧さんのコンサートに来ていた母親が、「子どもと一緒に同じ体験をしてみることに、重点を置いている」と仰っていたそうです。

子どもと同じ立場にたち、進むべき道を一緒に歩み、目標に向かって最大限にサポートされているのでしょうね。

いかがでしたでしょうか?

ショパンコンクールは、過去に一度も日本人が優勝したことがないので、今回は是非沢田蒼梧さんの優勝を獲得してほしいですね。

今後も活躍が期待される沢田蒼梧さんを、引き続き注目していきたいと思います。

★他の出場者情報はこちらをご覧下さい。

日本人出場者の皆さんを応援しています!

タイトルとURLをコピーしました