反田恭平の学歴経歴がスゴイ!異端児ピアニストの両親は音楽家?

反田恭平,学歴,経歴,両親 音楽
スポンサーリンク
【2021年10月21日:追記】

反田恭平さんが、ショパンコンクール2021で2位に入賞されました。

おめでとうございます!

反田恭平さんが、5年に1度の「ショパン国際ピアノコンクール2021」に出場されていますね。

2次予選を通過した反田恭平さんの演技が素晴らしすぎる!と、注目が集まっています。

そんな反田恭平さんのこれまでの学歴や経歴がスゴイんです!

そこで今回の記事では、

・反田恭平の学歴経歴がスゴイ!
・異端児ピアニストの両親は音楽家?

のポイントに沿って、反田恭平さんについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

反田恭平はモスクワ音楽院を首席入学!


出典元:medici.tv

反田恭平さんは、2014年にモスクワ音楽院に首席で入学をした、素晴らしい経歴をお持ちです。

モスクワ音楽院の留学生は、1年間予備科に通うシステムとなっていて、ロシア語とソルフェージュと実技のレッスンを受けます。

その後、入学試験を受けますが、反田恭平さんは3曲弾く予定が、1曲で終了させられそんなに下手なのかと落ち込んでいたそうです。

しかし、メールが届き、ダントツの首位で、首席でモスクワ音楽院に入学しています。

モスクワ音楽院在学中に、ロシア国際音楽祭でロシアデビューをし、「モーツァルト260周年生誕記念コンサート」で日本人代表で選抜され、ロシア国営放送でも放送されたそうです。

その他にも多くの功績を残している反田恭平さんの偉大な才能は、どのように培われてきたのでしょうか?

続いては、反田恭平さんのピアノの経歴を、見ていきたいと思います。

名前:反田 恭平(そりた きょうへい)
出身地:北海道札幌市
居住地:ポーランド
生年月日:1994年9月1日(27歳)
職業:ピアニスト

反田恭平の幼少期から中学時代


出典元:SPICE

反田恭平さんは、幼少期はヤマハ音楽教室の、「一音会(いちおんかい)」でレッスンを受けています。

一音会は、東京都豊島区長崎にある音楽教育の私塾。主に幼児・学童を対象とした、音感教育・情操教育を行う。

引用元:Wikipedia

しかし、反田恭平さんは、小学生の頃はサッカーに夢中だったようですが、試合中に手首を骨折してしまい、『こんな痛い思いをするのは嫌だ』と、ピアノに集中するようになったとか。

サッカーをやめたばかりの時は、反田恭平さんは太っており、友達から『ちょっと太めのピアノマン』と、呼ばれていたそうです。

12歳の時から、桐朋学園大学音楽学部付属子どものための音楽教室の、「仙川教室」に入室し、本格的にピアノに打ち込み始めます。

スポンサーリンク

反田恭平の高校時代から大学時代


出典元:Instagram@kyoheirorita

14歳の頃から才能が開花してきた反田恭平さんは、数々のコンクールで賞を受賞しており、桐朋学園大学音楽部門より奨学金を授与されて、桐朋女子高等学校音楽科に入学をしています。

しかし、父親はピアニストに進むことに猛反対をし、「コンクールで1位を取らなければ音大への進学は許さない」と言われています。

そこで、反田恭平さんは限られた期間で、必死にコンクールを探し出し、第81回日本音楽コンクールで見事1位となることが出来ました。

その結果、桐朋学園大学音楽学部にキャンパス特待生として入学しており、更に、モスクワ音楽院教授のミハイル・ヴォスクレセンスキーの推薦をもらい、ロシアへ留学をしています。

スポンサーリンク

更には、2015年に桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに、創設以来初めてのピアノ科全額特待生として、入学をしています。

snufkinheart
snufkinheart

「ソリスト・ディプロマコース」とは、将来性を有すると認められた者を対象にした、高度な実技教育をおこなうことを目的としたコースです。

反田恭平さんの学びは留まらず、2017年にはショパン国立音楽大学研究科へ入学し、2020年に修了の後、現在は、同大学研究科(3期目)で、ピオトル・パレチニ氏に師事しています。

特待生や全額奨学金、推薦など、多くの人が、反田恭平さんの能力を高く評価していることが、よく分かりますね。

また、貪欲にピアノを追求する反田恭平さんの姿勢に、感動させられます。

異端児ピアニストの両親は音楽家?


出典元:Instagram@kyoheisorita

異端児と言われる反田恭平さんの父親はサラリーマンで、母親は専業主婦で、音楽家ではありませんでした。

しかし、母親が音楽好きで、弾いてくれたエレクトーンを聴いて、瞬時に弾けるほど反田恭平さんの聴力は当時から優れていたそうです。

これまでの音楽の経歴が素晴らしい反田恭平さんですが、父親は先述の通り、ピアニストになることを猛反対しており、進路を決める際には大きな葛藤があったと言います。

順調にピアニストの道を歩んでいる反田恭平さんですが、今でも父親は全面的に賛成しているわけではないそうです。

しかし、反田恭平さんが掲載された雑誌の記事には、しっかりと目を通されているようです。

どんなに反対していても、自分の子供が活躍する姿は、やはり嬉しいものですよね!

いかがでしたでしょうか?

反田恭平さんが、ショパン国際ピアノコンクールでファイナルに進めるかが、とても楽しみです。

今後も活躍が期待される反田恭平さんを、引き続き注目していきたいと思います。

★他の出場者情報はこちらをご覧下さい。

日本人出演者の皆さんを応援しています!


タイトルとURLをコピーしました